9月分の米国盤を予約 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

9月分の米国盤を予約 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > DVD、BD、HD DVD > 9月分の米国盤を予約

9月分の米国盤を予約

まだ8月末に発送になった4枚
Rambo 1-3 Boxset [Blu-ray]「ランボー三部作」
Terminator - The Sarah Connor Chronicles
 The Complete First Season [Blu-ray]
「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ・シーズン1」
The Proposition [Blu-ray]「ザ・プロポジション 血の誓約」
Street Kings [Blu-ray] 「ストリート・キング(原題)」
は未到着ですが、今月分の米国盤を予約しました。

■9月9日発送予定

Cool Hand Luke [Blu-ray]
 「暴力脱獄」 (Blu-ray) (日本語収録)

Kill Bill - Volumes 1 & 2 [Blu-ray] (Amazon.com Exclusive)
 「キル・ビル Vol.1 & Vol.2」 (Blu-ray) (日本語字幕収録)

The Gauntlet [Blu-ray]
 「ガントレット」 (Blu-ray) (日本語収録)

Every Which Way But Loose [Blu-ray]
 「ダーティーファイター」 (Blu-ray) (日本語収録)

The Ruins (Unrated Edition) [Blu-ray]
 (邦題未定) (Blu-ray)

The Forbidden Kingdom [Blu-ray]
 「ドラゴン・キングダム」 (Blu-ray)

The Fall [Blu-ray]
 「落下の王国 - The Fall -」 (Blu-ray)


暴力脱獄 - goo 映画
『キル・ビル』特集
ガントレット - goo 映画
ダーティファイター - goo 映画
The Ruins
映画『ドラゴン・キングダム』公式サイト
映画「落下の王国 - The Fall -」オフィシャルサイト


■9月30日発送予定

1408 [Blu-ray]
 「1408号室」 (Blu-ray)

Speed Racer [Blu-ray]
 「スピード・レーサー」 (Blu-ray)

Leatherheads [Blu-ray]
 「レザーヘッズ」 (Blu-ray)

Iron Man (Ultimate 2-Disc Edition) [Blu-ray]
 「アイアンマン」 (Blu-ray)


1408号室/1408 (lineup)
7月5日公開「スピード・レーサー」公式サイト
レザーヘッズ(原題)
アイアンマン - オフィシャルサイト

「暴力脱獄」 (Blu-ray) は
ポール・ニューマン主演作では一番好きな作品です。
高くても国内盤のBDで買うつもりでいましたが、
米国盤にも日本語音声と字幕が収録されている
と知って、安いこちらにしました。
現在、31%OFFで予約を受付けていますが、
発売後はすぐに45%OFFくらいになりそうな気もします。
急いでいなければそれまで待つのも手でしょう。

『キル・ビル』のBDは、HiVi Webの映画番長の記事
キル・ビルの日本語字幕 (Blu-Ray) KILL BILL
を読んで、急遽、購入することにしました。
既にDVDは持っていますし、WOWOWで放送済みの真HV版
の録画テープも持っているので、見送ろうかと
思っていたんですけどね。(苦笑)

やはり日本語音声と字幕が収録されている
イーストウッドの「ガントレット」も
あの頃の彼の主演作では一番好きな映画です。
こちらは初公開時に劇場で観ていますね。
「ダーティファイター」は本国ほどのヒットには
ならなかった作品ですが、安いのでついでにw。

ホラー映画「The Ruins」のBDは既に発売されてから
ふた月も経っていますが、「High-Def Digest」
ほかでの作品評価が低かったので注文しませんでした。
ところが、HiVi Webの7月分の海外盤BDランキングで
第二位の結果なのを観て、安くなっていることもあり
注文してみることにしました。

『ドラゴン・キングダム』はジャッキー・チェンと
ジェット・リーの初共演作品ですので、そりゃ買いますw。

最後の「落下の王国 - The Fall -」は、
「ザ・セル」のターセム監督の長編監督第2作です。

1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入院中の5歳の少女、アレクサンドリア。人懐こい少女は、あどけない笑顔で病院中の人々に可愛がられていた。ある日、足の怪我でベッドから起きられない青年と知り合う。病室に入ってきた利発そうな少女に、青年は自分が作った物語を聞かせる。たちまち夢中になって、続きを聞かせてとせがむ少女。しかし、それは少女に自殺するための薬を盗み出させるための作戦だった…。

『ザ・セル』のターセム監督が構想26年、撮影に4年の歳月を費やして完成させた、壮大なスケールの叙事詩。映画の撮影で怪我をし、主演俳優に恋人を盗られて生きる希望を失っていたスタントマン青年と、腕を怪我して入院中の少女が青年の「お話」で心を通わせていく。自殺願望のある青年が無垢な少女のために綴った物語は、いつしか青年自身を励ますようになるのだった。その物語は、万華鏡のような鮮やかな色彩で描かれていて、子供の頃胸をときめかせて読んだ絵本を映像に再現したかのよう。ベートーベンの交響曲第7番が締めくくるエンディングは、ラストを盛り上げ、いつまでも余韻を残してくれることだろう。

goo映画 落下の王国 作品解説・紹介

「ザ・セル」に続き、今回も石岡瑛子が衣装デザインを
担当しています。
彼女は先日の北京オリンピック開会式の
コスチュームを手がけた世界的な衣装デザイナーです。
映画での初仕事はコッポラの「ドラキュラ」(92)で、
彼女はこれでいきなりアカデミー賞を受賞しています。

世界的なロケで製作費が圧迫され、
キャストの出演料を抑えるため無名の俳優や素人を
使ったとのことですが、美しいロケ映像や衣装を見せる
映画なのでしょうから、Blu-rayでこそ観るべき作品
に仕上がっていると読んで、注文しましたw。


9月30日発送予定の4タイトルについては、また後日にw。


■9月、10月発売の注目北米Blu-ray Disc



■11月以降に発売の注目北米Blu-ray Disc


The Shawshank Redemption [Blu-ray] (1994) November 04
Caligula [Blu-ray] (1979) November 04
Kung Fu Panda [Blu-ray] (2008) November 11
Hellboy II: The Golden Army [Blu-ray] (2008) November 18
Wall-E (Two-Disc) [Blu-ray] (2008) November 18
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian [Blu-ray] (2008) December 02
The Dark Knight [Blu-ray] (2008) December 09

尚、米アマゾンではまだ予約受付前ですが、
「Hancock (Blu-ray)」も11月25日にリリース予定です。

■日本語音声、日本語字幕収録の北米Blu-ray Disc


※追記※

この記事をUPした途端に、チャイムが鳴って
始めに書いた米国盤4枚が到着しましたw。
ソフトの合計は100ドル弱でしたが、
今回も税金は付いていませんでした。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/09/05 10:27 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)
最近車を買い替えまして、暫くはソフト購入も控えなきゃ
と思ってたんですが、やはり我慢ができませんでした^^;

「ガントレット」
「ダーティーファイター」
「アウトブレイク」
のBD3枚だけですがw

先の2本は「ダーティーハリー」を購入した時と同じで
山田氏の吹き替え目当てで。

「アウトブレイク」は結構好きな映画でDVDの品質が
酷過ぎたという理由での購入です。
それにこれだけは日本版発売のアナウンスが暫くない様でしたので…

「暴力脱獄」も欲しかったのですが、発売日が9月9日で、
これだけ注文するのももったいない&国内版も来月発売なので
店頭で購入するつもりで米アマではオーダーしませんでした。

ちょっと後悔してますが、来月も何かと買っちゃうんでしょうなぁ^^;
[ 2008/09/20 00:34 ] [ 編集 ]
今月9日発送の注文分の発送がなぜか遅れて、
11日に二つに分けられてやっと発送されたもののうちの
ひとつ分が、3日前に届きました。

早速、「キル・ビル Vol.1 & Vol.2」をチラッと確認し、
「ドラゴン・キングダム」と「ガントレット」は最後まで観ました。

画質・音質的には最新作の「ドラゴン・キングダム」の圧勝でしたが
「ガントレット」も時代を考えればそこそこ頑張っていたと思います。
ただ、このBDは本編のみで、予告編すらありませんでした。(涙)
確認しないで買ったので軽くショックでした。(苦笑)
そうそう、吹替えは確かに山田さんでしたが。

「アウトブレイク」はこの前、WOWOWで放送しましたよね。
僕もDVDを持っていますが、確か、初めてWOWOWで放送された時に
録画したD-VHSテープもあるはずなので、BDの注文はしませんでした。
この映画、確かによく出来てはいるのですが、
主役のダスティン・ホフマンがミスキャストもいいところだと思っています。(苦笑)

アニメBDしか売れていない日本とは違い、
米国では新作はもちろん、僕らの世代には嬉しい旧作も
続々、リリースされていますので、
どうしてもついつい財布の紐がゆるみがちですw。
でも、これでも結構、高い国内盤は我慢しているのですよw。
[ 2008/09/21 06:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する