北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (一日目) Cinema Kingdom Blog

北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (一日目) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (一日目)HOME > 旅行・聖地巡礼 > 北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (一日目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (一日目)

7月10日(木)から12日(土)まで
2年ぶりに北海道に行って参りました。

再び北海道へ

初日は旭川空港に午後2時に到着。
天気は、雲は多いものの晴れていました。

空港からはタクシーで美瑛駅へ。
時間は15分から20分程度で料金は3,200円前後です。

まずは駅前の「四季の情報館」に寄り、情報収集です。

近くのレンタサイクル店で原付バイクを
時間借りして、3時間ほど「パノラマロード」と
「パッチワークの路」をグルリと周りました。
2年前の旅でもほぼ同じコースを周ったのですが、
今回は順序を逆にしました。
「パッチワークの路」よりも遥かに印象の良かった
「パノラマロード」を中心に観たかった為です。
もし「美瑛観光はしたいが、時間がない」
という場合は、迷わず「パノラマロード」を
オススメします。
丘陵の高低さに幅があり、風景の雄大さが違います。

旭川空港ターミナル
社団法人美瑛町観光協会



美瑛の市街地からものの2、3分でこんな風景に出逢えます。



こちらは「千代田の丘」からの眺めです。



前回来た時は、閉館時間が迫っていて見れなかった
拓真館」に寄りました。
こちらは、丘の町・美瑛を全国に知らしめた
風景写真家・前田真三氏の写真ギャラリーで、入館は無料です。

僕はここで氏の作品を紹介した、薄くて安い(苦笑)
写真集(下の「名作写真館 15 前田真三」)を
購入したのですが、それと一緒に、氏の代表作
「麦秋鮮烈」が表紙の2008年カレンダー「遙かなる丘」
を無料でいただきました。
「拓真館」さん、なかなか太っ腹ですw。

名作写真館 15 前田真三―The Photography Pavilion 写真を楽しみ、写真を語る (15) (小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー)名作写真館 15 前田真三―The Photography Pavilion 写真を楽しみ、写真を語る (15) (小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー)
(2006/05)
前田 真三

商品詳細を見る

大地の詩―前田真三PHOTO BOX大地の詩―前田真三PHOTO BOX
(2005/10)
前田 真三

商品詳細を見る

上撰前田真三集 完全版 (ブティック・ムック No. 740)


パノラマロードは「拓真館」を折り返し地点にして
グルッと美瑛まで戻るのが一般的なルートです。



その途中、ラベンダーを始め、数々の花々が楽しめる
「四季彩の丘」に寄りました。
東京ドーム3個分もの敷地がある立派な観光農園なのに、
入園料は無料(200円程度の寄付金を募集)です。









四季彩の丘

その後、前田真三氏が好んで取り上げた
一見、教会のような美馬牛小学校の校舎の脇を抜けて
一旦、美瑛の市街地まで戻り、今度は「パッチワークの路」
に向かいました。




パッチワークの路のほうは、「マイルドセブンの丘」、
「親子の木」、「ケンとメリーの木」、最後に
「北西の丘展望公園」と寄って、サッサと引き上げました。

マイルドセブンの丘

親子の木

ケンとメリーの木

「ケンとメリーの木」近くにある北西の丘展望公園



※2006年に撮影した美瑛※

ぜるぶの丘

ケンとメリーの木

セブンスターの木

パッチワークの路

パッチワークの路

2006年にビデオ撮影した「パッチワークの路」
の写真です。この時は「ぜるぶの丘」と
「セブンスターの木」にも寄りました。
ぜるぶの丘・亜斗夢の丘へようこそ

下の写真は今回も寄った「パノラマロード」の
「四季彩の丘」で撮ったものです。








※終了※


その後、6時前に路線バス(ラベンダー号)に乗り、
宿泊地の旭川へ向かいました。
このバスは空港を経由します。
僕が予約した帰りの便は19:30発でした。
この日の旭川空港の到着時刻は18時15分くらい
でしたので、最終日も同じ時間のバスを利用
することに決めました。

ふらのバス
社団法人 旭川観光協会

駅前のホテルにチェックインし、
シャワーを浴びてサッパリしてから夕食へ。

札幌もそうでしたが、北海道第2の都市である旭川も
京都を手本としており、僕のような外来者にも
住所を見ただけである程度の察しが付くくらいに
非常に分かりやすい街並みになっています。
駅の正面の横の通りが1条通りで、そこから順に
2条通り、3条通りとなり、駅の正面の歩行者専用道路の
「平和通買物公園」がある縦の道の右手が8丁目で、
左手が7丁目になります。

今回は駅に近い有名ラーメン店をほぼ制覇しようと
思っておりましたので、夕食はラーメンのハシゴですw。

まずは2条通6丁目にある「まつ田」さんに向かいました。
こちらでは、どのラーメンも「こってり」と「さっぱり」の
ふたつの味が選べるとのことでした。僕は「こってり」を頼みました。






次に、駅から最も近い有名店「梅光軒」さんに寄りました。
こちらの住所は、2条通8丁目右1です。





どちらの店でも注文したのは、
旭川ラーメンでは基本となる醤油系です。
(「梅光軒」さんのは醤油チャーシューメン)

麺はちょっと硬めで中細の縮れ麺が主流のようで、
スープは、豚骨と魚介類でだしをとったものが多く
ラードも使っているのでコッテリ系です。
どちらもたいへん美味しかったです。


いつものことですが、また長くなりました。(汗)
続きは明日にでも…。


※2008年夏編集※

■2006年 北海道旅行記■
北海道へ 2006/07/23(日)
北海道から無事戻りました 2006/07/29(土)
小樽 前編
小樽 後編
富良野 前編
富良野 中編
富良野 後編

■2008年 北海道再訪記■
再び北海道へ 08/07/07
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (一日目)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (二日目・旭山動物園)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (二日目午後)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (最終日・美瑛)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (最終日・十勝岳吹上温泉)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (北の国からロケ地巡り)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (拾って来た家-やがて町)
北海道 旭川・美瑛・富良野の旅 (最初の家「廃屋」)

■2006年北海道旅行記の続き■
富良野 麓郷
富良野市街地 美瑛
札幌 前編
札幌 後編






関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/15 16:57 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(2)
私は北海道に行ったことがないので、憧れます♪
お花が綺麗なんですね~
ラーメン美味しそう★
[ 2008/09/13 16:09 ] [ 編集 ]
足跡でお気付きかもしれませんが、
ご主人とのイギリス旅行の模様を
ブログで拝見しておりました。
写真も豊富で素晴らしいですね。

こっちが憧れますよ。羨ましいです。(笑)
[ 2008/09/14 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。