国内盤、ドイツ盤、続々到着 Cinema Kingdom Blog

国内盤、ドイツ盤、続々到着 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 国内盤、ドイツ盤、続々到着HOME > DVD、BD、HD DVD > 国内盤、ドイツ盤、続々到着

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国内盤、ドイツ盤、続々到着

1日に以下の5タイトルが到着しました。



ONCE ダブリンの街角で デラックス版 (DVD)
ハリー・ポッターと賢者の石 (Blu-ray Disc)
硫黄島からの手紙 (Blu-ray Disc)
オーシャンズ11 (Blu-ray Disc)
オーシャンズ12 (Blu-ray Disc)

これで欠けていたシリーズものの国内盤、
「オーシャンズ」が全てBDで、「ハリポタ」と
イーストウッド硫黄島二部作がBDとHD DVDで、
それぞれ揃いました。



「ハリポタ」がBDとHD DVDに分かれてしまった
点については、まったく気にしておりません。
HDソフトを安く揃えられたので、単純に喜んでおりますw。
(3枚のHD DVDは例のヤマダ電機のバーゲン品)

今回、BDで買ったタイトルは、すでに、
すべて国内盤のDVDで持っておりました。
上のソフトの中で、始めからBDで買ったのは、
「オーシャンズ13」と「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
の二枚だけです。
ですから、ソフトで観るならDVDとBDになってしまいますし、
全てをHDでということなら、WOWOW版の録画テープか
録画BDと、BDソフトの組み合わせになっていたワケです。

同じシリーズなら「BDなら、BDだけで揃えたい」
と思われる方が大半でしょうし、
どうせなら、僕もそうしたいのですが、僕の場合、
ビデオからLDに、LDからDVDにコレクションが移行した際も
同じような事が何度もありましたので、
手持ちのソフトの規格が、ごちゃ混ぜ状態であることに、
それほど抵抗を感じなくなっているんですよねぇw。


DVDの「ONCE ダブリンの街角で デラックス版」
の中身は、こんな感じです。
ダブリンのロケ地マップ兼ライナーが付録です。



日本円にしてわずか1800万円相当で作られた
超低予算映画でありながら
第80回アカデミー賞で主題歌“Falling Slowly”が
オリジナル歌曲賞を獲得するなど、
楽曲の素晴らしさで高い評価を受けた音楽映画です。

昨年12月中旬に発売済みの北米盤DVDが、
かなり前から45%OFFの$16.49だったので
ずっと買おうかなぁ~と迷っていました。
でも国内盤が「デラックス版」になると知って、
発売を待っていたんですよねぇ~。
確かに、東京国際映画祭での舞台挨拶や
来日時の記者会見やミニライブの模様など、
日本盤独自の映像特典が収録されていますので
その辺りが「デラックス」ってことなのかな?w。


また、2日の午後に国内盤の「題名のない子守唄」、
本日3日のつい先程、29日発送のドイツ盤BD、
「The Stanley Kubrick Collection (Blu-Ray) 」
が到着しました。


題名のない子守唄
The Stanley Kubrick Collection (Blu-Ray)
 (5 Discs - exklusiv bei Amazon.de) [Blu-ray]
 「スタンリー・キューブリック BDコレクション」

 (「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」
  「アイズ・ワイド・シャット」「フルメタルジャケット」
  「シャイニング」)

題名のない子守唄」は、ニューシネパラでお馴染みの
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作です。



モニカ・ベルッチ主演の「マレーナ」から6年ぶりですかぁ・・・。
音楽は今回ももちろん、イタリアが世界に誇るマエストロ、
エンニオ・モリコーネが担当しています。
また、イタリアで最も権威のある映画賞である
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞をはじめ
主要5部門を独占しているとの事です。


さて、ドイツ盤の「キューブリック BD BOX」は
中4日での到着です。

外箱は、海外盤のBOXセットにアリガチな
かなりペナペナな作りなのですが(苦笑)、
パッケージデザインはピカイチです!(カックイイ~♪)
それに比べ、ピクチャーレーベルのデザインは
あまりにも凡庸で、この点は期待外れでした。(シュン…)





因みに、この11タイトルの映画、
こうやってパッケージの写真は撮ったものの
実はまだ1タイトルも観ていないんですよねぇ。(苦笑)

いや、もちろん、作品自体を未見なのは、
新作の「ONCE ダブリンの街角で」と
「題名のない子守唄」の2作品だけです。
旧作9タイトルについては、今回の「BD版」では、まだ、
と云うことです。

という訳で、感想はまたの機会に~♪
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/06/03 12:44 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)
うちは27日発のRambo 1-3 Boxset と『ランボー最後の戦場』が届きました。
24日。初日のレイトショーで鑑賞し、帰宅した後で注文したものです。
最初は最新作だけのつもりでしたが、BoxSetが$34.95でしたので一緒にポチってました。

そして明日か明後日にはONKYOのTX-SA606Xが届く予定です。
「どうせHD-A35が買えないなら、BDで音声面だけでも堪能してやれ」
ってわけで、HD DVDプレーヤー熱は冷めましたが、別の病に移行しました^^;
[ 2008/06/07 18:28 ] [ 編集 ]
HDオーディオ対応、おめでとうございます。
いやぁ、HD-A35よりも満足度は高いのではないでしょうか。
僕も年末くらいまでには対応するつもりですが、
AVアンプの買い換えってのは、設置が面倒なんですよねぇ。(苦笑)
今月出るパイオニアの「VSA-LX51」なんか気になっているのですが…。
[ 2008/06/07 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。