「ミスト」 今月分の米国盤到着 Cinema Kingdom Blog

「ミスト」 今月分の米国盤到着 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 「ミスト」 今月分の米国盤到着HOME > DVD、BD、HD DVD > 「ミスト」 今月分の米国盤到着

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ミスト」 今月分の米国盤到着

昨日、今日と久々の連休です。
録画して溜まりに溜まったHDDの作品を
何枚もDVDやBDに焼いて過ごしましたが、
「春眠暁を覚えず」、気持ちの良い陽気に、
途中、何度もウトウトしてしまい、
まったく捗りません…。(苦笑)


3日に2個口で発送になった米国盤ですが、
「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION」
以下4タイトルが10日に、「ミスト」以下の
3タイトルが13日に、無事到着しました。





Giant Robo - Economy Pack
 「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION
  地球が静止する日(OVA) DVD BOX」

Sayonara Jupiter
 「さよならジュピター」(DVD)

Grand Prix [HD DVD]
 「グラン・プリ」(1966)

The Omega Man [HD DVD]
 「地球最後の男 オメガマン」(1971)


The Mist (Two-Disc Collector's Edition)
 「ミスト」(DVD)

Before the Devil Knows You're Dead [Blu-ray]
 「ビフォア・ザ・デヴィル・ノウズ・ユアー・デッド(原題)」

The Deer Hunter [HD DVD]
 「ディア・ハンター」(1978)


ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日 - Wikipedia
さよならジュピター - Wikipedia
グラン・プリ - Wikipedia
地球最後の男オメガマン - Wikipedia
映画「ミスト」公式サイト
Before the Devil Knows You're Dead (2007)- IMDb
ディア・ハンター - Wikipedia


余談ですが、
2個以上の小包が同じ日に発送されても
こちらに同じ日に届くなんてことは、
不思議と皆無です。
ほとんどの場合、3日前後はズレます。


未見だった作品、
アニメの「ジャイアント・ロボ」と、
新作の「ミスト」、BD版の
「Before the Devil Knows You're Dead」
の内、「ミスト」だけ観終りました。
(ロボは途中まで、
 旧作は、ザッと画質を確認したのみ)

5月10日から公開中の「ミスト」は、
「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」
のフランク・ダラボン監督、脚本作です。
原作は今回もスティーヴン・キングですが、
前二作とは違い、今回はキング本来の
純粋な中篇ホラー小説の実写映画化となります。



★★★★(★2点 ☆1点)

公開中ですので、ネタバレになるような
詳しい内容は伏せますが、
原作とは違うという独自のクライマックスは
非常に後味の悪い、救いのないもので、愕然としました。
このラストについては日米共に賛否両論のようですが、
それも頷ける内容です。
ただ、個人的には、パニック時の群集心理など、
脆くて危うい人間心理について、
さまざまな問題提起を含んだ、良い作品だと思いました。


今作は、フランク・ダラボンの監督作の中でも
過去にないくらい低予算で、
撮影期間も非常に限られていたそうです。

劇中のほとんどの舞台は、霧と怪物によって
閉じ込められた、スーパーマーケットの中で、
撮影は、二台の手持ちカメラの同時撮影によって
行われています。
これは主に予算と撮影期間の節約の為だと
思われますが、メイキングを見ますと
舞台劇のような事前の入念なリハーサルや、
ドキュメント・タッチの流動的なカメラワークによって、
監督や俳優も驚くほど、撮影は一気に進み、
予定通り、たったの6週間で撮り終えています。

その分、前作までのダラボン作品に見られた
カチッとした構図や、比較的ゆったりとした
丁寧な演出ぶりとは、かなりテイストが違っています。
しかし、この題材には、このような演出方法のほうが
かえって合っていたのではないでしょうか。


原作は、明らかにヒッチコックの「鳥」と
ラブクラフトの「クトゥルフ神話」を原案
にしているのでしょうが、キングの小説は
設定やストーリーはありふれたものの組み合わせ
ばかりで、それがキング作品の映像化に
成功例が少ない大きな原因になっています。
彼の持ち味は、些細な日常描写の積み重ねや
登場人物の心理描写によるディテールの見事さと、
鮮やかな語り口にあります。
今回の作品を観て、原作を読みたくなりました。
遥か昔に買って読んだはずですが、
恥ずかしながら、内容をまったく覚えておりませんし、
探したのですが文庫本も見付からないので
近く、注文するつもりでいます。


2008(C)The Weinstein Company. All Rights Reserved.

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
(1988/05)
スティーヴン キング

商品詳細を見る

闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)
(2005/10)
カービー マッコーリー、 他

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/05/17 09:04 ] DVD、BD、HD DVD | TB(2) | CM(13)
「ミスト」ですが、まったく未チェックでした。
先日から岩窟王さんとHAMAさんのやりとりを観ていて興味を覚えましたので、明日、仕事後の空き時間で観に行くつもりです。
(なので、ブログの記事はまだ拝見していません。。。)

実は出張で仙台にいます。
明日は午前中で終わる予定なので、109Cinemasに行けば観れそうです。
地下鉄の駅からどうやって行くのかを調べておかないとなりませんが。

私、出張では気楽の映画館での映画鑑賞が出来るので楽しみなんです。
レイトショーを観ても、気兼ねしなくて良いので予算的にもうれしいですからね。
来週末も出張なので、ランボー4がターゲットかなぁ…。
[ 2008/05/17 15:42 ] [ 編集 ]
先週観ましたが確かに救いのないラストに愕然としました。ダンサーインザダーク以来の衝撃でしょうか。監督はどういう意図であのようなラストにしたのか興味あります。どこかのインタビュー等で解説していませんかね。
クリーチャーの造形はクローバーフィールドよりこちらの方が気味悪くてよかったです。やっぱりこの手の映画は恐怖演出とクリーチャー造形が命だと改めて思いました。
しかし、一般の人がショーシャンクとグリーンマイルの監督だからと知らずに観に行くと結構なトラウマ植えつけられて帰って来そうな。
東京だと有楽町のスバル座という小さなとこでひっそりとやっているので未見のまま終わっちゃう人も
結構いそうです。
[ 2008/05/17 21:39 ] [ 編集 ]
10日発送で今日到着いたしました。
実はこのジャイアント・ロボ。過去国内版BOXを所有していたのですが、
金欠の為中古屋に売っぱらったという事がありまして、長らく再見する事
もなかったのですが、今回アマゾンで安かったので思わずポチっといっちゃいましたw

しかしエコノミーパックなせいか、BOX(?)はペラペラで頼りないですねぇ。
この値段で文句つけられないですけど。おまけに国内版にはなかった外伝付きですし
CPはいいですね^^

ところで岩窟王さんも購入なされた『カウボーイ・ビバップ』ですけど、
ちゃんと鑑賞できますでしょうか?
うちは6枚中3枚が不良ディスクで凹んでおります。
アニメの廉価版BOXのDVDはプレスが雑なのか不良ディスクが多いという噂も
チラホラ聞きますので…
[ 2008/05/17 23:22 ] [ 編集 ]
>Dervaさん

杜の都においでですか。
この季節は新緑が綺麗でしょうねぇ。

「ミスト」、人に拠って
かなり評価が分かれそうな作品ですので
つまらなかったら、すみません。(汗)

>ARAさん

はじめまして。

DVDのメイキング・インタビューでは
試写会の時に、一組のカップルが監督のところに来て
「貴方の作品はどれも素晴らしいが、
今回だけは原作への冒涜だと思う」
と言って帰り、次に別の2人組がやって来て、
「これ以上ない素晴らしいラストだから
絶対に変更しないでくれ」と言ったそうです。(笑)

「ミスト」の脚色自体は
「ショーシャンク…」を作る前に出来上がっていたそうで、
どちらを先に作ろうか悩んだらしいのですが、
それまでホラー映画ばかりやっていたので、
毛色の違った「ショーシャンク…」を初監督作にしたとのことでした。

監督自身も評価が分かれるだろうという自覚はあったようで、
一応、脚本が出来上がった際に
キングに脚本を送り、電話で意見を求めたそうですが、
賛成してくれたので、そのままにしたようです。

メイキングには、キングへのインタビューもありました。
彼は満足している様子でしたよ。
このインタビューの中ではありませんが、
彼はジョークで「クロバーフィールド」のことを
「ミスト」のプリクエール(「前日譚」の意)だ
と言ったらしいですが、確かに、言い得て妙ですw。

キングのホラー小説のラストには
後味の悪い、救いのないものも結構ありますので、
個人的には、あれはあれでアリかなと思います。
まだ原作を読んでいないのでなんですが、
霧の中に車が消えてゆくような終わり方では、
まんま「鳥」になっちゃいますからねw。
(「鳥」も製作マイケル・ベイ、主演ナオミ・ワッツ、
 監督マーティン・キャンベルでリメイク決定)
それにハリウッド映画にありがちなハッピーエンド
だったら、ひどくガッカリすると思いますし。

あのラストは、ハンガリー移民の血を継ぐ、
ダラボンならではなのかもしれません。
ちょっとヨーロッパのホラー映画チィックでしょ?


>ハチローさん

「ジャイアント・ロボ」、昨日観終りました。
面白かったです! 
アナログ時代のOVAで、あの作画は凄いですねぇ。
編集すれば、そのまま劇場にかけられるクオリティだと思います。
(ただ、画角がスタンダードですけどねw)
超豪華な声優陣の競演や音楽も聞き所で、
7日間の話に7年かかった、ってのも頷けます。

> ちゃんと鑑賞できますでしょうか?
> うちは6枚中3枚が不良ディスクで凹んでおります。

実は、まだ半分くらいで放ってあるのですが(苦笑)、
今のところ、問題はないようです。
ただ、「ジャイアント・ロボ」の三枚目で
音が途切れるトラブルが頻発しました。
でも巻き戻し(DVDで巻き戻しも変ですがw)で再生すると
ちゃんと再生されるので、プレイヤーか光ケーブルに
問題があるのかもしれません。

ハチローさんもプレイヤーやケーブル側の問題でないなら、
アマゾンに報告すれば、タダで代替品を送ってくれますよ。
「交換」を選択しても、こちらの商品を送る必要はない
という返事が来ますので、やってみたら如何ですか???
僕もたまに頼んでいますよ。
[ 2008/05/18 01:27 ] [ 編集 ]
こんにちはー。
私は今回は珍しく初日に見てきました。
いやぁ、何を書いてもネタバレしそうなので詳しく書けませんが個人的には傑作だと思いました。

気持ち的にはラストのあれは嫌なのですが映画として見ると実によく出来ています。

そういえば岩窟王さんの書き込みで初めて知ったのですがもう北米盤ではDVD出ているのですねー。
うーん、自宅でもう一度ゆっくり見たいので欲しくなってきました。(笑)
[ 2008/05/18 17:01 ] [ 編集 ]
空いてました(嬉)。

ここではネタバレを控えるために大々的に書きませんが、皆さん仰られているように後味は悪いですが…Gillesさんと同様、非常に良く出来たラストだと思います。
なまじハッピーエンドにするよりも、現実的っぽいかも。まぁ現実だともう少し待ってても良いのでは?とも思いましたが、それだと…ね。

ただ、私はあの手の映画が苦手だったのをとことん思い知らされました。事前情報なしでしたから…ね。何回心臓が止まったか判りません(苦笑)。薬局進入した時に確実に死にました。
[ 2008/05/18 21:35 ] [ 編集 ]
まるまる収録されています。
その他、本編ディスクに収録されているメイキング
とは別のメイキングも収録されていました。

そのモノクロ版のほうは
冒頭と途中を飛ばし観した程度なんですが、
これが怖くて、キレイで、いいんですよぉ…。
カラーだと目に付くドギツさや、怪物の作り物臭さが薄らいで
かえってリアルに感じられますし、全体的に、
不思議と「アート系」の味わいが出て来るんですよねぇw。

今度、ゆっくり最後まで見直したいと思います。

>Gillesさん、どうも♪

TBとリンクをさせていただきました。
もしよろしかったら、そちらからもお願い致します。

>Dervaさん

ホラー系は苦手でしたか?(苦笑)

薬局のシーンは、入るまでが怖いっすよねぇ…。
子供も泣いて止めてるんだから、行かなきゃいいのに
って、音を絞りましたよ。(爆) その上、結局、意味ないし…w。
まあ、ホラー映画の「お約束」ですけどねぇw。

[ 2008/05/19 07:30 ] [ 編集 ]
この「ミスト」って作品は、見終わった後に、
一緒に観ていた人たちと、ネタバレ全開で
徹底検証・徹底討論したくなるタイプの映画ですね。(笑)

日本公開が終わった後か、国内盤が出る頃にでも
また記事を書いて、企画しようかなぁ~。
[ 2008/05/19 07:41 ] [ 編集 ]
暑苦しい程までに熱い作品ですよね。
「な、なにぃ!」「ま、まさか!」「そんなはずはっ!」
が、やたら多いですが、当時燃えました(笑)
私もハチローさん同様、過去に国内DVD所有していましたけど売っぱらってしまって(笑)
また見たくなってきましたよ~

ところで巌窟王さんのブログのコメント投稿欄、赤の色収差が度々指摘されるDLA-HD1で最初見た時、盛大にズレてる!と、物凄く慌てました(汗)
[ 2008/05/19 09:30 ] [ 編集 ]
果汁グミさん

>ブログのコメント投稿欄

元のデザインにかなり手を加えて
使っているんですが、3年以上も経っているのに、
フォームの縁に色が付いているのに気付いていませんでした。(大汗)
そう言えば、意識して見ると縁が薄っすら赤いですね。
DLPやPCモニターだとほとんど目立たないんですよ。

早速、黒に修正しておきました。

>「ジャイアント・ロボ」

一話目が91年製作なだけあって、
さすがに、皆さん、既にご覧になられているんですね。
でもOVAには縁のない僕には新鮮で、
面白かったです。
でもまあ、国内盤の価格なら手は出さなかったでしょうがw。
[ 2008/05/19 10:23 ] [ 編集 ]
Gillesさん、そちらのお返事を拝見致しました。
それを受けて、新たにコメントを書いたのですが、
どういう訳か投稿が出来ませんでした。
そこで、失礼ですが、こちらに書かせていただきます。

事情は分かりました。
かえってお手数をお掛けして、申し訳ありません。(汗)

画面撮りなんですか。
充分、キレイに撮れていますよ。

こちらこそ、よろしくお願い致します。
[ 2008/05/21 10:54 ] [ 編集 ]
岩窟王さんのアドバイスに従いまして、『COWBOY BEBOP』の交換をアマゾンに依頼。
そして発送されました。どうも、ありがとうございました^^
交換依頼は初めてだったので不安でしたが、スムーズに話が進みましたので
一安心といったところです。

気が楽になったせいもあって、まだ残ってた日本語音声&字幕入りのUK版のHD DVD3枚と
パチモンBRUCE LEE役者の映画のDVDをポチっとしてましたw
あとは輸入代行業者にキャンセルしてた『HD-A35』の再注文も^^;
今は値段も高騰してまして、それでキャンセルしてたんですが、
納得できる金額で販売してたお店があったので、代行業者に依頼しております。
また納期未定等で自然とキャンセルされるかもしれないですが…
[ 2008/05/24 08:09 ] [ 編集 ]
amazonの顧客サービスは最高だと思いますよ。
申請すれば、ほぼ無条件で即時に再発送してくれますからね。
もちろん、無料ですし。

まあ、あまり頻繁に交換依頼をすると、
ブラックリストに載りそうですけどねw。
なんせ、交換と云いながら、日本の顧客の場合、
不良品の返却をする必要はありませんからね…。


> 『HD-A35』の再注文も^^;

ハチローさんも逝っちゃいましたかぁ。(笑)
僕もこの間覗いたら、かなり値上がりしていたので驚きました。
納得出来る金額だったとのことですから
無事発送されるとよろしいですね。

[ 2008/05/24 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://gank2o.blog5.fc2.com/tb.php/474-732fb71d

原題:THE MIST 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:125分 監督:フランク・ダラボン 原作:スティーブン・キング 脚本:フランク...
[2008/05/20 08:32] スワロが映画を見た
原作スティーヴン・キング、監督フランク・ダラボンということで久々に劇場に見に行ってきました。 原作スティーヴン・キング、監督フランク・ダラボンの映画というとやはり「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」が思い浮かびますね。 グリーンマイルは個人的に...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。