Blu-ray Discは本当に勝利したのか? Cinema Kingdom Blog

Blu-ray Discは本当に勝利したのか? Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > Blu-ray Discは本当に勝利したのか?HOME > ホームシアター > Blu-ray Discは本当に勝利したのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Blu-ray Discは本当に勝利したのか?

ちょっと前の話になりますが、
5月8日に行われた東芝の経営方針説明会での
西田厚聰社長の発言を興味深く読みました。

東芝、Cellテレビや“超解像”テレビ/DVDなど計画(AV Watch)

HD DVD事業に従事した約500名の技術者を
一斉に配置転換したりと、粛清とも思える
後始末を断行した西田社長ですが、
相変わらず、HD DVDを支持した消費者へは
一言の侘びもありません。(苦笑)
ただ、その消費者の一員である僕も
もう東芝を恨んだりはしていません。
HD DVD撤退のおかげで、60枚以上のHD DVDソフトを
格安に入手することが出来ましたからね。(笑)

さて、話を戻しますが、
今回の西田社長の発言で僕が注目したのは、
HD DVD撤退とその後、に絡んだ部分でした。

以下、一部転載致します。

HD DVD撤退によるマイナスの影響については、「HD DVDの終息と同時に詳しい数字を忘れてしまいましたが、予定では2,000億円ぐらいの規模でした。それほど大きな数字ではないし、現行のDVDから撤退すると発表したわけではない。HD DVDの終息を決める1年ぐらい前から、現行のDVDをよりハイディフィニションに近い形で見せる半導体を開発して、もう出来上がっています。これをDVDに搭載すると大変安いプレーヤーで見られます。過去のタイトルはもちろん、高い次世代のプレーヤーを買わなくても、相当いい画質で楽しめます。こうした製品は今後も出し続けます。また、アメリカでも欧州でも、次世代へのシフトは起こっていません。われわれの終息発表以降も売上げは増えていないし、ヒットした作品もない。HD DVD終息の2,000億が全く無くなるわけでなく、われられの対応製品やPCやテレビなどのほかの製品で多くの部分はカバーできると考えている」とした。

AV機器やパソコンなどの「デジタルプロダクツ」
に関しては、「コモディティ化する一方の分野ではあるが、
独自の高付加価値機能(新たなバリューの創出)や
地域性を重視した販売戦略(グローバル体制の強化)、
規模拡大によるコスト削減などによって、
充分、利益を伸ばすことは可能」
という主旨の強気の発言をされていますが、
上に抜き出した発言のうち、太字にした部分を読んで
思い出したのが、CNET Japanの以下の記事です。

次世代DVD戦争は終結も…、進まぬBlu-rayプレーヤーの普及

HAMAさんDervaさん
ご自分のブログで取り上げていらっしゃいましたが、
この翻訳記事を読みますと、
米国では、HD DVD撤退が発表された後も
BDプレイヤーやBDソフトの売上げが
急激に伸びるというようなことは、
特に起こらなかったようです。
逆に、HDMI端子とスケーリング機能を持つ
DVDプレイヤーの売上げがアップするという
興味深い現象が起こっているとのことです。

結構ショッキングで考えさせられる内容です。

米国にもレンタルDVDサービスはありますが、
あくまでも映画ソフトと云えば、セルDVDが中心です。
同タイトルのBDソフトとDVDソフトの価格差は
まだ12ドル前後あります。
日本などと比較しますと、かなり手頃な値段
ということもあり、マニアだけでなく、
一般のライトユーザーも気軽にDVDを買うお国柄
ですので、この差額は結構大きいと思います。

その上、ケーブルTVの480i(SD)放送の画質が
いまだに基準で、日本のように、ビットレートの高い、
多チャンネルによる高画質ハイビジョン放送など、
望めない米国では、いくらメーカーやメジャースタジオ
が「BDソフトは高画質・高音質です」と宣伝しても
一部のマニア層を除く一般消費者には、
感覚的になかなか伝わりにくいのではないかと
想像します。

米国でも大手量販店による薄型TVの安売りは盛んで、
我々が想像する以上にハイビジョン受像機の普及は
進んでいるようですが、なんせ、あちらのデジタル・
ハイビジョン放送の画質は、日本の地デジ以下の
転送レートです。
プラズマや液晶TVを買ったはいいけれど、
「ハイビジョンって、意外とたいしたことないな」
という感想なのかもしれません。

それならBDソフトよりも10ドルも安くて、
どの家庭にもあるDVDプレイヤーとTVで再生出来る
DVDを買おう、という気になっても不思議はありません。
BDプレイヤーは、安いものでも400ドル前後はしますが
スケーリング機能のあるHDMI端子付きDVDプレイヤーなら
100ドルもあれば買えます。
それにDVDソフトなら、飽きたら、人にあげるなり、
交換するなり、売り払うなりするのも簡単ですしね。


ただ、ハイビジョン受像機の世帯普及率が三割を越え、
豊富な放送素材の録画能力が重視される日本では、
HD DVD撤退後、明らかにBD/HDDレコーダーの売上げが
跳ね上がりました。
それに伴い、BDメディアの売上げもソコソコ好調
のようです。

ただ、まあ、
BD/HDDレコーダーが売れているからと云って
BDソフトの将来も安泰とは思いません。
おそらく、ハイビジョン放送をHV画質のまま
録画・保存したい、という動機が大多数で、
市販のBDソフトの購入・再生までは考えていない、
という方のほうが圧倒的でしょう。
ワーナーのように、HD DVDが撤退した途端に
今まで3980円でリリースして来た旧作タイトルを
ひっそりと新作と同じ4980円で販売し出すような
ことをやっていれば、尚更です。(苦笑)


結局、次世代HDソフトってのは、
いまやどの国の家庭にもあるDVDとは違って、
世界中のどの国に行っても
まだまだ「一部のマニアのもの」という認識
なのではないでしょうか。
プレイヤーやレコーダーの低価格化が進んで
BDメディアも今のDVD並にならなければ、
「BDがDVDに取って代わる」なんてことは
起きないのかもしれません。


しかし、個人的には、
同じタイトルのDVDとBDが発売されるなら
今後もBlu-ray Disc中心のコレクション
を続けて行くつもりです。
やはり、映画は良い画質と音質で楽しみたい
ですからね。

BD陣営の経営者さんたちには、
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の精神で
BD普及に一層邁進していただきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/05/15 08:39 ] ホームシアター | TB(0) | CM(12)
東芝の西田の発言は相変わらず自社弁護してるだけなので、もう無視しましょう。負け犬の遠吠えにしか聞こえません。キャンキャン騒がずにもう黙ってろと言いたい。そもそも彼はこの会社でPC事業のリストラぐらいしか目立った業績がない人でAVと畑違いで、ライバルのソニーのストリンガーから見れば、「ど素人」同然で敵じゃなかったんでしょう。

BDの将来ですけど、今米国でBDを買う人はやはりAVマニアか、映画コレクターが中心で、日本と同じなんじゃないでしょうか。

でも何年か先には今以上に普及するのではないかなと思いますが、それでもDVDはなかなか消滅しないと思いますけどね。CDと同じようにどんな機器でも再生できるというのは大きいですね。それと(事実上)コピーできるのも大きい。カタログ数が膨大なのも大きい。BDはSACDよりもはるかに普及するとは思いますが、DVDをリプレースすることはないんじゃないでしょうかね?
[ 2008/05/15 11:16 ] [ 編集 ]
それと、話は変わりますが、ここ最近はアメリカの映画館に入ったことがないので正確なことは言えないんですけど、たぶんアメリカでは、今だに映画館の料金が高止まりしている日本よりはるかに安いんじゃないでしょうか。日本よりも気軽に映画館に足が運べる気がしますんで、DVDやBDをレンタルするのも良いけど、普通は映画館へ観に行こう、となるんじゃないでしょうか?日本は映画館の料金が高いのでなかなか気軽には行けなくなっちゃったですよね。だからDVDレンタルやBS・CSが日本ではお得に映画を観れる方法として確立しちゃったような気がします(でもBDはまだまだお得に観れる方法じゃないでしょう)。

映画料金ですが、アメリカのシネコンが日本に進出してきたときにマチネー料金のような弾力的な料金体系にしようとしてたらしいですが、日本の既存の興行会社の反対や20世紀フォックス日本法人の嫌がらせ(作品をそういったシネコンに配給しないぞと圧力)、等があって断念したようですよね?

10年前にアメリカに留学していたとき学校の帰りによく映画館に行ったんですけど、平日の料金が安かったんで、学校帰りが懐にも易しかったんですよね。日本でも僕が高校や大学の頃は、マチネーはなかったですけど、名画座は安かったし、2番館や3番館は準作2本立てが普通でしたから、あの頃が懐かしいですわ。

日本では今だに昔の床屋と同じでどこの映画館も同一料金で、業界が談合してるしね。やんなっちゃいますね。シネコンなんかで、狭いスクリーンや設備が古いところは料金安くしてほしいね。しかも、入れ替え制が今じゃ普通になっちゃったからね。

以上、愚痴です。すいません。

僕は映画館から自然と足が離れていっちゃって、自分が観たい映画は年に数本しか映画館で観ないですけど、今年はダラボンの「ミスト」だけは何とかいこうと思ってます。6/1日曜の映画の日が狙い目ですね。この映画、どうも当分北米でも国内でもBDにならないんじゃないかなと思ってます。WOWOWはやるとは思いますけどね。
[ 2008/05/15 11:44 ] [ 編集 ]
米国でのDVDの総売上げが、頭打ちから減少に転じ、
メジャースタジオも出せるタマは出し尽くして
新たな飯の種にしようと、次世代DVDの開発を急がせた背景がありますが、
やはり商売っ気だけでは無理が生じるのでしょうね。
これはAV機器メーカーにしても同じですが、
「ちょっと高いけど、良い新規格だから、
 手持ちの機材は処分して、さっさと買い直してね」
では、一般の消費者はついて来ませんよねぇ。


[ 2008/05/15 11:55 ] [ 編集 ]
二つのシネコンがあるのですが、
ひとつは某大手チェーンの経営で
もうひとつは地元で元から映画館を経営している会社なんです。
で、後者のシネコンがオープンした際に
以前はあった割り引き会員券(三回無料・三回半額で3800円)
の販売をやめてしまいました。
おっしゃるように、配給会社からの圧力があったようです。

でも週一回、男性・女性1000円均一の日を作ったり、
壮年以上の夫婦や、3人以上で入場すると割引にしたり、
会員証のスタンプが6個貯まると一回無料にしたりと、
いろいろ工夫して頑張っていますね。

アメリカのマチネー料金は今でも500円から800円程度だと思います。
羨ましいくらいに安いですよねぇ。
でも家庭にBDなんか入って来ますと、
日米共に、映画館は4Kデジタル上映とか3D上映に対応して
差別化を計らないと、生き残りは厳しいでしょうね。
[ 2008/05/15 12:13 ] [ 編集 ]
ウチでは今では映画館へ行くことは遊園地へ行くのと同じようなイベント感覚ですね。一日何回かのアトラクションに乗り遅れないように・・・、といった感覚で正直面倒になりました。

昔は時間もそれほどシビアでなく、映画館で切符買った後、長いすで雑誌か本でも読んで時間待ちしましたし、満席でも通路に新聞紙引いて観てましたもんね。ですから必ず新聞紙持って行きましたね。でも最近は全席指定ですからね、映画館は。自由席なんてないんですよね。

窮屈に感じますね。

でもだからと言って、映画はホームシアターで楽しめても、映画館の体験はホームシアターでは無理ですね。ホームシアターはあくまでホームシアターであって、映画館じゃないですからね。

映画館の劇場的(場合によっては見世物小屋的)な雰囲気と体験は家庭では不可能です。ですから僕は子供たちが見たいと言ってくる映画はDVDリリース待ちではなくて必ず映画館へ連れて行くんですけどね。ポップコーン買ったり、パンフ買ったり、チラシ持って帰ったりも楽しみのうち。

僕の映画館原体験は、ガキの頃(たぶん小学校低学年)に親父に連れて行ってもらった「ゴジラ対ヘドラ」「ゴジラ対メカゴジラ」とか、東映まんがまつり、東宝チャンピオンまつり、松竹の寅さんとか、洋画は小学校高学年からで「激走!5000キロ」とか「スター・ウォーズ」なんかなんですけど、今思うと非常に懐かく楽しい体験だったんですよね。

最先端の4Kや3Dも良いんですけど、これじゃあもうアトラクションですよね。もっと映画館も多様化されてほしいですね。グラインドハウスをつくったタランティーノの気持ちがよくわかりますね。

[ 2008/05/15 13:09 ] [ 編集 ]
我が家も年に数回(ポケモンとライダーとその他)は家族と映画館に行きますが、事前に座席を確保するのが一番大変ですね。。。

でも、映画館での体験は私も心に残っているものが多く、子供たちにも体験させておいてあげたいと思います。あのワイワイした感じは、映画館ならではの部分もありますよね?

今は自由席だけでなく、「立ち見」なんてこともないですよね?子供たちはそういう体験は出来ないんだろうなぁ…立ってまで観たかったの?って言われちゃいそうですよ。。。
[ 2008/05/16 01:01 ] [ 編集 ]
HAMAさんとよく似ていますね。
この辺は、2000年に書いた古い記事で
詳しく語っていますので省略しますが。
http://dvd.or.tv/cinema/bbs10.html

ホームシアターを始めてからは
すっかり映画館から足が遠のいてしまいましたが、
映画館で観る映画の楽しさと言うのは確かにありますよね。
暗闇と大スクリーンと大音響の中、
大勢の赤の他人とひとつの作品を体験する楽しみですね。

例えば、コメディ映画や悲恋ものなんて典型的ですが、
可笑しな場面になると、客席中がドッと沸きますし、
悲しい場面になると、アチコチからすすり泣きが聞こえてくる・・・。
映画特有の感情移入のしやすさからか
場面に合わせて観客の喜怒哀楽や興奮、恐怖感の「気」が
場内に満ち満ちて来る、あの感じ…。
群集心理的高揚感とでも云いますか、
あの感覚ってのは、大勢で観る映画館ならではで
ホームシアターではとても再現不可能ですね。

昔の名画座のオールナイト企画などは、イベント性も高くて
ビートルズ映画やロッキー・ホラー・ショーなど、
音楽映画なら観客も一緒に歌ったり、悲鳴を上げたりしましたし、
男はつらいよシリーズや若大将シリーズなどですと
セリフを一緒に喋ったり、セリフに合いの手を入れたり、
なんてこともありました。
名画座が少なくなって、今はこう云う、
特定の小屋で、映画好きが自然発生的に起こした共有体験ってのは
ほとんどなくなったように思います。


ただ、映画館も良い面ばかりではありませんからねぇ…。
昔と違って、今は完全入れ換え制ですから、
決まった開始時間に行かなければなりませんし、
鑑賞中も映画そっちのけで騒ぐガキとか、
イチャ付くバ○ップルとか、
いつまでも喋りながら観ているアホどもなんかが
居たりもしますからねぇ。(苦笑)

映画館で不快な思いをした映画好きって
結構、多いと思いますよ。
僕も鑑賞中に前に座っていたオヤジに
「お前、さっきから何度もイスを蹴ってるだろ!」と、
イチャモンを付けられたことがあって、
「やってねえよ!馬○野郎!」「いいから、表に出ろ!」と
ロビーで大立ち回りをしたことがありますよ。(笑)
意外と相手が弱くて助かりましたけどw。

それに、昔の映画館に感じる郷愁ってのは、
多分に単なるノスタルジアであったりするんじゃないですかね。(苦笑)
ションベン臭くて、ジメジメしていて、
前の席に座高の高いヤツが座ると
スクリーンの三分の一が隠れるなんてことは
当たり前だったんですから…。

それに、もし今、映画館のキップ売場で
「ただいま大変混み合っておりまして、
立ち見になるかもしれませんが、よろしいでしょうか?」
なんて云われたら、かなり引きますよ。(笑)
絶対、「じゃあ、いいです」って云って帰って来ちゃいますねw。


しかし、元記事からはすっかり話が逸れちゃいましたねw。
いや、それも楽しいので、いいんですけどw。
[ 2008/05/16 07:22 ] [ 編集 ]
>しかし、元記事からはすっかり話が逸れちゃいましたねw。

いえいえ、そうでもないですよ。今の映画館に対して人それぞれの理由で失望して足が遠のいていている人が少なからずいて、そういった人たちの一部が今のホームシアター市場のユーザーの一部になっているんでしょう。

そして、そのユーザーのなかでも、導入当初の設備投資がそれなりにかかり、かつハード・ソフトの相性問題もあり、ソフト自体も高いBDやHD DVDなんてものを敢えてやろうとしている人たちを依然満足させられない、国内のソフト価格高値硬直、国内ソフトリリース貧弱は、まだ多数のシアターユーザーをライブラリが豊富でかつ安価なWOWOW等の真HV放送録画や既存DVDを依然選択するのを許し、どうしてもBDじゃなければという理由がロスレス・サウンドぐらいしか決定的なのがないのであれば、今後もBDは事態打開の可能性は困難でしょうね。たまにタイトル次第ではBDでも買ってみようか、ぐらいが大勢を占めるのではないかな、と思います。そしてその状況がずっと続くのであれば今後も当分は国内BD市場はそれほど期待できないですね。
[ 2008/05/16 09:38 ] [ 編集 ]
巌窟王さん、こんにちは。
すみません、インディ~の所にレス付けるべき内容ですが、盛り上がっているので便乗させて下さい。

自分も映画館にはかなり思い入れがあります。

インディは高校生の頃、三作目を初めて映画館で見ました。
一作目はTV、二作目は出始め当初のビデオレンタルでしたか。

高校生になってからはバイト帰りにしょっちゅう映画見に行ってました。
当時流行ったゴーストを見に行った時、最終上映で少し遅れて入ったんですけど、映画終わって電気が点いたら満員の中、独りで見ていたのが自分だけという事に逃げるように立ち去りました(汗)

あと、ベッド・ミドラーのステラって映画の時もこれまた満員、しかも全員が女性、見てる途中に涙ぐんだ様子を見た隣の女性にブッ!と笑われて一気に冷めた苦い思い出もあります。

ですが、今思うとそれら全部良い思い出ですね。

仰るとおり劇場の中でみんなが笑ったり、泣いたりしている雰囲気で更に映画が面白くなるって事もありますし。

最近ではキングコングとフラガールで味わいました。
フラガールなんて家で見たら臭すぎて全然感動しなかったかもしれません(汗)

大したことない作品でも面白くなるのが映画館の良い所ですね。

今のシネコンって形式は私には最高で、何の不満もありません。
ホント、都合が付けば毎日でも入り浸りたい程です。

ああ、不満があるとすれば同時上映が無い事でしょうか。

昔はバック・トゥ・ザ~とトレマーズなんて素晴らしい組み合わせもありましたし、目当ての映画がつまらなくても同時上映の無名作品の方が滅茶苦茶面白かった事も一杯ありましたね。
ドルフ・ラングレンのレッド・スコルピオン目当てが超つまらなくてゾンビコップが泣ける程面白かった事が今でも大切な思い出になっていたりします(笑)

そんなのに限って昔の友達と話が盛り上がったりするんですよね~

ホームシアターも楽しいけど、どんなにお金を掛けてもニューシネマパラダイスの場面にあったような一体感は家じゃ絶対味わえませんね。

長々スミマセン。
[ 2008/05/16 10:59 ] [ 編集 ]
何といっても確実に座れますからね。楽ちんです。
ここ最近は昔のように連続して繰り返し観たいような作品もないですから、入れ替え制も問題なしです。

残念なのは座席予約の方法ですか。
大概、インターネット予約が出来ますが、前売り券が使えないのですよ。前売り券の場合は直接窓口に行かないと使えないので二度手間っぽく感じます。

思い出に残りそうなのは、ホームシアターより映画館でしょうし、これからも良い関係で付き合って行きたいですよね?
[ 2008/05/16 14:31 ] [ 編集 ]
> 羨ましい!

いや、単に歳取ってるだけですから。(汗)

「ゴースト」と「ステラ」の逸話には爆笑しましたw。

> キングコングとフラガール

「フラガール」は始めにDVD、その後WOWOW、
最近では日本映画専用チャンネルのHV放送で観ました。
確かに、あのクライマックスは劇場で観ていたら
盛り上がったでしょうねぇ。

「キングコング」にしてもそうで、
東宝の昭和版怪獣映画ってシネスコだったじゃないですか。
日本映画全盛期の50年代から60年代初期までに建てられた
多くの映画館というのは、現在のシネコンと比較しますと
客席数も多いし、何よりスクリーンが巨大だったんですよね。
その巨大スクリーン一杯に映る怪獣たちは、
子供の目には本当に巨大に見えたものでした。


> 連続して繰り返し観たいような作品もないですから

繰り返し観るという目的よりも入れ替え制度の無い頃ってのは
結構、好きな時間に映画館に行ける利点があったんですよ。
当時は2、3本立てですから
目当ての作品ばかりではない訳ですよね。
ですから、目当ての映画ではない時に途中から入って、
もしつまらなかったら次回分は観ないで出る、
面白かったら、次回分でもう一度、始めから観る
なんてことが出来たんですよ。
まあ、こうなると午前中に入っても帰る時は暗くなってますけどねw。

普通は決まった上映時間に行く人がほとんどでしょうが、
僕にとってはそれがなんとも窮屈に感じるんですよね。
僕がホームシアターにのめり込んだのは、
好きな時間に好きな作品を観れることが一番大きいのかもしれません。(笑)
[ 2008/05/17 03:42 ] [ 編集 ]
「好きな時間に好きな作品を観れること」

まさしくホームシアターの最大の利点ですよね?
私もそもそもの動機はスターウォーズですが、DVD等のコレクション目的は「好きな時に観れるから」ですよね?
[ 2008/05/17 15:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。