インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 Cinema Kingdom Blog

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国HOME > 映画 > インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

ユニバーサル、パラマウントなどの作品を
海外配給して来たユナイテッド・
インターナショナル・ピクチャーズ(UIP)
が2007年に大幅な組織の改変を行ない、
UIPジャパンは昨年末をもって解散致しました。
これに伴い、パラマウントは日本への配給を
直接行うこととし、今年、新たに
パラマウント・ジャパンが誕生しました。
(因みに、ユニヴァーサル・ピクチャーズは
東宝東和に日本配給を委託)

パラマウント ジャパン / Paramount Japan

そのパラマウント・ジャパンは、幸先良い、
「クローバーフィールド hakaisha」のヒットに続き、
この夏、いや、今年最大の勝負作となるであろう、
インディ・ジョーンズ・シリーズの第4弾、
「クリスタル・スカルの王国」の公開を目前に
しております。



http://www.indianajones.jp/
http://www.indianajones.com/

既にネット上では今年の2月中旬頃から
予告編が公開されていましたが、
先日購入した北米盤「Cloverfield」の
冒頭にも第一弾の劇場用予告編が収録
されておりました。
プロジェクタの大画面で観たのは
この予告編が初めてでした。
ジョン・ウィリアムズのあのテーマ曲を聴くと
俄然、ワクワクして来ますよねぇ。

全米公開は5月22日で、ほぼ世界同時公開
ですが、日本での公開は一ヶ月遅れの
6月21日からになります。
( 6月14日(土)・15日(日)に先行公開あり)

特典としてシリーズの詳細を紹介・解説した
豪華「コレクターズ・ブック」付の特別鑑賞券が
特定の劇場で前売りされております。
どうせならこれをゲットしておきたいところです。
リアルタイムで全シリ-ズを観ている
我等オヤジ世代はいいとして、現在10代、20代の
お若い方々は、このシリーズをまったく知らない
という人も多いでしょうから、鑑賞前に前三部作の内容を
知っておくのに、最適なのではないでしょうか。

尚、「コレクターズ・ブック」付の特別鑑賞券を販売する
各地の劇場名などは、公式サイトをご参照下さい。


新作のタイトルが
「クリスタル・スカルの王国」と知って、
真っ先に思い浮かんだのは、
アメリカではオークランドのディズニーランド(※)、
日本では東京ディズニーシーにある人気アトラクション
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:
クリスタルスカルの魔宮
』です。
おそらく、ルーカスのシリーズ続編の原案に、
元々「クリスタル・スカル」があったので、
それに沿うカタチで、あのようなアトラクションが
出来上がったのでしょう。

※当初、誤ってディズニーワールド
と書いていましたが、正しくはランドの方。
しかもアメリカ版のタイトルは
「Indiana Jones Adventure:
The Temple of the Forbidden Eye」なので
「クリスタル・スカル」とは直接関係無し。(汗)


インディ・ジョーンズ・シリーズの第四弾は
もう十年以上も前から何度も製作開始が
噂されて来ましたが、その度に、
主に脚本のデキのせいで頓挫しておりました。
結局、今回の脚本は、スピルバーグとよくコンビを組む
デヴィッド・コープが仕上げています。

シリーズ3作目の
「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」
が公開されたのは1989年、劇中の時代設定は
「1938年」でした。
19年ぶりの続編となる「クリスタルスカルの王国」
の時代設定は「1957年」で、前回の冒険から
やはり19年後という設定になっています。

インディを演じるのは、もちろん、
当年とって65才になるハリソン・フォードで、
他の主要キャストは
『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ、
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』以来
27年ぶりのシリーズ復帰となるカレン・アレン、
敵役のソ連軍人にケイト・ブランシェット
などとなっております。
尚、前三部作でマーカス・ブロディを演じた
デンホルム・エリオットは、残念ながら
1992年に亡くなっております。
また、出演の噂があったショーン・コネリーも
残念ながら参加しておりません。


※追記※

6月4日にハリソン・フォードが緊急来日し、
都内で行われる予定の記者会見に出席するとの事です。
配給するパラマウントピクチャーズ・ジャパンでは、
スピルバーグ監督や製作総指揮のルーカスにも
来日をオファーしているそうです。
また、翌5日には7000名を招待するジャパンプレミアが
東京・国立代々木競技場第一体育館で行われます。


米国では、泥沼化するイラク情勢に
サブプライムローン問題を発端とした経済不況、
アジアでは、ミャンマーのサイクロン被害に
中国、四川省の大地震と、死者が数万人にも上る
天災が相次ぐなど、世界は暗いニュースに満ちています。
そんな時だからこそ、理屈抜きに楽しめる
この痛快娯楽冒険活劇は、閉塞感に喘ぐ世界に
活力を与えてくれるでしょう。

劇場でインディやマリオンに再会するのが
今から楽しみでなりません♪


インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull




監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
      キャスリーン・ケネディ
製作:フランク・マーシャル
脚本:デヴィッド・コープ
音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
VFX:ILM

キャスト
ハリソン・フォード:インディアナ・ジョーンズ
シャイア・ラブーフ:マット・ウィリアムズ
レイ・ウィンストン:マック
ケイト・ブランシェット:スパルコ
カレン・アレン:マリオン・レイヴンウッド
ジョン・ハート
ジム・ブロードベント

ストーリー:
旧ソ連が台頭してきた1957年の冷戦時代。
考古学者・インディ(ハリソン・フォード)は、
ヒーリングのパワーや宇宙の神秘を紐解く力を持つという
<クリスタル・スカル>を探し求めていた。
言い伝えによれば、
アマゾンの伝説の都市から盗み出された
このクリスタル・スカルを神殿に戻した者は
神秘のパワーを手にすることができるというのだ。
しかし、インディは伝説を信じるロシア軍の指揮官
スパルコ(ケイト・ブランシェット)の捕われの身に…。
果たして彼は敵から逃れ、
伝説の秘宝を手にすることが出来るのか?
(cinemacafe.net 映画作品情報より転載)

制作:ルーカスフィルム&ドリームワークス
配給:パラマウント・ピクチャーズ






TM & (C) 2008 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


インディ・ジョーンズ アドベンチャー・コレクション (期間限定生産)インディ・ジョーンズ アドベンチャー・コレクション (期間限定生産)
(2008/06/06)
ハリソン・フォード、カレン・アレン 他

商品詳細を見る

メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ(仮)メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ(仮)
(2008/05/31)
ジョナサン・W・リンズラー/ローレン・ボザロー

商品詳細を見る

Real Action Heroes INDIANA JONES RAH-394Real Action Heroes INDIANA JONES RAH-394
(2008/08/25)
不明

商品詳細を見る

レゴ インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの魔宮  7627レゴ インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの魔宮 7627
(2008/06/01)
不明

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/05/13 17:41 ] 映画 | TB(0) | CM(6)
まさか四作目が出来るとは夢にも思わなかったですね、トリロジーBOXを超えてBDクアトロジーBOX発売も期待したいです。でも御歳が御歳だけにお色気シーンはあるんでしようか。
たのしみですね。 
[ 2008/05/14 16:48 ] [ 編集 ]
上の写真で相変わらず可憐wな笑顔を見せている
カレン・アレンももう50歳前後のはずですから、
さすがにどうなんでしょうねぇ…。
あるとしてもケイト・ブランシェットとでしょうね。
あるいは、若いラブーフがお色気担当なのかもしれませんね。

僕も今年末からお正月までには、
クアトロジーBD BOXが発売されるのではないかと
期待しております。
こちらも今から楽しみですね♪
[ 2008/05/14 19:44 ] [ 編集 ]
がダウンロードできます。
劇場用予告編は一番最初に公開されたヤツです。
また、現在アメリカで予想外の大旋風を巻き起こしている
「アイアン・マン」の予告編も二種類楽しめます。
http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/
http://ironmanmovie.marvel.com/

PS3のユーザーで、米国のアカウントをお持ちの方は、ぜひどうぞ。
[ 2008/05/14 20:07 ] [ 編集 ]
そんな前売り券があったことも、既に発売されていることも知りませんでした…。

明日、早速買ってこよう!
本当はポイントで観るつもりだったのですが「特典」「限定」に弱いもので…。

HD画質の予告編とかを聞くと、PS3も欲しくなってしまいますが…我慢我慢。
[ 2008/05/14 22:22 ] [ 編集 ]
■前売り券第2弾 5月21日(水)発売

限定ポストカード(全4作品/US版ポスタービジュアル)付
大人1,300円 小人 800円
※一部劇場を除く
※数に限りがあります

超豪華ダブルチャンス!!
前売り券を買うと『インディ・ジョーンズ』 レアグッズが抽選で当たる!

A賞:これであなたもインディに変身!“インディ”なりきりグッズ 30名

B賞:デコデニスト、鍛治麻衣子と夢のコラボ!特製ミントケースカバー 30名

ポストカードは全部で4種類。絵柄は、『レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、そして『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』のUS版ポスタービジュアルを採用。

このポストカードに記載されたQRコードにアクセスすると、“インディ”なりきりグッズや、デコデニスト鍛冶麻衣子が“インディ”とコラボした、特製ミントケースカバーなどが抽選で当たる。
“インディ”なりきりグッズは、ルーカス・フィルム公認のインディ・ジョーンズの帽子とムチの公式モデル。

…だそうです。

僕は第一弾のコレクターズ・ブックでいいな。
男性千円均一の金曜日に何か観て、そのついでに買って来ます。
もし品切れだったら、仕方ないので21日過ぎまで待ちかな。

・・・と思って地元の映画館のサイトを覗きましたら
前売り券のオマケの状況が分かるようになっていました。
既に「品切れ」でした。(涙) 悲しい…。


[ 2008/05/15 07:11 ] [ 編集 ]
今日は何だかとても忙しく、寄り道出来ませんでした…。しかも明日から出張で行きつけの映画館にはとても行けません。。。

もぅ無いよなぁ…。
[ 2008/05/16 00:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。