「BD-LIVE」対応の米国盤BD到着 Cinema Kingdom Blog

「BD-LIVE」対応の米国盤BD到着 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 「BD-LIVE」対応の米国盤BD到着HOME > DVD、BD、HD DVD > 「BD-LIVE」対応の米国盤BD到着

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「BD-LIVE」対応の米国盤BD到着

14日に発送になった今月一発目の米国盤が
今朝、税付きで到着しました。



Walk Hard - The Dewey Cox Story (2-Disc Unrated Edition) [US Blu-ray]
 「ウォーク・ハード(原題)」

The 6th Day [US Blu-ray]
 「シックス・デイ」

Aliens vs. Predator: Requiem [US Blu-ray]
 「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター」

Juno [US Blu-ray]
 「JUNO/ジュノ」

The Water Horse: Legend of the Deep [US Blu-ray]
 「ウォーター・ホース」

Lara Croft: Tomb Raider [US HD DVD]
 「トゥームレイダー」

2001 - A Space Odyssey [US HD DVD]
 「2001年 宇宙の旅」

The Mummy [US HD DVD]
 「ハムナプトラ」

Face Off [US HD DVD]
 「フェイス・オフ」



早速、ソニー初の「BD-LIVE」対応BDである、
「Walk Hard - The Dewey Cox Story」と
「The 6th Day」の「BD-LIVE」機能を
試してみました。

まずは、「Walk Hard」のメニュー画面です。



確かに、特典映像に「BD-LIVE」の文字があります。
クリックするとしばらく読み込みがあり、やがて
下の「BD-LIVE」メニュー画面が表示されました。
(※クリックすると大きな写真がご覧頂けます)



手持ちで撮った写真なので、ちょっとボケ気味ですが、
画面右側では、新譜BDと新作の劇場予告編が
「SD」か「HD」解像度のどちらかでダウンロード出来、
左半分がコンテンツ画面になります。

おそらく劇場版ではカットされたライブシーン
か何かだと思いますが、それが3つ並んでいます。
とりあえず、一番上の曲をクリックすると、
ダウンロードが始まり、それが終わると
再生ボタンが現れました。またクリックすると、
4:3収録のSD映像のクリップが始まりました。



米国の通信事情は、とても日本や韓国並みとは
云えないでしょうが、コンテンツがノンスクィーズ
のSD解像度というのは、かなりガッカリでした。
まあ、この先、HD画質で提供されるタイトルも
出て来るとは思いますが…。


次に、「The 6th Day」です。
やはり映像特典の中に「BD-LIVE」がありました。



クリックして出たのが、下のメニュー画面です。



なんと、「Walk Hard」用のコンテンツだけで、
「シックス・デイ」独自のダウンロードコンテンツ
はありませんでした。


なんとも期待外れな内容です。
HD DVDソフトのネット機能と比較しても
まだまだレベルが低過ぎます。
デキが悪い上に、ページが送れない
「PLAYSTATION Store」を見ているようでw、
PS3のユーザーには、特に物足りなく映る
と思います。

ただ、おそらく「BD-LIVE」は、実質、
米国向けのサービスで終わるのでしょう。
日本盤のBDで対応ソフトが出ても
HD DVDの「トランスフォーマー」の時と同じで、
「日本語字幕なし、文字は英語表示のまま」
になる公算がかなり大きいと思います。
日本向けに、専用のサーバーや翻訳コンテンツを
用意してくれるとは、とても思えませんからねぇ…。



それから、以前、こちらの記事
> 「Aliens vs. Predator: Requiem」も
> (BD-LIVEに)対応の予定
と書きましたが、実際に確かめたところ、
これは誤りであったことが判明しました。
申し訳ありません。
お詫びして、訂正致します。

ただ、「Aliens vs. Predator: Requiem」には
特典ディスクとして「Digital Copy」用の
データディスクが付いていました。
20世紀フォックスとアップル、iTunes Digital Copyを発表

これも中身はSD映像ですし、
僕はiTunesも持っていませんので、
個人的にはまったく嬉しくないオマケ
なのでした。(苦笑)


※追記※

この記事と下のコメントを書いてから
知ったのですが、国内初の「BD-LIVE」
対応BDは、6月25日発売の
『メン・イン・ブラック』だそうですね。

Blu-ray「メン・イン・ブラック」は日本初のBD-Live対応ソフト
 -SPE発表。トリビアクイズで他のユーザーと対決 (AV Watch)


メン・イン・ブラック (Blu-ray Disc)メン・イン・ブラック (Blu-ray Disc)
(2008/06/25)
トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス 他

商品詳細を見る

上の記事を読む限り、対戦型のゲームにもなる
「銀河探求:MIBトリビアクイズ」のほかに
ダウンロード特典も用意されるとのことですので
米国盤ほど酷くはないのかもしれません。

ただ、肝心のタイトルが、
既に何度もソフト化されている「MIB」ってのは
かなりビミョ~ですねぇ…。(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/04/23 17:20 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(4)
こんにちは、はじめまして。
私はGillesと申します。
岩窟王さんのサイトに最初に訪れたのは実は私が海外からDVDを買い始めた頃にさかのぼります。
まだDVD EXPRESSなんていう通販サイトがあった頃よくそこで買い物をしていました。
その頃にたまたま岩窟王さんのサイトを知りこちらで色々情報も仕入れさせていただきました。
その後、しばらく仕事が多忙なせいでAV趣味から遠ざかっておりましたがまたここ1年くらいむらむらとAV熱が燃え上がり、久々にあちこち歩き回っておりましたら岩窟王さんのサイトをまたお見かけし、伺うようになりました。
あまりコメントできないかもしれませんがこれからも海外作品を色々と参考にさせていただきます。
更新がんばってください。
では、失礼致します。
[ 2008/04/24 04:12 ] [ 編集 ]
「DVD EXPRESS」ですかぁ、懐かしいですねぇ。
では、よくお越しいただいていたのは
6、7年前になりますかね?

> その頃にたまたま岩窟王さんのサイトを知り
> こちらで色々情報も仕入れさせていただきました。

ありがとうございます。
ソコソコ長くやっておりますと
そう云って下さる方がたまにいらっしゃるので
励みになります。

> これからも海外作品を色々と参考にさせていただきます。
> 更新がんばってください。

ありがとうございます。
今度はそちらのブログへも伺わせていただきます。

では、今後ともよろしくお願い致します。



[ 2008/04/24 12:39 ] [ 編集 ]
なんで、BD-Liveはこんな仕様なんでしょうね?
最初にラインナップされる作品で惹きつけないといけないはずなのに。

正直、予告であれば今までもDVDの特典として収録されていたので、わざわざダウンロードしなければならない仕様の方が劣る気がします。しかもSDなら尚更ですね?その分容量を有効活用しているとは思えないし…。

う~ん、どういう方向に持っていこうとしているのか?単にHDDVD対抗で作った機能ってだけで、HDDVDが終わった今、要らない機能になっていたりして…。
[ 2008/04/25 19:23 ] [ 編集 ]
という感じがしますね。
やっつけ仕事的なですね。(苦笑)

HDの予告編なんて、
ほとんどのBDに収録されていますし、
「PLAYSTATION Store」でもDL出来ますから、
本当に中途半端ですよ。
SD動画のコンテンツ提供にしても
既に何年も前から映画の公式サイトで
やっていることですから目新しさゼロです。

ただ、まあ、ダウンロード・コンテンツってのは
始めから中途半端で難しいことも確かですよね。
貴重な映像なら、元からディスクに収録するでしょうし、
どうしても「オマケ」的なモノが対象になりやすいでしょうからね。

将来的にBD-LIVE機能が化けるとしたら
ネットワークを使ったオリジナルの対戦ゲームや
作品のファンが自由に参加出来るコミュニティー、
などの提供が成された時でしょう。
とにかく、ネットを使う必然性があるものを提供しないと
すぐに飽きられて、見向きもされなくなると思います。


ただ、「Aliens vs. Predator: Requiem」の映像特典にある、
(これもHD DVDに対抗して作った)
「Picture-In-Picture機能」を使ったデータベースは
なかなかよく出来ていました。

日本盤のBDにも「ウェイランド・ユタニ社データベース」
として収録されているようですが、
これがもし完全に日本語翻訳されているとすれば、
一見の価値ありだと思います。
[ 2008/04/26 07:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。