四万温泉への旅 (3の3) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

四万温泉への旅 (3の3) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
HOME > 旅行・聖地巡礼 > 四万温泉への旅 (3の3)

四万温泉への旅 (3の3)

さて、四万温泉をあとにして、どこに行こうか
となりました。
車を提供してくれた都内の友人は、カミさんに
「群馬に出張」と説明して出て来ていますので
帰宅は夜にならないとマズイのです。(苦笑)

前日は観光施設の多い、伊香保経由で帰ろうかな
と話していましたが、それでは時間を潰すのに
苦労しそうな気もします。

そこで、とりあえず、
国道145号を草津方面に向かって、
軽井沢方面に左折、146号で浅間高原を抜けて、
何年か前に日帰り温泉施設が出来たばかりの
中軽井沢にある星野温泉まで行くことにしました。

国道146号を軽井沢方面へ

天気は晴れか薄曇りというところでしたが、
浅間高原は標高の高さもあって、外気は氷点下で
まだまだ雪がかなり残っていました。
夏には多くの観光客で賑わうこの辺りですが、
真昼間にも関わらず、この日は行き交う車も
ほとんど無くて、道沿いの別荘地や観光施設も
静まりかえっていました。


さて、四万の宿を出て、長野に渡り、
2時間ちょっとで星野温泉に到着です。
ここには20代の頃から何度か来ていますが
最近はご無沙汰でした。
しばらく見ない間に随分様変わりしています。

星野温泉と云いましても温泉街はなく、
広大な土地を保有する一軒だけの温泉宿
なのですが、昔は、古風な内風呂が名物で、
もっと鄙びた雰囲気がありました。


その星野温泉の敷地内にある
「村民食堂」で昼食を取ってから、
昔は確か温水プールがあった場所に建つ、
日帰り温泉「トンボの湯」に寄りました。

軽井沢 星野温泉「村民食堂」

軽井沢 星野温泉「トンボの湯」

welcome to hoshino area
軽井沢 星野温泉「村民食堂」
軽井沢 星野温泉「トンボの湯」

この二日間で何回、風呂に入ったでしょう。(苦笑)
でも「トンボの湯」の露天風呂は
かなり広くて立派で、なかなか良かったです。


さて、「トンボの湯」を出てもまだ午後3時です。
そこで、せっかくここまで来たんだからと
久しぶりに上田まで行って、信濃そばを
食べて帰ろう、ということになりました。

国道146号線沿いにある星野温泉から
国道18号線まで出て、長野方向に右折、
途中、眺めの良い「浅間サンライン」を経由して
上田を目指しました。

中軽井沢から上田へ

「浅間サンライン」は上信越自動車道に沿って
信濃追分から上田市街まで続く高原道路で、
右手に浅間連山を望み、左手に佐久平を見下ろし
ながらのドライブが出来ます。


中軽井沢から40分程度で、
上田城に隣接する無料駐車場に到着しました。
上田城は真田昌幸が築城し、二度に渡り
徳川軍を撃退した城として有名です。
天守閣はなく、現在は上田城址公園となっています。
公園内には上田神社があります。

上田城

上田城

上田神社

上田市役所 - 信州上田観光情報 トップページ
上田観光コンベンション協会TOP
上田城 - Wikipedia

上田城は桜の名所としても有名で、
春には大勢の花見客で混雑しますが、
さすがにこの時期は閑散としていました。


その後、「柳町通り」のそば屋まで
街並みを眺めながら徒歩で向かいました。
上田がTVや雑誌で取り上げられる際、
上田市郊外にある「別所温泉」と並んで、
必ず取材対象になるのが、旧北国街道の
この「柳町通り」です。

柳町

柳町

柳町 上田の観光地北国街道柳町

古風な街並みは、映画やTVのロケ地としても
人気があります。 例えば、
亡き市川崑監督の新旧2本の『犬神家の一族』
のロケがこの通りで行われています。

信州上田地域ロケ地ガイド
 柳町通り(旧北国街道)

金田一耕助博物館
 金田一さんの現場検証 : 上 田


さて、肝心のそば屋ですが、
これが残念なことに休みでした。

柳町 そば屋「おお西」

店主考案、発芽そば切りのおお西

そこで、帰りにどこか他の蕎麦屋に入ろう
と歩き出しましたが、上田の蕎麦屋は
水曜が定休日というところが多いらしく、
どこも閉まっており、困りました。

諦め掛けた頃になって、
やっと駅の近くに開いてる店を見付け、
そこで食べることが出来ました。
寒い中を歩き回ったので、みんな
ザルやモリではなく、暖かい蕎麦を
頼んでいました。(苦笑)


その後、高速を使って地元の駅前まで戻り、
そこでみんなと別れました。


僕は喧しい大家族の中で育ったせいか、
ひとりでいることは、まったく苦にならず、
むしろ心地よいくらいなので、旅をするのも
気楽な一人旅が一番好きです。
ただやはり、たまには気の置けない友人と
一緒に、ワイワイやりながら旅をするのも
これまたいいものですね。

ただ、みんな独身だった頃には
4泊でも5泊でも一緒に旅が出来たのに
各々が家庭を持ってからは、回数も激減し、
行くとなっても日帰りか、せいぜい
1泊か2泊程度の旅になってしまっている点は、
ちょっと寂しい気もしています。

まあ、結婚すれば、友人よりも自分の家族を
優先するのは当然ですし、仕方のないことです。
ただ、今回、一緒に行った友人のひとりも
「もう人生の折り返し地点は過ぎただろう。
 あと何年か経つうちには、同世代の友人、知人も
 癌かなにかでポツポツ死んで行くはずだ。
 俺達も何時逝っても後悔のないように
 今後はなるべく毎年、一緒に旅行しよう」と
縁起でもないことを言っておりましたのでw、
今回は参加出来なかった他の旧友も含めて、
来年からは、もうちょっと一緒に出掛ける機会が
増えるかもしれません。(苦笑)





関連記事
スポンサーサイト



[ 2008/04/22 15:36 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する