四万温泉への旅 (3の1) Cinema Kingdom Blog

四万温泉への旅 (3の1) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 四万温泉への旅 (3の1)HOME > 旅行・聖地巡礼 > 四万温泉への旅 (3の1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

四万温泉への旅 (3の1)

もう二ヶ月も前の話になりますが、
2月26日(火)に旧友3人と一泊二日で
四万(しま)温泉」に行って来ました。
記憶が薄れないうちにメモ代わりに
写真付の旅行記を書いておこうと思います。


群馬県の「四万温泉」は、近くの
「草津温泉」や「伊香保温泉」に比べますと、
知名度はそれほどではありませんが、
以前からいい温泉場だと聞いておりましたので、
一度は訪れたいと思っておりました。
そこで、「いつもの草津にしよう」
という友人の声を遮って、半ば強引に
こちらに出掛けることに決めました。

一緒に出掛けた友人3人のうちの2人とは
小学校3年と5年生の時に同級生になって以来、
残りの1人とも、早いものでもう20年以上の
付き合いになります。
どいつもお互いの性格や過去を知り尽くした
気の置けない連中ばかりです。

因みに、僕以外は全員妻帯者で子供もいます。
その上、ひとりは大宮、残りの二人は都内で
働いていますので、毎日・毎週のように
つるんでいた、学生時代や独身時代に比べますと
直接会って遊ぶ機会は激減しました。
それでも定期的に電話などで連絡を取り合い、
たまに時間を作っては地元や都内で飲食したり、
こうして2、3年に一度くらいの間隔で
一緒に温泉に出掛けたりしています。

例えば、以下の旅行は今回のメンバーのうちの
1人か2人と一緒に行ったものです。

箱根湯元 一泊旅行
♪草津よいとこ~ぉ、
 一度はおいで~ぇ、ドッコイショ♪(3/1)

沖縄 阿嘉島への旅(5/1)

僕個人は一人身ですので、若い頃のように、
年に一度か二度くらいの頻度で
一緒に出掛けられればと思っているのですが、
家庭を持つ世の中年男にとっては、
例え1泊、2泊の旅でも、仕事抜きとなると、
結構一大事なのだそうです。(苦笑)
「たまの事だから」とカミサンの機嫌を伺いつつ、
臨時の小遣いを貰って、遠慮がちに出掛けて来る
その姿は、涙なしでは語れませんw。
また、一番の稼ぎ頭で、小遣いの心配はない奴でも
カミさんには「出張」ということにして
背広姿で来たりするのです。
これではまるで不倫旅行です。(笑)


今回、友人の1人が
某旅行代理店で予約してくれた宿は、
四万温泉を代表する老舗の高級旅館
四万たむら」でした。

閑散期とは云え、かなりお得な格安プランでした。
また、このプランには、四万温泉の他の旅館の
日帰り入浴が一ヶ所無料で利用出来る
特典が付いていました。


都内に住む友人が車を出してくれることになり
26日の午前10時に地元の駅前で落ち合い、
関越自動車道に入り「渋川IC」を目指しました。

インターを出て国道353号を草津方面に向かい、
中之条で右折すると行き止まりが「四万温泉」です。
途中、何度か休憩しながら走り、四万に着いたのは
正午過ぎでした。

チェックインは午後2時からですので、
まずは、日帰り入浴の特典を消化することにして
「たむら」と並び、川沿いの露天風呂が有名な
『四万やまぐち館』に寄りました。

四万やまぐち館

四万やまぐち館

群馬県四万温泉 四万やまぐち館

いやぁ~、こちらの露天風呂は最高でした。
これはかなり珍しいと思いますが、
この露天風呂の脱衣所は、純和風の造りで
全面畳敷きになっていました。

お風呂は美肌に効果がありそうな
透明に近い、やわらかなお湯で、
もちろん源泉かけ流しです。
眼下には川が流れ、絶壁になっている
対岸の残雪も風流です。
時間が平日のチェックイン前ということも
あってか、貸し切り状態で入れました。


「やまぐち館」を出ると、都内にある
某有名娯楽施設で調理長をやっている友人が、
以前来た時に知った、うまい蕎麦屋が近くにある
と言うので、昼食はそこ「なが井」さんで
いただくことにしました。

四万 蕎麦屋「なが井」

現天皇陛下も皇太子時代に食されたという、
この店の名物、「天ざる」はまさに絶品でした。
蕎麦も旨かったですが、驚いたのが
天ぷらです。
見た事もないくらい繊細な造りの掻き揚げで、
サクッと軽い歯触りが最高なのです。
その道のプロ(調理人)である友人も
どうやって作っているのか分からない、
と言って、盛んに感心していました。

あまりに美味そうなので
慌てて食べ始めてしまい、写真を撮るのを
すっかり忘れてしまいました(汗)が、
以下のサイトで、その掻き揚げの写真が
ご覧になれます。

sobalier 江戸ソバリエ霞の会: なが井

長くなったので、続きます。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/04/22 15:34 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://gank2o.blog5.fc2.com/tb.php/462-57a5ba99

???????????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????
[2008/04/29 09:24] ????ι??罸by Goodor Bad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。