スウィングガールズ スペシャル・エディション Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

スウィングガールズ スペシャル・エディション Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > DVD、BD、HD DVD > スウィングガールズ スペシャル・エディション

スウィングガールズ スペシャル・エディション



「スウィングガールズ スペシャル・エディション」(2枚組)

昨日、「スウィングガールズ スペシャル・エディション」(2枚組)、
「ヘルボーイ デラックス・コレクターズ・エディション」(2枚組)、
「オールド・ボーイ プレミアム・エディション」(2枚組)
が到着しました。
早速、劇場では未見だった「スウィングガールズ」を観ました。


矢口史靖監督と云えば、『ウォーターボーイズ』の大ヒットで
すっかり青春コメディものの人気監督となりました。
この「スウィングガールズ」も、アルタミラ・ピクチャーズ+
フジテレビ、東宝、電通という常勝トリオによって
『ウォーターボーイズ』を越える大ヒットとなった訳ですが
内容自体は、ボーイズがガールズになり、
男子シンクロがビッグバンド・ジャズとなった程度で
ストーリー展開にもこれといった目新しさは感じませんでした。
素人同然の主要キャストに合宿特訓を施して、
その成果がクライマックスで観客の感動を呼ぶ、
という手法も見事に一緒です。

はっきり云って、作品自体の完成度は評判ほどではないですね。
まだ『ウォーターボーイズ』の方が面白かったです。
「TVでバンバン煽れば、作品のデキの如何に関わらず、
 観客は盲目的に映画館に押し寄せる」と云う、
フジテレビ、東宝、電通の必勝パターンは、
今回も見事に効果を挙げたという感じです。

僕が矢口史靖監督の作品で一番好きなのは、ダントツで
「アドレナリンドライブ」(1999)です。


現在は廃盤になってしまいましたが、
この作品のDVDは米国でもリリースされました。
ストーリー展開もギャグの質もキャストの演技も高レベルで
こんなにワクワクして、大笑いした邦画は、前年に公開された
石井克人監督の「鮫肌男と桃尻女」(1998)以来でした。

中身は小学生レベルの高校生の集団を描いた青春コメディ
ってのは、TVドラマで充分という気もします。
矢口監督には、また「アドレナリンドライブ」のような作品を
創っていただきたいものです。


ただ、矢口作品のDVDは、『ウォーターボーイズ』にしても
この「スウィングガールズ」にしても、とても凝っていて
パッケージソフトとしては非常に魅力的であります。
今回もふたつのメイキングやロケ地マップ、インタビュー集、
DVD用に製作されたサイドストーリー集、等々の
多彩な特典映像に加えて、ふたつの音声解説が収録されていて
作品の製作過程がつぶさに伺えて面白かったです。

実は、映画本編より、
特典ディスクの方が面白いと感じてしまい、困りましたw。
慣れない演技や楽器での演奏に悪戦苦闘、
時には喜び、時には号泣するガールズたちの姿は、
微笑ましくも涙ぐましい、まさに青春ドキュメンタリー
そのものであります。(笑)

そんな訳で、本編、特典ディスクに加えて、よせばいいのに
ふたつの音声解説まで聞いてしまい、昨日は睡眠時間が
2時間程度になってしまいました。(苦笑)
助監督が中心となって製作されているサイドストーリーは
脚本と演出を6人のスタッフと矢口監督自らが担当した
全7編からなります。
サイドストーリー集は『ウォーターボーイズ』の特典ディスク
にも収録されていましたが、それらはDVD製作時に
改めて出演していた何人かのキャストを集めて
撮影されたものでした。
非常に面白い企画で、ユーザーにも大好評だったためか、
今回は、映画の撮影の合間を縫って製作されたようで、
キャストは本編の主要な女優や男優が総出演しておりました。

学生映画のようなレベルの短編が続く中、矢口監督の短編だけは
非常に完成度が高く、格の違いを感じさせてくれました。
実は、今回の「スウィングガールズ」の二枚のディスクの中で、
一番笑ったのが、矢口監督が演出・脚本を担当した
この短編でした。(苦笑)


また、この作品の本編ディスクの音声は、邦画としては珍しく、
ルーカスフィルムで改めてDDS5.1Ch、DTS5.1Chに
ミックスしなおされた、「THX」認定ディスクとなっております。


今回は本編ディスクのみの通常版、
特典ディスク付の二枚組スペシャル・エディション版、
スペシャル・エディションの二枚に、
作品完成後のプロモーション活動やライブの様子を収録した
特典ディスクを加えた、完全予約限定生産の三枚組
「プレミアム・エディション」の3バージョンが
発売されました。
定価は順に、¥3,990、¥6,300、¥10,290という価格設定でした。
(いずれも税込定価) さすがに、
高額であこぎと悪名高い東宝DVDだけのことはあります。(苦笑)


【「スウィングガールズ」シリーズ 収録内容】

《本編ディスク》
105分 / カラー / 2004年度作品 / ビスタサイズ / 片面・2層
《音声》 5.1chドルビーデジタルサラウンド / 5.1ch DTSサラウンド / 矢口監督+ガールズ+武田祐子アナウンサー オーディオコメンタリー2chドルビーデジタルステレオ
《字幕》 1. 日本語音声字幕(山形弁) 2. 英語字幕
【映像特典】
●特報
●予告編
●TVCM
●ガールズ&ア・ボーイキャラクター紹介(静止画)

《特典ディスク:1》
カラー / スタンダード / 片面2層 / ステレオ
【映像特典】
●メイキング(CSオンエア版)
●矢口映画の作り方・SGバージョン
●サイドストーリー×7タイトル
●キャストインタビュー
●ロケ地めぐりの旅
●未公開カット
●アートワーク紹介
●オールキャスト&スタッフプロフィール(静止画)
●全国上映劇場リスト(静止画)
●舞台挨拶全記録(静止画)
●ジャズの歴史紹介
●楽器解説

《特典ディスク:2》
カラー / スタンダード / 片面2層 / ステレオ
【映像特典】
●国内キャンペーンドキュメント
●海外キャンペーンドキュメント
●矢口史靖監督による絵コンテアニメーション
●岸本ひろし先生による音楽制作デモ映像
●ポスターデザインの変遷
●TV出演ライブ映像
その他、未公開映像を多数収録!合計260分以上に及ぶ映像特典!
※シリアルナンバーを刻印
※ピクチャーレーベル
※布貼アウターケース+デジパック仕様
【封入特典】
●豪華ブックレット(144P)
●お守りねずみマスコット
●切り出し本編フィルム


現在は、このDVDラインナップに加えて、
「スウィングガールズ&ア・ボーイ」の最初で最後のコンサート
(2004年12月)の模様を収録したライブDVDである、
「スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート」(2枚組)
がリリースされ、人気となっております。
またまたガールズたちはライブの成功に向け苦楽を共にし、
最後には互いに号泣しているのでありましょう。

最後の最後まで商売が上手いなぁと、
感心しきりの岩窟王でありました。(苦笑)

スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート

関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/04/06 11:30 ] DVD、BD、HD DVD | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://gank2o.blog5.fc2.com/tb.php/46-f5ac495a

最近DVDのレンタルが開始された期待の作品。なかなか評判良さそうだし、こりゃ早速見なくては・・・2004年製作のジャズ系青春コメディ、105分もの。あらすじ東北のとある高校。夏休みの補習を受けてた女子生徒13人。ブラバン部は野球の応援に出かけたが弁当を忘
[2005/04/08 00:43] ひらりん的映画ブログ