ドイツ盤HD DVDの到着と今月最初の国内盤 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

ドイツ盤HD DVDの到着と今月最初の国内盤 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
HOME > DVD、BD、HD DVD > ドイツ盤HD DVDの到着と今月最初の国内盤

ドイツ盤HD DVDの到着と今月最初の国内盤

日本時間の3月27日午前1時に
発送メールが届いた、
ドイツ盤HD DVDの7タイトルが
4月1日の午後に到着しました。



American Gangster [DE HD DVD]
 「アメリカン・ギャングスター」

The Good Shepherd - Der gute Hirte [DE HD DVD]
 「グッド・シェパード」

Dante's Peak [DE HD DVD]
 「ダンテズ・ピーク」

Land of the Dead [DE HD DVD]
 「ランド・オブ・ザ・デッド」

Daylight [DE HD DVD]
 「デイライト」

Waterworld [DE HD DVD]
 「ウォーターワールド」

Tremors - Im Land der Raketenwurmer [DE HD DVD]
 「トレマーズ」


どれも日本語音声・日本語字幕付の
ユニバーサル映画です。
「アメリカン・ギャングスター」を全部と、
「デイライト」、「ダンテズ・ピーク」、
「トレマーズ」、「ウォーターワールド」
の一部を観ましたが、どれも最新の
米国BDタイトルと比較しますと
音質はもちろん、画質面も正直、
イマイチという感じです。
(おそらく国内盤も同様なのでしょう)

古い作品が悪いのは仕方ありませんが、
比較的最近リリースされた「トレマーズ」は
強めの輪郭補正が目障りですし、
D1マスターを使用していると思われる
「アメリカン・ギャングスター」も
あまりパッとしない映像です。
ただ、この作品は主な舞台が60年代の後半
から70年代の前半であることもあり、
70年代のフィルムのルックスに似るように、
グレインノイズの乗り方や色調などを
意図的に調整している感じがします。
ただ、そうは云っても
米国盤のHD DVDよりも幾分落ちる感じ
なのは否めません。


そうそう、購入当初、どういうわけか
ネット経由のアップデートが出来なかった
東芝の北米仕様のHD DVDプレイヤー
「HD-A35」ですが、しばらくぶりに
試してみましたら、あっけなく成功しました。
どうやら、通信速度の設定を忘れていたか、
いい加減にしていたのが原因だったようです。
日本とアメリカでは通信事情が異なりますが
今回は「1.5Mbps」を選択して試したところ
問題なく出来ました。

因みに、最新の「Firmware 2.0」の概要は
以下の通りです。

"This firmware update improves support for
1080/24hz and auto mode (for hd-a30 and hd-a35),
improves network connectivity for supporting
the download or web-enabled network content
associated with certain hd dvd disks,
and also addresses certain disk playback
and hdmi/dvi related issues identified by Toshiba."


それから、
今月1発目の国内盤も到着しました。



特に2枚組DVDの「夕凪の街 桜の国」は、
付録が充実していて嬉しい驚きでした。
定番の「初回生産限定アウターケース」の他に
「こうの史代先生 描き下ろし”広島スケッチ”」、
写真付の解説小冊子に、広島のロケ地マップと、
てんこ盛りの内容です。



販売元は、LD時代には画質の悪さに泣かされたw
「東北新社」ですが、これは良い商品ですね。
ただ、まだ本編は未見ですので、画質・音質に
ついては一抹の不安が残ります。(苦笑)

夕凪の街 桜の国夕凪の街 桜の国
(2008/03/28)
田中麗奈、藤村志保 他

商品詳細を見る


もう一枚は、ギレルモ・デル・トロ監督の傑作
『パンズ・ラビリンス』です。
この国内盤DVD-BOXは、
米国盤2枚組DVD、米国盤BDに続いて僕が買った
三枚目の『パンズ・ラビリンス』ソフト
ということになります。(苦笑)




国内盤は、DVD-BOXを謳っていますが、
実際は北米盤と同じ、単なる特典ディスク付2枚組
にすぎません。(価格は二倍違いますがw)
表紙が3Dのデジパックや「設定資料&写真集(32P)」
は嬉しい仕様だとは云え、値段もよかったので
相殺というところでしょう。(定価:税込6090円)

尚、このソフトは5,000セット限定生産でしたので、
現在、amazonではマーケットプレイスのみでの販売
となっております。

個人的に、『パンズ・ラビリンス』は
昨年観た洋画の中でもベスト3に入る作品です。
そんな訳で、値段でちょっと迷いましたが、
国内盤も購入することにしたのでした。



パンズ・ラビリンス DVD-BOXパンズ・ラビリンス DVD-BOX
(2008/03/26)
イバナ・バケロ、ダグ・ジョーンズ 他

商品詳細を見る

パンズ・ラビリンス 通常版パンズ・ラビリンス 通常版
(2008/03/26)
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト



[ 2008/04/03 04:08 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(1)
パンズは良かったですね。僕はHD DVD盤買いましたが、内容・画質・音質、全部揃いましたね。DVDのボックスアートも素晴らしいですね
[ 2008/04/03 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する