続・朝から晩までDVD Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

続・朝から晩までDVD Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
HOME > DVD、BD、HD DVD > 続・朝から晩までDVD

続・朝から晩までDVD

続いて、「HiVi CAST」を使って
TH-AE700の「ナチュラル」モードの画質設定を行った後に、
The Incredibles (Widescreen 2-Disc Collector's Edition)
米国盤「Mr.インクレディブル」を再見です。(苦笑)
米国盤と国内盤では黒レベルが違うので、
その辺りを再調整する意味もありました。

下がメニュー画面です。
実際は動画仕立てになっています。

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル

「Mr.インクレディブル」の一場面

(C)2004 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


米国盤の"Ray (Limited 2-Disc Special Edition)"
「Ray レイ」を挟んで、やはり米国盤の
Alien Vs. Predator (Widescreen)
「エイリアン VS. プレデター」をAE700で再見しました。

このDVDのメニュー画面は
ピラミッド内部のデザインがモチーフになっていますが
特にTOPメニュー画面は動画仕立てで凝っています。
映画と同じように、エイリアンの卵が上がってきて
内部のエッグチェンバーが動くのですw。

4月15日に発売になる国内盤も同じ仕様だと良いですが
ひと足お先にメニュー画面のご紹介です。

エイリアン VS. プレデター

エイリアン VS. プレデター

エイリアン VS. プレデター

エイリアン VS. プレデター

ちょっと暗くて分かり難いかもしれませんね。

この作品はエイリアン・シリーズの新作と云うより
明らかに「プレデター3」的な作品でしたね。

両シリーズに対する熱い思い入れを感じさせる
ポール・W・S・アンダーソンの頑張りは認めるものの、
どうも脚本と編集に難ありという感じがしました。
本編がたったの101分で、実質は95分程度ですから
とにかくバタバタと話が進み過ぎなのです。
長い予告編を観ているようで、欲求不満になります。
可能かどうかは別として、
2時間半くらいに再編集したディレクターズ・カット版
がリリースされることを望みます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/04/01 13:08 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する