2007年度 第81回キネマ旬報ベスト・テン Cinema Kingdom Blog

2007年度 第81回キネマ旬報ベスト・テン Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 2007年度 第81回キネマ旬報ベスト・テンHOME > 映画 > 2007年度 第81回キネマ旬報ベスト・テン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007年度 第81回キネマ旬報ベスト・テン

1924年開始と米アカデミー賞(1929年開始)よりも
長い歴史を持つことで知られるキネマ旬報社の映画賞
「キネマ旬報ベスト・テン」が今年も発表されました。

【2007年度日本映画ベスト・テン】

  1位 「それでもボクはやってない
  2位 「天然コケッコー
  3位 「しゃべれども しゃべれども
  4位 「サッド ヴァケイション
  5位 「河童のクゥと夏休み
  6位 「サイドカーに犬
  7位 「松ヶ根乱射事件
  8位 「魂萌え!
  9位 「夕凪の街 桜の国
  10位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
  次点 「愛の予感



【2007年度外国映画ベスト・テン】

  1位 「長江哀歌
  2位 「善き人のためのソナタ
  3位 「今宵、フィッツジェラルド劇場で
  4位 「クィーン
  5位 「バベル
  6位 「やわらかい手
  7位 「ドリームガールズ
  8位 「ボルベール<帰郷>
  9位 「ゾディアック
  10位 「パンズ・ラビリンス
  次点 「デス・プルーフinグラインドハウス



【2007年度文化映画ベスト・テン】

  1位 「ひめゆり
  2位 「やーさん ひーさん しからーさん ―集団疎開学童の証言―
  3位 「未来世紀ニシナリ
  4位 「いのち耕す人々
  5位 「終りよければすべてよし
  5位 「出草之歌 台湾原住民の吶喊 背山一戦
  7位 「有明海に生きて 100人に聞く、海と漁と歴史の証言
  7位 「カフカ 田舎医者
  9位 「花の夢 ―ある中国残留婦人―
  10位 「靖国


【個人賞】

日本映画監督賞

周防正行 「それでもボクはやってない」

日本映画脚本賞
周防正行 「それでもボクはやってない」

日本映画主演女優賞

竹内結子 「サイドカーに犬」
 「クローズド・ノート」「ミッドナイトイーグル

日本映画主演男優賞

加瀬 亮  「それでもボクはやってない」
  「オリヲン座からの招待状

日本映画助演女優賞

永作博美 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

日本映画助演男優賞

三浦友和転々」「松ヶ根乱射事件」
  「ALWAYS 続・三丁目の夕日

日本映画新人女優賞

蓮佛美沙子 「転校生 さよならあなた」「バッテリー」

日本映画新人男優賞

林 遣都 「バッテリー

外国映画監督賞

ジャ・ジャンクー 「長江哀歌」

日本映画作品賞
「それでもボクはやってない
(周防正行監督/東宝配給 フジテレビ、
 アルタミラピクチャーズ、東宝製作)

外国映画作品賞
「長江哀歌」(ジャ・ジャンクー監督/
ビターズ・エンド、オフィス北野配給)

文化映画作品賞
「ひめゆり」
(柴田昌平監督/プロダクション・エイシア製作)


尚、ほかに「読者の選ぶ日本映画ベスト・テン」、
「読者の選ぶ外国映画ベスト・テン」、
「キネマ旬報読者賞」が2月5日発売の『キネマ旬報』
2月下旬決算特別号にて発表されます。
また、同じ2月5日に、第1位の映画鑑賞会と
表彰式が、有楽町朝日ホールで行われます。

キネマ旬報

キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006 (キネ旬ムック)キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006 (キネ旬ムック)
(2007/07)
不明

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/01/16 02:56 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。