ワーナーがHD DVDから撤退。Blu-rayに一本化 Cinema Kingdom Blog

ワーナーがHD DVDから撤退。Blu-rayに一本化 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > ワーナーがHD DVDから撤退。Blu-rayに一本化HOME > DVD、BD、HD DVD > ワーナーがHD DVDから撤退。Blu-rayに一本化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワーナーがHD DVDから撤退。Blu-rayに一本化

7日まで正月休みのはずだったAV Watchが
急遽記事をUPするほどの大ニュースです。(笑)

米WarnerがBlu-rayに一本化。6月以降BDのみ発売
 -「消費者は明確にBDを選択した」(AV Watch)

東芝、ワーナーBD一本化に「残念」と声明
 -「HD DVDがベストは不変」。CESのHD DVDイベント中止(AV Watch)

ITmedia +D LifeStyle:フォーマット戦争の「終わりの始まり」?
 ――ワーナーがBlu-ray Discに一本化

米ホームビデオ業界の2008年新計画 (VARIETY JAPAN)
HD DVDに致命的な打撃?
 米ワーナー、ブルーレイ支持を発表 (VARIETY JAPAN)

Warner、2008年6月からBlu-rayのみでHDソフトを販売 (Phile-web)
東芝、Warnerの発表に対し「HD DVDがベスト」とコメント (Phile-web)
―日本時間1月5日 14:52受信― 麻倉怜士のCES2008リポート No.0
Breaking: Warner Goes Blu-ray Exclusive - HIGH-DEF DISC NEWS
ワーナーがHD DVDから撤退、Blu-Ray一本化しても・・・
 HAMA一等兵のペケ戦記


まあ、欧米の消費者はいざ知らず、
日本ではとっくに「次世代DVDはBD」という
消費者の選択がなされていたワケでして
大勢に影響はないでしょう。
(東芝の社員やその家族、株主さんには
 かなりの影響があるかもしれませんが)

また、このニュースによって国内盤のBDソフトや
ハードの売れ行きが急激に伸びるとも思いません。
PS3の国内出荷数は数百万台だというのに
BDソフトの一タイトル辺りの売上げは
いまだに数百枚から、せいぜい千枚単位、
最大級のヒット作でも1万枚程度しかありません。
これではまるで素人バンドの自主製作CDですw。
HDTVは世界一普及しているにも関わらず、
日本人の次世代DVDへの関心など、
まだまだその程度ということです。

そもそも、ハイビジョン放送が日本の地デジ以下の画質
でしか楽しめない米国の消費者とは違い、
日本では世界最高画質を誇るBSデジタル放送や
CSデジタル放送が安価に楽しめる環境があります。
少なくとも国内に限って云えば、
BDソフトの最大のライバルはHD DVDソフトなどではなく、
WOWOWやスターチャンネルでしょう。
CPだけで考えれば、WOWOWのHV番組と
BDソフトでは端から勝負になりません。

先月、DMR-BW200を購入して以降、
僕は5枚のBD-REと、30枚のBD-Rを買いました。
そのうち、HV録画済みメディアは既に15枚になります。
やはり、HDD容量が500GB程度では忙しくて大変です。

いちいちメディアに移さないでHDDだけで済むなら
そのほうが何倍も楽ですし、使い勝手も優れています。
仮に、HV放送がMPEG-4 AVC/H.264化されて、
HDDレコーダーの容量が数TB以上になれば、
マニアですらBDレコーダーなど買わなくなるでしょう。

…というか、既に
ハイスペックAVPCを所有する方々の中には
個人レベルでそれを実践されている方も
チラホラいらっしゃるのですが…。(苦笑)

ハイビジョン映像無限コピーバイブル (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 220)ハイビジョン映像無限コピーバイブル (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 220)
(2007/11/19)
不明

商品詳細を見る


ただ、そうは言っても
僕は長年、映画ソフトを集めておりますので、
映画まで音楽のようにデータのやり取りが主体になり
パッケージメディアが衰退してしまうのは忍びない
という思いも強くあります。

ソフトメーカーには、SD・ハイデフを問わず
本編が高画質・高音質なのはもちろん、
映像特典の内容から外装のデザイン等も含め、
消費者がその作品を所有することの喜びを
実感出来るような、良質なパッケージ製作を
常に心掛けていただきたいものです。
そうしないと、おいしいところは全部PC関連メーカーが
さらっていってしまう結果になるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/01/06 12:01 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。