AE700のコーミングの件、一件落着 Cinema Kingdom Blog

AE700のコーミングの件、一件落着 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > AE700のコーミングの件、一件落着HOME > ホームシアター > AE700のコーミングの件、一件落着

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AE700のコーミングの件、一件落着

AE700の字幕のコーミングについて、
アバックさんを通じて、松下のAE700の開発チームに所属する
技術者さんからの回答と解説をいただきました。

松下さんとしての正式な返答ではなく、
技術者としての個人的見解とのことですので、
こちらにそのまま転載することは控えさせていただきますが、
要するに、
「AE700に搭載されている、2:3プルダウンによる
I/P変換処理(プログレ化技術)の「シネマリアリティ」は
非常に高精度なI/P変換が可能で、解像度感などで利点がある一方、
原理的に字幕のコーミングは起こりやすくなってしまう。
これは再生機側のI/P変換においても同様で、
AE700の「シネマリアリティ」をスルーしたプログレ信号であっても
2:3プルダウンの当て嵌めが高精度であればあるほど
コーミングは発生しやすくなる。
逆にプレイヤー側が単純なプログレ化を行うタイプであれば、
映像の解像度は劣化するが、コーミングは発生しない」
とのことでした。

因みに、AE500ではまったくコーミングを確認しておりませんが
これは「そもそも2:3プルダウンの規則性を利用した
I/P変換処理を行っていないから」だそうです。(苦笑)


実際にはもっと広範で詳細なご返答をいただきました。
24Hz収録の映像と、その映像に60Hzで重畳される字幕信号を
I/P変換することによって起こるコーミングの発生原理については
ある程度の基礎知識を持っていましたので、納得出来る内容でした。
結局、「2:3プルダウンI/P変換による映像を優先するか、
字幕のコーミングの解消を優先するか?」ということのようです。

と、そんな折も折、発送通知メールもないまま
突然、HDMI・DVI変換ケーブルの「DHMVIC10」 (Arvel)
が到着しました。

早速、「DVD-V880」のDVI端子と「TH-AE700」のHDMI端子を結んで
デジタル接続してみました。
長さが1mと短いせいもあるのかもしれませんが、
安物のHDMI・DVI変換ケーブルである「DHMVIC10」でも
何の問題もなく750P/60Hz(720P)再生が出来ました。

そして問題の字幕のコーミングですが…
まったく確認出来ませんでした。(ホッ)

これも安物のV880では、プログレ化の過程で
2:3プルダウンがうまく行われていない
(あるいはまったく行われていない)
ということなのかもしれませんが(苦笑)、
とりあえず、これでDVD再生には何の問題も無くなりました。

お騒がせ致しました。(汗)


「TH-AE700」のHDMI接続で意外だったのは
デジタル接続時でもアナログ接続時のように
色の濃さなどの各種調整が可能だったということです。
AE500ではDVI接続時には色あい、色の濃さなどの調整は
出来ませんでした。これは便利です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/03/30 12:53 ] ホームシアター | TB(0) | CM(1)
とにかく勝ち点3は取れました。
良かった。めでたい!

しかし、稲本のあの使われ方はちょっと可哀想w。
W杯のヒーローが2試合で出番1分、ワンタッチで終了ですもん。

今日の中田は素晴らしかった。
これで彼の首もジーコの首も繋がりましたね。
あとは決定力ですねぇ…。
[ 2005/03/30 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。