「Google Adsens」報酬(米ドル小切手)の換金について Cinema Kingdom Blog

「Google Adsens」報酬(米ドル小切手)の換金について Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 「Google Adsens」報酬(米ドル小切手)の換金についてHOME > サイト運営上の雑記 > 「Google Adsens」報酬(米ドル小切手)の換金について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Google Adsens」報酬(米ドル小切手)の換金について

今日は趣向を変えてアフィリエイトに関する話を書きます。

◆アフィリエイトとは?
【affiliate】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典

僕はもう3年以上、サイトに貼ったアフィリエイトで
お小遣い稼ぎをしておりますが、現在の一番の稼ぎ頭は
ダントツで「Google Adsens」であります。

日本のアフィリエイト会社(Webサイト専門の広告代理店)
では、「成功報酬型」(僕のWeb経由でどなたかが買い物を
した場合に、その売上げの数パーセントを報酬として
受け取れる)が主流ですが、
「Google Adsens」の場合は、「クリック報酬型」で
どなたかが僕のサイトの「Google Adsens」広告を
クリックするだけで、報酬を受け取ることが出来ます。
この「Google Adsens」の最も優れている点は、
そのサイトのコンテンツの内容を分析して、
自動的に、そのコンテンツと関連のある広告を選択し、
表示してくれる点でしょう。
管理人や訪問者の興味、趣味に合わせた広告が出るので
クリック率も自ずと高くなるというわけです。

また、日本のアフィリエイト会社が設定する
クリック報酬額(1クリック辺り、1円から5円前後)とは、
とても比較にならないほど高額な報酬設定も嬉しいところです。


ただ、いい点ばかりではありません。
現在、この「Google Adsens」の報酬は、
すべて米ドル小切手になっています。
Adsens側では「いずれは日本円での支払いも」と
アナウンスはしておりますが、今のところ
具体的な話は何もありません。

日本の金融機関で米ドル小切手を換金するには
高い手数料(2500円から5000円程度)が必要で、
アフィリエイトの報酬などの少額小切手では
かえって足が出てしまう場合も有り得ます。
また、どこの支店でも換金出来るわけではありません。


僕は「Google Adsens」を始める前から
米国のDVDショップやポスターショップとのアフィリエイト報酬で
比較的少額な米ドル小切手を受け取っておりました。
その換金に困ってネットで調べてみたところ、
リンクセンス」という会社を発見しました。

この会社に登録をして署名を裏書した小切手を送ると
  米ドル小切手($10以上) 手数料:1,000円/1枚
  米ドル小切手($10未満) 手数料:1,000円/2枚
の手数料と振り込み手数料を差し引いた額(日本円)が、
約100日後に自分の口座に振り込まれます。

ホームページだけ見ますと、なにやら怪しげな気もしますが
僕はもう何度も利用させていただいておりまして、
問い合わせにも懇切丁寧に対応してもらえる、
信用の置ける会社ですw。

このリンクセンスに加えて、最近登場したのが
Get2Cash」という会社です。

※追記※
2006年1月18日頃からサイトにログインすると
強制的にハネられ、内容が表示されなくなっています。
今年に入ってから振込みがされていないという報告が
会員BBSに多数ありましたが、最悪、夜逃げしたのかもしれません。
新規で利用しようと考えている方は、お気を付け下さい。
【2006年1月19日】

こちらの特徴は、換金に4つのプランが用意され、
最速だと1~3営業日以内で振込みをしてくれる点でしょう。
また、最長でも60日間で、小切手が複数枚の場合でも
換金手数料は一回「10ドル」で済むそうです。

換金・振込みまでの期間
① 即日(3営業日以内)/換金率:85%/手数料(1回に付)$0
② 10営業日以内/換金率:90%/手数料(1回に付)$0
③ 30日以内/換金率:95%/手数料(1回に付)$0
④ 60日以内/換金率:100%/手数料(1回に付)$10

例えば、100ドル前後の小切手を換金するのであれば、
③ 30日以内/換金率:95%/手数料(1回に付)$0
のコースが一番お得ということになります。
要するに1から3までの換金率から計算して、
事実上の換金手数料(額面の残りの%)の金額が
10ドル以下であればそのいずれかを選び、
10ドルを大きく越えるようであれば4を選べばいいわけですね。
(もちろん、手数料より、振込みまでの早さ<日数>を
優先するのも自由ですが)

後発の強みか、条件はリンクセンスよりかなり上です。
換金にかかる期間も短縮される訳ですから
今後は僕もこちらの会社を主に利用することになりそうです。

尚、どちらの会社も住所・氏名の登録は必要ですが
身分証明証のコピーなどは特に必要ありません(※)。
自分名義の口座を持っていればOKです。

※追記※
「Get2Cash」では3月末から初回利用時に
身分証明書のコピーの提出が必要になりました。
いままで利用したことのある人でも、
身分証明書のコピーを送っていない場合は、
次回利用時に小切手と同封する必要があるそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/02/26 11:28 ] サイト運営上の雑記 | TB(0) | CM(1)
弊社は、米国発行小切手の換金代行サービス会社です。銀行に比べて、迅速・手軽・安価
なサービスを提供します。 弊社の小切手換金サービスをご利用頂ければ9営業日以内で、額面の10%の手数料でお手元の米国小切手を現金化することが可能です。是非、ご利用頂ければ幸いです。2006年4月サービス開始以来、無事故でサービスを提供させて頂いています。ご安心してご利用下さい。
[ 2009/07/26 03:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。