日本映画専門チャンネル Cinema Kingdom Blog

日本映画専門チャンネル Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 日本映画専門チャンネルHOME > ホームシアター > 日本映画専門チャンネル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本映画専門チャンネル

「e2 by スカパー!」の「日本映画専門チャンネル」が
今月からハイビジョン放送に切り換ったと
今月号の『HiVi』の記事で知りました。

日本映画専門チャンネル
e2 by スカパー!
ようこそ!ハイビジョンの世界へ|e2 by スカパー!


続々登場!ハイビジョンチャンネル e2 by スカパー!おまかせプラン

「日本映画専門チャンネル」は、フジテレビ、東宝、
角川(大映)などが出資しているCSチャンネルです。
松竹が出資しているCSチャンネル「衛星劇場」との
提携(共同企画等)も行っているとのことで、
日活作品を除く、ほとんどすべてのメジャースタジオ
作品を放送出来る体制になっているようです。
懐かしい「ATG(日本アート・シアター・ギルド)」など
独立系作品まで扱っているのも嬉しいところです。

「e2 by スカパー!」(旧「スカイパーフェクTV!110」)は
110度CSデジタル放送に対応したBSアンテナと
対応デジタルチューナーがあれば見ることが出来ます。
2002年以降に造られたデジタル放送関連機器であれば、
ほぼ100%対応しているはずです。
(別途、CSアンテナや専用チューナーの設置は
 必要ありません)


今まで、HV放送のスターチャンネルを含み、
110度CS放送にはまったく興味がありませんでした。
WOWOWに加入していれば、放送作品がカブりがちな
スターチャンネルまでは必要ないと思っていたからです。
それに、CSのHV放送は、ハイビジョンと云っても
解像度は、BSのBS-hiやWOWOWなどのフルHD放送
「1920×1080」ではなく、「1440×1080」しかありません。
(まあ、HDDレコーダーに録画することなどを考えますと
 CSのHV放送の方がより多くの番組が録画可能なので
 悪いことばかりでもありませんがw…)

しかし、記事を読んで、すっかり気が変わりました。

『HiVi』によると、HV放送開始を記念して、
今月中に『七人の侍』、『生きる』ほかの4作品を放送し、
今後も順次、黒澤監督作品がハイビジョン放送される予定
だと云うではないですか!

それも、DVD製作用だと思われるHDテレシネマスター
を基に、フィルム・キズの修正、色の調整(カラー作品)
などのデジタル・リマスタリング処理を加えた
マスターテープを新たに制作しての放送なのだとか。

これは黒澤ファンとしては見逃せません!

しかも「日本映画専門チャンネル」だけなら
月額視聴料はわずか525円(税込)です。(!)
こりゃ、加入するしかないでしょう!
(新規に加入する場合は、加入手数料に2,940円、
 それに毎月の基本料410円が別途必要です)

すぐに契約しても良かったのですが、
他のチャンネルをどうするかという問題もあったので
とりあえず、「16日間無料体験サービス」を頼んで
資料を送ってもらい、ゆっくり検討することにしました。
「16日間無料体験サービス」はTV、ネット、電話から
簡単に申し込めます。
認証までにまる一日程度必要ですが、とりあえず、
今日か明日中に申し込めば、10日以内に放送される4作品を
すべて録画可能です。僕もすでに予約しましたw。


東宝が次世代DVDを発売するのは、
まだかなり先の話でしょうし、発売するとしても
現在のDVDの価格設定から考えて、
かなりの高額ソフトになるのは目に見えています。
それが黒澤作品だったら、尚更、高額なソフトに
なるでしょう。

また、黒澤作品だけでなく、成瀬巳喜男に市川崑、
新藤兼人に三隅研次、森一生などの監督作品、
「クレイジーキャッツ」や駅前シリーズなどの
往年の東宝人気プログラムピクチャー群に、
フジテレビ製作の話題作などのHDバージョンが
月に1,000円足らずで視聴、録画し放題というのは
なんとも夢のようではないですか。

先日購入したキネマ旬報社のムック本、
「キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006」
での邦画部門の順位などを参考に、
これからバンバンHDD録画するつもりです。

キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006 (キネ旬ムック) キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006 (キネ旬ムック)
(2007/07)
キネマ旬報 社
この商品の詳細を見る


まったくの蛇足ですが、
キネ旬と云えば「映画検定」ですw。
『映画検定』オフィシャルサイト
映画知識に自信のある方は、ネット上で受けられる
「模擬試験」に挑戦してみて下さい。
(因みに、2級模擬までは余裕の一発合格でした。
 そんな自慢タラタラで嫌なカンジwな僕も
 さすがに1級模擬の問題はかなり難しかったです)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/09/20 08:49 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。