「IFA 2007」での最新プロジェクタ Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

「IFA 2007」での最新プロジェクタ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > ホームシアター > 「IFA 2007」での最新プロジェクタ

「IFA 2007」での最新プロジェクタ

ドイツで開催されている「IFA 2007
に出品されたエプソン、ビクターの最新プロジェクタ
について、いくつか情報が入って来ていますので
ご紹介しておきます。
どちらも日本での発表は行われておりませんので、
発売日や希望小売価格などは不明です。

AV Watch:IFA 2007【プロジェクタ編】
 ビクターがD-ILA新機種を披露


JVC DLA-HD100

Phile Web AV&ホームシアターNews:< IFA2007レポート:ビクター1>
 今年は30,000対1!ビクターHD1の上位機「DLA-HD100」が登場




Display device Full HD D-ILA device
Panel size 0.7 inch x 3 (16:9)
Resolution 1,920 x 1,080 pixels
Lens X2 motorised zoom/focus lens
f=21.3-42.6mm
F=3.2-4.3
Lens shift function ±80% vertical and ±34% horizontal
Light source lamp 200-watt ultra-high pressure mercury lamp (UHP)
Contrast ratio 30,000:1
Video input terminals HDMI x 2 (ver. 1.3)
Component x 1 (3 RCA) can also be used as a RGB terminal
S Video terminal (mini DIN 4-pin) x 1
Composite x 1 (1 RCA terminal)
Control terminals RS-232 (D-sub 9-pin)
Dimensions (W x H x D) 455 x 172.5 x 418.5mm (without extrusions)

ビクターの新製品は「DLA-HD1」の後継機ではなく、
上級機種に当たる「DLA-HD100」とのことです。
まあ、「DLA-HD1」は高額なワリに売れていますし、
評判も良いので、何も廉価版を出す必要もない、という
判断なのでしょうか。
HD1が昼寝を決め込む間に、安くなったSONYのVW60に
追い抜かれなければ良いですが。(苦笑)

しかし、アイリスを使わない(※)
ネイティブのコントラスト比で「30,000:1」
というのは凄いですねぇ。
(「HD1」はネイティブ・コントラスト「15,000:1」)


Epson EMP-TW2000

Phile Web AV&ホームシアターNews:<IFA2007レポート:エプソン>
 コントラスト比5万対1の液プロ「EMP-TW2000」登場
  - DVD一体型は2モデルに

Cine4home.de:Epson EMP-TW2000 LCD FullHD Epson Projektor
 Preis Epson EMP-TWD10 Epson EMP-DM1 Epson EMP-TW680

av-magazin: Epson EMP-TW2000, EMP-TW680,
 EMP-TWD10, EMP-DM1: Neue Projektoren fur jede Gelegenheit


Auflosung: 1920 x 1080
3LCD D7-Panel
Lampe: 170 W UHE ETorl
1.600 ANSI Lumen
Kontrastumfang: 50.000:1
Deep Black Technology
24/1080p-Kompatibel
2,1-fach Zoom
Lens Shift Vertikal: +/- 96%
Lens Shift Horizontal: +/- 47%
Cinema Filter
Sieben Colour Modi
2 x HDMI Ver.1.3
12 Bit Colour Processing
x.v. Colour
ISF-Zertifizierung
Luftergerausch: 24dB
Gewicht: 5,6 kg


エプソンの新フルHDモデルもD7パネルを搭載して来ました。
アイリスを経たコントラスト比が「12.000:1」から
「50.000:1」になった点や24/1080p再生に対応した点など
いくつかの改良点はあるものの、
外観からして、いかにも「EMP-TW1000」の後継機
という感じです。

720P(HD)モデルの「EMP-TW680」に搭載されている
パネルの世代は不明ですが、どうも、
現行の改良版D5パネルのままという可能性が強そうです。
もしかしたらエプソンは、少なくとも今年は、
HDパネルの世代交代を行わないのかもしれません。
まあ、実際、720pのDLPプロジェクタが3LCDの720pモデルと
ほぼ同価格になって以降、720p液晶モデルの売れ行きは
かなり落ちていると予想されますし、
これで720pパネルが例えD6、D7化しても
720pのDLPを凌駕するほどの映像クオリティや
競争力を持ち得るかは、未知数ですしねぇ…。



(※)スペック上のコントラスト比は、
「VW60」が「35,000対1」、
上記の「EMP-TW2000」は「50.000:1」ですが、
これは動的絞り機構を利用した場合の
絞り最小の時の黒と絞り全開放の時の白の比率を
もとにした数値なので、実際の見た目のコントラスト
とは、ほとんど関係がありません。
つまり、困ったことに、同じコントラスト比でも
「HD1」やDLPなどのネイティブコントラストの数値と
「VW60」や液晶のフルHDモデルなど、
アイリス機能のあるモデルのコントラスト数値とは
まったく別のものないのです。

新モデルがスペック上で
「12,000対1」だの「15,000対1」だの謳っていても
それがネイティブ・コントラストでなければ
実態とはかけ離れた数値ですので、
参考程度に考えておいた方がよろしいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/09/03 08:45 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する