もう国内盤の洋画DVDは買わない!(かも) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

もう国内盤の洋画DVDは買わない!(かも) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
HOME > DVD、BD、HD DVD > もう国内盤の洋画DVDは買わない!(かも)

もう国内盤の洋画DVDは買わない!(かも)

8月10日にワーナーから
イーストウッド監督の「硫黄島2部作」である
「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の
BD版とHD DVD版がリリースされました。
それぞれ、4月と5月に出た二枚組DVDと同価格の
3,980円でした…。

父親たちの星条旗 父親たちの星条旗
ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード 他 (2007/08/10)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

硫黄島からの手紙 硫黄島からの手紙
渡辺謙、二宮和也 他 (2007/08/10)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

父親たちの星条旗 父親たちの星条旗
ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード 他 (2007/08/10)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

硫黄島からの手紙 硫黄島からの手紙
渡辺謙、二宮和也 他 (2007/08/10)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


えっ?岩窟王は買ったのかって?
…もちろん、買っていません。
なぜなら、両作品とも二枚組DVDを既に持っているからです。
(因みに「父親たちの…」のほうは米国盤DVDでも
 持っています…)

父親たちの星条旗 (特別版) 父親たちの星条旗 (特別版)
ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード 他 (2007/05/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
渡辺謙、二宮和也 他 (2007/04/20)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


今回の件で、ワーナーは完全に日本のソフトマニアを
敵に回しましたね。(苦笑)
腹を立てているマニアは僕だけではないでしょう。

以前、「ライトユーザーとヘビーユーザー」でも書いたように
日本のセルDVD市場を支えているのは、一握りのマニアです。
そのマニアの多くは、少なくとも洋画に関しては、
従来のDVDから次世代光ディスク(主にBDでしょうが)に
徐々にコレクションを移そうと考えていると思います。
ほとんどのマニアは既にHV対応のAV環境を整えていますし、
ソフトの値段にも大差はないのですから、これは当然の流れです。
ですから、今年度のセルDVD市場の売上げは、
確実に「前年比で大幅な減少」になると予想されます。

事実、最近アマゾンのDVDランキングなどを見ても
売れているのはアニメや邦画、日本の音楽DVDやTVドラマ、
バラエティ番組のDVDが中心で、洋画タイトルは
驚くほど少なくなっています。
国内市場に限って言えば、次世代光ディスクの買い手は
ほぼ100%マニアで、DVDの購買層とモロに被っているのですから、
将来的に次世代光ディスクに移行するのが目に見えている
米国のメジャースタジオの新作タイトルをわざわざDVDで買う人は
どんどん減って来ているはずです。

そこに持って来て、
今回の次世代光ディスク版「硫黄島2部作」の発売です。
上のDVD版の値段を見て下さい。
片や40%OFFで、片や30%OFFのバーゲン価格です。
そりゃそうです。
BD版とHD DVD版がリリースされた今となっては
次世代ディスクと同様「マニアしか買わない」二枚組DVDなど、
売れる筈もありません。(苦笑)


少なくとも僕は、今後、
洋画の新作DVD(国内盤)は買い控えようと思っています。
新作タイトルのリリースが圧倒的に早いため、
次世代光ディスクと同時発売ではない米国盤の新作DVDは
今後も買い続けると思いますが、
それでもそのタイトルがメジャースタジオのものであれば
恐らく、しばらく様子見をすることになると思います。

問題は、ネット通販の場合、
発売前に予約しておかないと値引率が下がって
負担が増えてしまうという点です。
DVD予約受付け開始時に、
次世代光ディスク版の発売がアナウンスされていれば
それほど悩まなくて済むわけですが、今回のような騙し討ちw
も往々にしてあるでしょうから、それが問題ですよねぇ…。
結局は、知識と情報収集によるリリース予想が
決め手となるでしょうか。

日本のマニアは、米国のユーザー以上に、特典の内容にも
画質・音質に対しても要求が厳しい、ということを
米国の海外用次世代光ディスク製作現場の人間が
まったく分かっていないのが、そもそも一番の問題なのです。
米国市場とは違い、日本のセルソフト市場に
「ライトユーザー」はほとんどいないということを
このままメジャースタジオ、ソフトメーカー側が
充分理解しないまま時間が過ぎていってしまうと、
我々、日本のソフトマニアとソフト販売メーカーとの関係は、
両者にとって、益々不幸なものになってゆくのではないかと
危惧せずにはいられません。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/08/15 00:06 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する