7月に購入したDVD(+Blu-ray Disc) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

7月に購入したDVD(+Blu-ray Disc) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
HOME > DVD、BD、HD DVD > 7月に購入したDVD(+Blu-ray Disc)

7月に購入したDVD(+Blu-ray Disc)

昨夜のサッカー日本代表、AFCアジアカップ
対サウジ戦は残念な結果に終わってしまいましたね。
これで三連覇は無くなり、コンフェデにも
出れなくなりましたが、まあ、ずっと勝ち続けろというのも
無理な注文ですので、悔しいですが仕方ないかなとも思います。
今回に限って云えば、サウジのほうが一枚上手だった
ということでしょう。
それに、まだ韓国との三位決定戦があります。
次回のアジアカップのシード権が絡みますので
ぜひもう一度、奮起してもらいたいものです。


それはともかく、ちょっと早いですが、
今月もここ一ヶ月間で購入したソフトを
記録しておきたいと思います。
(以下、長文御免)


■国内盤

秒速5センチメートル 通常版
どろろ コレクターズ・エディション
ゲド戦記
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション
守護神 (Blu-ray Disc)
ハッピー フィート (Blu-ray Disc)
許されざる者 (Blu-ray Disc)
燃えよドラゴン (Blu-ray Disc)


■米国盤

300 [Blu-ray] (2007)
 「300」 (Blu-ray Disc)

Shooter [Blu-ray] (2007)
 「ザ・シューター/極大射程」 (Blu-ray Disc)



まずは、国内盤DVDの寸評から。

秒速5センチメートル」は
「雲のむこう、約束の場所」の新海誠監督の新作です。
前作とは違い、本編は約63分しかありませんので
中編アニメ映画というところですが、結構、満腹感はあり、
特に短いという感じはしませんでした。
好き嫌いが分かれる作風だとは思いますが、
個人的には100点満点で80点くらいは楽にいっていると
思います。

今回はSFだった前二作とは違い、
恋愛をテーマにした、リアルな物語といった感じですが、
そこはそこ、新海誠アニメということで、
相変わらず、背景画などの美術の美しさと緻密さ、
リリカルで淡々とした独白中心の脚本(彼はアニメ界の倉本聰
ですなw)が大きな特徴となっています。
映像は、全編デジタルで製作されたアニメということと
収録時間が短いということもあって、
DVDの限界に挑戦するような高画質ぶりでした。

僕が買ったのは安い通常版のほうです。
特典映像の監督インタビューを見ていますと、
新海さんは、落ち着いた物静かな語り口で
非常に理路整然とした喋りをなさる方で、
これなら、雑誌等でインタビューをそのまま活字にしても
ほとんど修正や編集を必要としないだろうなぁ
と、変なところで感心してしまいましたw。
僕などは、映画など好きなことについて喋っていても
アチコチ脱線したりして、結局、支離滅裂になることが
多いので(苦笑)、こういう知的な喋りが出来る方を見ると
単純に憧れてしまいますw。


未見だった「ゲド戦記」は
圧倒的に酷評・悪評のほうが目立ちましたが、
昨年最もヒットした邦画(興行収入、約77億円)作品
ですので、一応、買ってみました。
見終わっての感想は、なるほど駄作だなぁ
というところです。
100点満点で40点というところでしょう。

演出以前に脚本がダメ過ぎました。
キャラクターがまったく描けていませんし、
ストーリーは大穴だらけ、その上、
ジブリアニメらしい印象的な見せ場シーンも
ほとんど無いのですから、話になりません。
それから、クライマックスの一連のシーンで、
絵のクオリティが極端に低くなったのも気になりました。

新人監督(素人監督?)によるアニメ化を渋る原作者に、
宮崎駿監督が「脚本を含め、僕が責任を持つ」と云って
説得したらしいですが、結局、彼が脚本や絵コンテに
目を通した事実はなかったようですね。



地球温暖化問題に取り組むアル・ゴアを追った
ドキュメント映画「不都合な真実」は
数ヶ月前に米国盤が出ていましたが、
国内盤の発売を待って買いました。
この作品は、第79回アカデミー賞にて
「最優秀長編ドキュメンタリー賞」と「最優秀歌曲賞」を
受賞しています。

良い意味でのプロパガンダ作品で、
これを観たらほとんどの人が「CO2の削減をしないと
人類は近い将来、大変な災難に見舞われる」という
危機感を抱くと思います。
ゴア氏が説く「地球温暖化」については、
人によって意見の相違もあるかもしれませんが、
映画としての完成度は高く、その衝撃度も加味すると、
100点満点で90点というところですw。

マイケル・ムーアによればw、ブッシュ陣営の陰謀で
大統領になりそこねたアル・ゴア氏ですが、
彼がもしあの時、大統領選に勝利していたら
アメリカ国内はいうに及ばず、現在の世界情勢は
どのようになっていたのかと、ついつい考えてしまいます。
少なくとも第二次イラク戦争は起こっていないでしょう。

ただ、一枚のセルDVDとしてみますと、
4,179円(税込)という高い価格設定と、
再生紙製の薄いケースってのは、
やめてもらいたかったですね。
こんな、とって付けたような「エコ」を
メーカー(パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン)
がやっても、ヤラしいだけです。
伝えるべきは作品内のメッセージでしょう。
ケースなど、量産効果で一番安い普通のケースにして、
損得抜きで、ギリギリの低価格で発売し、
一人でも多くの人に見てもらう、というのが本筋ではないですか。
その点でパラマウントは、100点満点で10点ですねw。



米国DVD発売から一年近く経って、やっと
世界最速のインディアン」の国内盤が発売になります。
(27日発売ですから店頭には今日の午後には並ぶでしょう)

若い人が観たらどうか分かりませんが、
中年以降の男性にはとても励みになる作品だと思います。(苦笑)
特に団塊の世代のお父さんたちに是非観て頂きたいですね。
実話とは思えないお話で、100点満点で95点はあげたい傑作です。



ちょっと長くなってしまったので、
国内盤のBlu-ray Disc、4タイトルについては、
また機会を改めて書かせてもらいます。



米国盤の二枚については、31日が発売日ですので、
実はまだ発送もされていません。(苦笑)

その代わりと云ってはなんですが、
こちらの記事でも触れた、
4作品の米国BDの簡単な感想でも。


Black Snake Moan [Blu-ray]
 「ブラック・スネーク・モーン」(Blu-ray)

前評判ほど過激な内容でもなく、
逆に意外と癒し系w映画だったのが印象的でした。
いかにも低予算な作品ですが、中身は悪くありません。
100点満点で80点といったところでしょうか。


Bridge to Terabithia [Blu-ray]
 「テラビシアにかける橋(仮題)」(Blu-ray)

ディズニーのファンタジー映画というところからすると
衝撃のストーリー展開で、ちょっと驚きます。
全編、ニュージーランド・ロケで撮影されており、
SFXやVFXもピーター・ジャクソン御用達のWETAスタジオが
担当しています。
ただ、指輪物語のような完全なファンタジーとは違い、
ストーリーは、ふたりの子供たち(男女)の友情、
家族、学校生活などが主で、SFXやVFXの見せ場は
期待したほど多くはありませんでした。
(「テラビシア」はふたりが自宅近くの森で遊ぶ中で
 作り出した、ファンタジー世界の名称)
米国ではソコソコ、ヒットしたようですが、
ちょっと地味な作品なので、日本では劇場公開されるか、
微妙なところだと思います。
100点満点で75点というところでしょうか。

主役の子供たちのうちの女の子の方(アンナソフィア・ロブ)は、
どこかで見た顔だなぁと思っていたのですが、
ティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場」で
チューイングガム少女を演じていた子役でした。
他に、男の子の父親役でターミネーター2の「T1000」こと、
ロバート・パトリックが出演しています。


Breach (Combo HD DVD and Standard DVD) [HD DVD]
 「ブリーチ(原題)」(HD DVD)

実話の映画化ということで、劇的な展開には乏しいものの
キリキリするような心理戦がリアルに描かれていました。
スパイ役のクリス・クーパーを始めとして
キャストの演技はどれも見事でしたが、
こちらもウリの派手さはないので、日本公開されるかは
微妙なところだと思います。
100点満点で80点といったところでしょうか。


Dead Silence (Unrated) [HD DVD]
 「デッド・サイレンス(原題)」(HD DVD)

まあ、お金はそれなりにかかっていますし、
決して悪くはないデキですが、「SAW ソウ」ほどの斬新さは
残念ながら感じられませんでした。
人形モノのホラーってのは今更という気もしますしねぇ。
100点満点で75点くらいでしょうか。

特典のメイキング映像のジェームス・ワン監督は、
背が低く、華奢な上に、中国系ということを差し引いても
かなり幼く見える顔立ちで、まるで高校生がハリウッド映画の
監督をやっているようで、ちょっと滑稽でした。(笑)



最後に、
購入から半年経ち、ほぼ一杯になってしまった為、
I.O DETAのHDDレコーダー「Rec-POT R HVR-HD800R」を
昨夜、もう一台、注文しました。
取り寄せなので、到着するのは早くて4日後くらいでしょう。
しかし、その前にラックに場所を作らなければなりません。
あまり使っていない機器を押入れに片付けたり、
ちょっとした大掃除になりそうです。(鬱)
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/07/26 10:01 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する