赤城山 (その三) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

赤城山 (その三) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
HOME > 旅行・聖地巡礼 > 赤城山 (その三)

赤城山 (その三)

赤城高原牧場 クローネンベルク

赤城高原まで戻り、国道352号に沿って
「赤城高原牧場 クローネンベルク」に向かいました。

公式サイトの概要では、
「群馬県赤城高原の大自然の中にのどかに広がる牧場と
ドイツの農村の町並み。食べたり、見たり、体験したり、
「ドイツの田舎」を心ゆくまでお楽しみいただける
テーマパーク」とあります。
10時ちょっと過ぎに着いて、早速入場しました。




ドイツ村が売りの牧場テーマパークということで
期待して来てみたのですが、ドイツ村というワリには
それらしい建物は、入場してすぐの時計台の広場を中心に
何軒かある程度で、心底ガッカリしました。(苦笑)

ドイツ村

ドイツ村にあるレストラン

このブログ記事の冒頭は、
「日本の皆さん、こんにちは。
 僕は今、ドイツはバイエルン地方にある
 とある村に来ています。
(数枚の写真を挟んで、「続きを読む」の設定)
 …というのは嘘でw」とやりたかったのですが、
建物も微妙にドイツらしくないですし、
これではとても無理だなぁと、早々に諦めました。(苦笑)
来る前に僕が想像していたのは、岡山県にある
「倉敷チボリ公園」の「オールド・コペンハーゲン」
地区のようなドイツ村だったのですが…。
倉敷チボリ公園
山陽・九州旅行二日目 岡山→鷲羽山→倉敷

まあ、ドイツ製の土産品や、
ドイツの製法によるパンやソーセージ、乳製品、
地ビールなどの製造と販売まで含めて「ドイツ村」
ということなのでしょう。
ただ、園内を進むにつれ「ドイツ」風は
すっかりどこかに行ってしまい、
マイナーなテーマパークにありがちな
子供向けアトラクションやゲームセンター
などばかりが目に付くようになりました。

要は、ちょっと規模の大きな観光牧場という感じですね。
しかし、まあ、季節の花々(この時はバラ園)や、
牛や羊、馬などとの触れ合いが楽しめる点は確かですので、
小さなお子さんのいるご家族連れには良いところかもしれません。
なんだかんだ云いながら、僕も小一時間はウロウロ
していましたのでw。








平日の午前中ということもあってか、
休止のアトラクションや施設が多く、
園内で見掛けたお客さんは非常に疎らでした。
庭師や飼育係、店員などの従業員の方が
客より多いのではないかと、人事ながら
心配になった程です。(苦笑)
いい歳をした野郎一人は、もちろん僕だけ(汗)で、
他は、主婦のグループが何組かと、
子供を連れた家族連れが2、3組くらいだったと思います。

帰りに例の「ドイツ村」にあるレストランで
自家製ソーセージを中心とした定食を食べました。
レジで料金を払い、トレイを持ってカウンターに行くと
あまり時間を置かずに厨房の窓から食事が出て来るという、
TDLやTDS、USJなどのレストランではお馴染みのスタイル
でしたが、どうやら僕がこの日初めての客らしい
(広い店内に僕一人)ということを考えると、
「いつ料理したんだよ」と、ちょっと恐くなりましたw。
ただ、僕が食事している間に、もうすぐ到着するという
30人程の団体客の食事の用意をしておりましたので、
もちろん料理は作りたてだったのでしょう。
味についてはあえて申しません…w。


ぐんまフラワーパーク

「クローネンベルク」を出て、
近くにある「ぐんまフラワーパーク」を
覗きに行きました。
こちらは県立だけに広大な敷地を有する
緑と花のテーマパークです。
ぐんまフラワーパーク

ぐんまフラワーパーク

ぐんまフラワーパーク


もうお昼ということもあるでしょうが、
こちらの駐車場にはかなりの車と観光バスがありました。
ただ、野郎ひとりで花を見ても仕方がないので
入口だけ覗いて帰ることにしました。

なお、「赤城高原牧場クローネンベルク・ドイツ村」と
「ぐんまフラワーパーク」は同じ管理会社が運営しており、
「あかぎ南麓ゆうゆうチケット」という共通入園券を
発売しております。
別々に購入するより500円もお得な1,200円です。



ここからは余談ですが、
両パークを管理する「ぐんまフラワー管理株式会社」は
いろいろと不祥事を抱えているようです。
指定管理者制度って、どうなの?:
 【群馬県】ぐんまフラワーパーク問題、
 経営透明化や活性化なおざり

全国にテーマパークは腐るほどありますが、
「東京ディズニーリゾート」や「USJ」などの
有名テーマパークを除くと、大成功しているところは
ほぼ皆無というのが現状なのでしょうねぇ。



帰る途中で実家に寄りました。
2006年の春に結婚した一番下の妹夫婦が現在
家を新築中なのですが、リビングに置く薄型TVについて
僕に相談したいと云っていたと母から聞いて
妹に電話して来てもらいました。
下の写真はその妹の初めての子供で
現在八ヶ月になります。
ちょっと太っちょで一見、男の子みたいですが、
これでも女の子なんですよ。(笑)



この姪っ子、とても愛想が良い子で、
僕と目が合うと意味も無くニコニコしますw。
妹いわく、既に「男好き」なのだそうですw。


温泉宿の日帰り入浴には時間が早かったり、
最寄の日帰り温泉施設は休館日だったりで、
結局、赤城では温泉に入れませんでしたが、
実家に、近くのスーパー銭湯の無料券があったので
その券で、ひと風呂浴びてから帰りましたw。
最後は余談ばかりになり、すみませんw。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/07/19 14:57 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(3)
温泉、残念でしたね…。
でも、いつも色んな所にお出掛けになられますね。旅行もご趣味なんですね。
いつも思うんですけど、写真うまいです。特別なカメラで撮られているのですか?
ドイツに来ています、やって欲しかったです(苦笑)
可愛い姪御さんですね。赤ちゃんに好かれるなんて、きっと岩窟王さんは良い人なんでしょうね。
[ 2007/07/19 15:17 ] [ 編集 ]
pikiさん、こんにちは。
あまりに早いコメントに驚きましたw。

> 旅行もご趣味なんですね

最近、部屋にこもって映画ばかり観ていちゃ
不健康という以上に、人としてダメなんじゃないかとw
思うようになりまして、暇があると
出掛けたくなるんですよねぇ。
と云ってもほとんど近場ばかりですけどw。

> 特別なカメラで撮られているのですか?

いや、別に普通のデジカメ(FinePix F11)でオート撮影
しているだけです。(汗)

> ドイツに来ています、やって欲しかったです(苦笑)

そうですかねぇ。
まあ、あまりにショボイので
それらしく見えるカットを探して撮ったんですけどw。
[ 2007/07/19 15:42 ] [ 編集 ]
驚かせてしまって、ご、ごめんなさい。
以後気をつけます。
[ 2007/07/25 15:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する