麦の穂をゆらす風 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

麦の穂をゆらす風 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
HOME > DVD、BD、HD DVD > 麦の穂をゆらす風

麦の穂をゆらす風

6月に購入したDVD(+BD+HD DVD)」の続きです。

ケン・ローチ監督の「麦の穂をゆらす風」は、
1920年代のアイルランド独立闘争に身を捧げた
名もない義勇軍兵士達を描いた、
2006年カンヌ映画祭パルムドール受賞作品です。

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション 麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション
キリアン・マーフィー (2007/04/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

秀作だとは思いますが、同時代を舞台にした
ニール・ジョーダン監督の『マイケル・コリンズ』
(こちらは実録モノ)ほどの大作感はありません。
100点満点で85点というところではないでしょうか。

マイケル・コリンズ 特別版 マイケル・コリンズ 特別版
リーアム・ニーソン (2007/04/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


『マイケル・コリンズ』の中でも描かれていましたが、
アイルランドに対する、英国の植民地政策が、
あれほど残酷で理不尽なものだったのかと、
『麦の穂をゆらす風』を観て改めて呆れてしまいました。
他国民を恐怖や暴力で支配しようとしたら
手痛いしっぺ返しにあうのは自明でしょうにねぇ。
(まあ、戦前・戦中の朝鮮、中国に対する
 日本の植民地政策も実際は似たようなものだった
 のでしょうが…)

後半、英国人に虐げたれ、「アイルランド独立」
という同じ信念を持って闘った者(兄弟・友人)同士が、
和平条約の評価で分裂し、否応なく内戦状態に
なってゆく様は、実に痛ましい限りでした。

亡き淀川長治さんは、「人生は映画で学んだ」という名言
を残していますが、こういう作品を観ますと、
映画は歴史の教材でもあるとシミジミ感じます。

アイルランドの歴史 『ウィキペディア(Wikipedia)』
IRA 『ウィキペディア(Wikipedia)』

アイルランドを舞台にした作品は、
他にも結構あります。
今、パッと思い浮かぶだけでも
ジョン・フォード監督の『静かなる男』、
デイビッド・リーン監督の『ライアンの娘』、
ジム・シェリダン監督の『父の祈りを』と、
『マイ・レフト・フット』(DVD未発売)、
ニール・ジョーダン監督の『クライング・ゲーム』、
アラン・パーカー監督の『アンジェラの灰』
などがありますが、僕の一番のお気に入りは、
政治とはまったく無関係な音楽群像劇、
『ザ・コミットメンツ』(アラン・パーカー)
ですね。(笑)

静かなる男 静かなる男
フランシス・フォード、ウォード・ボンド 他 (2006/12/14)
ファーストトレーディング
この商品の詳細を見る

ライアンの娘 特別版 ライアンの娘 特別版
ロバート・ミッチャム (2007/01/26)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

父の祈りを 父の祈りを
ダニエル・デイ=ルイス (2007/05/10)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る

クライング・ゲーム DTSスペシャル・エディション クライング・ゲーム DTSスペシャル・エディション
スティーヴン・レイ (2005/03/11)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

アンジェラの灰 特別編 アンジェラの灰 特別編
エミリー・ワトソン (2001/04/27)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

ザ・コミットメンツ [MGMライオン・キャンペーン] ザ・コミットメンツ [MGMライオン・キャンペーン]
ロバート・アーキンズ (2007/01/19)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/07/04 08:24 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する