2007年5月に購入したDVD(+BD) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

2007年5月に購入したDVD(+BD) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > DVD、BD、HD DVD > 2007年5月に購入したDVD(+BD)

2007年5月に購入したDVD(+BD)

ちょっと遅れてしまいましたが、
毎月恒例の「今月購入したソフト」です。

■国内盤

父親たちの星条旗 (特別版)
ハイスクール・ミュージカル
家族
故郷
同胞
遙かなる山の呼び声
キネマの天地
学校
息子
ただ、君を愛してる スタンダード・エディション
涙そうそう スタンダード・エディション
パプリカ (Blu-ray Disc)
スーパーマン リターンズ (Blu-ray Disc)
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち (Blu-ray Disc)
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (Blu-ray Disc)
007/カジノロワイヤル (Blu-ray Disc)


■米国盤

The Queen [Blu-ray]
 「クィーン」 (Blu-ray Disc)

Dreamgirls (Two-Disc Showstopper Edition) [Blu-ray]
 「ドリームガールズ」 (Blu-ray Disc)

Mel Gibson's Apocalypto [Blu-ray]
 「アポカリプト」 (Blu-ray Disc)

The Fountain [Blu-ray]
 「ファウンテン 永遠につづく愛」 (Blu-ray Disc)

Pan's Labyrinth (New Line Platinum Series)
 「パンズ・ラビリンス」



本日発売の「リトル・ミス・サンシャイン」と共に
昨日発売の「武士の一分 豪華版」が先ほど到着しました。

松竹ではこの「武士の一分」のソフト化を記念して
「山田洋次監督作品DVDセレクション30」という
廉価DVDキャンペーンを5月25日から行っております。
山田監督の過去の30作品が2,800円均一というキャンペーンです。
http://www.shochiku.co.jp/video/campaign/yamada/index.html

ご記憶の方もいらっしゃるでしょうが、
「武士の一分」の劇場公開時にも同様の廉価DVDキャンペーン
が行われていました。

その時、僕が買ったのは
「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」と
「隠し剣 鬼の爪」だけでした。
しかし、先日、小諸の「渥美清 こもろ寅さん会館」で購入した
「山田洋次 作品クロニクル」と云う、
ぴあ出版の大型本を読了して、いたく感激してしまい、
過去に映画館、ビデオ、TV放送、他で観たことのある、
「男はつらいよ」シリーズ以外の山田監督の代表作数本を
25%OFF(アマゾンの予約価格)で買えるこの機会に
思い切って揃えておくことにしました。
この中でまったくの未見なのは、「家族」、「故郷」と
三部作を成す、「同胞(はらから)」のみです。

山田洋次 作品クロニクル 山田洋次 作品クロニクル
山田 洋次 (2005/03/28)
ぴあ
この商品の詳細を見る

山田監督のDVDは、寅さん映画を加えると、
これで40枚近くになったと思います。
ウチのDVDコレクションの中でも監督別の作品枚数では、
ダントツのトップです。(笑)
黒澤監督の作品でもダブリを入れて20枚前後ですからねぇ。
まあ、プログラム・ピクチャーも手掛けた山田監督は
それだけ作品数が多いということなのですが…。


「ハイスクール・ミュージカル」は
日本ではほとんど話題になりませんでしたが、
米国のアマゾンDVDランキングで、ずいぶんと長い間
ベスト5圏内に留まっていた作品で、ずっと気になっていました。
それがやっと国内盤で出たので中身も知らずに購入ですw。

「ただ、君を愛してる」と「涙そうそう」は
わりと評判が良いようなので恥ずかしながら買ってみました。(汗)
発売からしばらく経って買ったワケは、
買おうかやめようか、随分と悩んでいたためです。(苦笑)
観た後の感想は、…またの機会にw。


「スーパーマン リターンズ」は、
北米盤ではHD DVDの方を買ったのですが、
日本盤は将来性を考えてBDにしました。(苦笑)

亡き、クリストファー・リーヴ主演の
映画「スーパーマン」シリーズは、
『スーパーマン』(Superman) 1978年
『スーパーマン2 冒険編』(Superman II) 1981年
『スーパーマン3 電子の要塞』(Superman III) 1983年
『スーパーマン4 最強の敵』(Superman IV: The Quest for Peace)
 1987年、と4本作られましたが、
ブライアン・シンガー監督の「Superman Returns」は、
リチャード・ドナー監督が演出した一作目の「Superman」と
「Superman II」(途中で降板し、ビートルズ映画でお馴染みの
リチャード・レスター監督が一部撮り直して仕上げた)の
直接の続編(2から五年後)という設定になっています。
リチャード・ドナー版のスーパーマンを敬愛するシンガーは
キャラクター設定はもちろん、
カメラの画調からストーリーの語り口まで、
ドナー版を踏襲して作っていて、微笑ましい限りです。
本作をご覧になる際は、その前に「スーパーマン2 冒険編」を
ご覧になっておくことをお勧めします。
そうしないと、ロイス・レーンにあんな子供がいる意味が
まったく分かりません。

【長くなったので、この続きはまたにします】
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/06/02 12:12 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(4)
あのコメ消えてる、よかった!ホッ
でも王国のロビン・ウィリアムス会員名簿が悲しい事になってるんですけど…
[ 2007/06/06 12:09 ] [ 編集 ]
どうもすみません。
ここはスパムにはかなり強いので
トラックバックは認証制にしているものの
コメント欄は自由に書き込める設定にしております。
まあ、それでもたまにエロ系のスパム投稿がありますが、
見付け次第、削除しておりますので、
ご不快でしょうが、ご了承下さい。

一方、あちらで借りているOTD(livedoor)の無料BBSは
スパム投稿にめっぽう弱いんですよ。
最近、いくらか対策が強化されたようですが
皆無というわけにはいかないようです。
まあ、あのコンテンツ自体、更新を停止中なので、
なかなか目が届かなくて、申し訳ありません。(大汗)

[ 2007/06/07 01:02 ] [ 編集 ]
わざわざ、すみません。
岩窟王さんの王国とブログの大ファンなので、いろいろ勉強させて貰ってます。これからも頑張ってくださいね。
[ 2007/06/07 18:02 ] [ 編集 ]
ありがとうございます♪
pikiさんも映画のブログをやってらっしゃるようですね。
慣れるまでは大変だと思いますが、
更新、頑張って下さいませ!
(人事ではありませんがw)
[ 2007/06/08 06:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する