「日本沈没」(2006年版・HV・5.1Ch・WOWOW) Cinema Kingdom Blog

「日本沈没」(2006年版・HV・5.1Ch・WOWOW) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > 「日本沈没」(2006年版・HV・5.1Ch・WOWOW)HOME > 映画 > 「日本沈没」(2006年版・HV・5.1Ch・WOWOW)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「日本沈没」(2006年版・HV・5.1Ch・WOWOW)

最初にお断りしておきますが、
この記事にはなんの価値もありません。
「日本沈没」の詳細な紹介や感想は読めませんし、
メイキング話も出て来ません。
今日はただの雑談モードで気楽に書いています。
(逆に云えば、普段の記事は、誰かの参考になればと
 時間と労力をかけながら書いているということです)


最近、リアルタイムでTV放送を見ることが
ほとんどなくなりました。
地上波はHDD&DVDレコーダー「TOSHIBA RD-X5」
で録画して、たまってくると早送りをしながら見て、
見終わるとほとんど消去というパターンですし、
BSハイビジョン放送も一週間に一度程度の頻度で
まとめて録画予約をし、それを「Rec-POT R」で見る
というパターンです。


表題の「日本沈没」(2006年版・HV・5.1Ch・WOWOW)も
5月に放送があることは知っていたのですが、
初回放送時の予約をすっかり忘れてしまっていたので
昨日(19日)の放送分を予約しておきました。

今朝、帰宅してWEGA(TV)の前のスクリーンを外して
(最近、映画はほぼ100%プロジェクター鑑賞なので、
 普段はスクリーンも出しっ放しになっています)みますと、
メールのランプが点灯していました。
このランプが点灯するのは、大概、録画ミスがあった時です。

早速、メールを確認してみると、
「雨や雪の為、録画されていない恐れがあります」との事。
確かに昨日はけっこう激しい夕立が降ったようです。
(その頃は仕事に備えて寝ていましたがw)

本編を確認してみましたら、途中、5分程度の場面なのですが、
何度かブロックノイズが出て、同期が取れていない箇所が
ありました。

2006年版の「日本沈没」は、
手放しではほめられない部分(不満点)はあるものの、
特撮シーンの見所が多い、樋口真嗣監督の話題作ですので、
見終わっても消去しないで保存しておくつもりでいました。
このHV版は、日本映画にしてはかなり優秀な画質でしたので、
瑕疵があるかと思うと、余計に残念です。
そこで、WOWOWのサイトで「日本沈没」を検索し、
近々、また放送があるのかどうかを調べてみました。
(余談ですが、TBS製作の映画なのに、なぜBS-iではなくて
 WOWOWで初放送なんですかねぇ?)

松竹は、HD DVDソフトを発売していますが、
それ以外の邦画が、次世代光ディスクで発売されるように
なるのは、まだかなり先の話でしょう。
それまでは、日本映画をハイビジョン画質で楽しみたかったら
HV放送時を見逃さずに録画しておくしか、方法がありません。
幸い、「日本沈没」は、6月9日(土)に三度目のHV放送が
あるとのことで、ホッと一安心致しました。
間違いなく予約し、今度は大雨が降らないことを祈ります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/05/20 12:09 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。