妙義山へ Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

妙義山へ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
HOME > 旅行・聖地巡礼 > 妙義山へ

妙義山へ

ゴールデンウィーク(僕は通常勤務でした)が明けた
10日(水)に、群馬の妙義山(みょうぎさん)まで
行って来ました。
最後に行ったのは確か10年以上前ですので、
かなり久々の訪問となります。

「妙義町立ふるさと美術館」からの妙義山の眺め
     「妙義町立ふるさと美術館」からの妙義山の眺め
     ※クリックすると大きな画像でご覧いただけます※

妙義山は、赤城山、榛名山と共に
「上毛三山」に数えられる名山です。
奇岩怪石の集塊岩地形から、
耶馬渓(やばけい。大分県北西部、山国川流域一帯の景勝地)、
寒霞渓(かんかけい。香川県、瀬戸内海国立公園内)と並ぶ
「日本三大奇勝」の一つとして知られています。

妙義山は、一般に中木川の東西で区分され、
東側を表妙義、西側を裏妙義と呼ぶのだそうです。
表妙義は白雲山(1103.8M)・金洞山(1104M)・金鶏山(856M)、
裏妙義には谷急山(1162.1M)・御岳(963.2M)などがありますが
今回、僕が行ったのは、ポピュラーな表妙義の方です。


白雲山の東麓にある「みょうぎ物産センター」
(道の駅「みょうぎ」)の駐車場から
白雲山の登山口にもなっている「妙義神社」に
向かいました。
道路に面した大鳥居までは歩いてすぐの距離ですが、
ここから参道の坂をどんどん登って行きます。

妙義神社





坂や石段をフウフウ言って十数分登った先に
妙義神社の本殿(国指定重要文化財)がありました。
平成元年に修復を終えたばかりとのことで、
まだまだピカピカです。





妙義神社(みょうぎじんじゃ)の文化財(ぶんかざい)

連休明けということもあってか、ほかに人影もなく、
しばらくベンチに座って、鳥のさえずりを聞きながら
マッタリと和みました。
神社裏の崖にあるモミジの新緑が鮮やかで綺麗でした。
晩秋には紅葉がさぞ見事なのでしょうね。




神社を後にして「みょうぎ物産センター」の駐車場まで戻り、
すぐ上にある「妙義町立ふるさと美術館」に向かいました。


ここからの妙義山の眺めは素晴らしかったです。
手前の菜の花も綺麗で、写真を撮った後は、
木陰の芝生に寝転んで、しばらく風景に見惚れていました。



ご覧のように快晴でしたが、まだ午前中だったので
気温もさわやかで、風が気持ち良かったです。


その「妙義町立ふるさと美術館」のすぐ隣下には、
日帰り温泉施設の「妙義ふれあいプラザ」があります。



道の駅にしてもこの両施設にしてもまだまだ新しい印象です。
今回、久々に訪れるまで、妙義にこんなに施設が出来ていた
なんて、まったく知りませんでした。


「妙義ふれあいプラザ」の玄関を覗くと、
ちょうど開館時間になったばかりだったので
入ってみることにしました。(3時間500円)

ここの露天風呂は、大きさは平均的なものの
眺望が最高でした。(写真で云うと館の裏側)
写真撮影が禁止だったので景色は撮れませんでしたが
関東平野が一望に見下ろせるのです。
この露天風呂に入る為だけに、
ここまで来る価値が充分あると思いました。

妙義山は昔から、山伏が修行した、
険しい山岳修験道がある山ですが、
いくつか初心者向きの登山コースもあります。
僕も若い頃に金洞山の石門巡りをしたことがありますが
山歩きの後にここのお風呂に入ったら
さぞ気持ちが良いことでしょう。


妙義荒船佐久国定公園「妙義山」
妙義山 さくらの里
妙義山 Wikipedia
じゃらん.net「藤岡・碓氷・磯部・妙義」
じゃらん.net「妙義神社」
じゃらん.net「みょうぎ物産センター(道の駅「みょうぎ」)」
じゃらん.net「妙義町立ふるさと美術館」
じゃらん.net「妙義ふれあいプラザ」
じゃらん.net「妙義山さくらの里」
じゃらん.net「荒船山」
じゃらん.net「神津牧場」




関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/05/17 06:22 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する