「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一) Cinema Kingdom Blog

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一)HOME > 男はつらいよ > 「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一)

信州小諸へ

3月28日に「葛飾柴又 寅さん記念館」に出掛けましたが
桜の開花を待って、今度は信州の小諸まで行って来ました。
「男はつらいよ」ゆかりのもうひとつの資料館
渥美清こもろ寅さん会館」を訪問する為です。


僕がまだ高校生だった頃、
はじめて友人と泊まりがけの旅をしたのが信州でした。
その時は、小諸、上田、別所温泉、松本、安曇野、
木曽福島と三泊四日で周ったのですが、
八ヶ岳高原を走る小海線の拠点となる小諸には
清里・野辺山への旅などの際に、その後も何度か
寄っております。
ただ、20代になり、鉄道より車が旅の手段となるにつれ、
松本方面から上田経由で軽井沢方面に抜ける際などに、
通り過ぎることはあっても
小諸の町自体を目的地にして出掛けたのは
高校生の時にはじめて訪れた旅以来かもしれません。

僕が若い頃の小諸駅は、信越本線の駅で、
埼玉から急行列車や特急列車に乗れば、
横川、碓氷峠、軽井沢を通って、乗り換え無しで行けました。
しかし、1997年10月の長野新幹線(北陸新幹線)開業に伴い、
現在は、第三セクター「しなの鉄道」の駅となっております。

出発当日の4月19日(木)の朝、
ネットで天気を調べた際に、昨夜、軽井沢に
季節外れの雪が降ったことを知りました。
長野新幹線・軽井沢駅手前のトンネルを出ると
確かに雪が見えました。



軽井沢駅の温度は9度。少しひんやりしています。
しかし、天気は良くて、安心しました。

すぐに小諸行きのしなの鉄道に乗り換え、
車窓ののどかな風景を眺めながら走ること20数分で
目的地の小諸駅に到着しました。





長野新幹線を使ったことで、
軽井沢駅での乗り換え時間を入れても
普通列車で柴又まで行くより、30分も早く着きましたw。



「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一)(この記事です)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その二)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その三)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その四)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その五)

東京は葛飾柴又です (その一)「京成電鉄 柴又駅」
東京は葛飾柴又です (そのニ)「帝釈天参道」
東京は葛飾柴又です (その三)「柴又帝釈天」
東京は葛飾柴又です (その四)「葛飾柴又 寅さん記念館」
東京は葛飾柴又です (その五)「くるま菓子舗(くるまや)」
東京は葛飾柴又です (その六)「くるま菓子舗(くるまや)住居部」
東京は葛飾柴又です (その七)「寅さん記念館 資料展示コーナー」
東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」


関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/04/22 13:39 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。