DVDプレイヤー 「YAMAHA DVD-S1700」到着 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

DVDプレイヤー 「YAMAHA DVD-S1700」到着 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
HOME > ホームシアター > DVDプレイヤー 「YAMAHA DVD-S1700」到着

DVDプレイヤー 「YAMAHA DVD-S1700」到着

YAMAHAのDVDプレイヤー「DVD-S1700」注文

注文していた「DVD-S1700」が三日前に到着しました。



DVD-S1700 | ホームシアター・AV関連 | YAMAHA
YAMAHA ニュースリリース
DVD-S1700 【価格.com】
価格.com クチコミ掲示板 サマルカンドさんのレポート
楽天市場 「DVD-S1700」検索結果


早速、「DVD-V880」を退かして設置です。
「DVD-S1700」の電源インレットは「DVD-V880」と同じく
「メガネインレットタイプ」ですので、
使用していた「根岸通信」さんの電源ケーブル
「ZAC2」(規格品)をそのまま流用しました。

接続はHDMI端子と光デジタル端子だけですので
至って簡単です。
(HDMIケーブルは「BelkinのPureAVケーブル」)

考えてみますと、プロジェクタ用のDVDプレイヤーは
映像も音声もデジタル接続だけになりますので、
「DVD-S1700」に搭載されている映像DACや音声DACの評価
(アナログ接続の性能評価)は割愛させていただきます。




まずは、とりあえずリージョンフリーにするべく、
コマンド入力をしてみました。

※「YAMAHA DVD-S1700」リージョンフリー手順
1.本体の電源ボタンで電源を入れる
2.本体のトレイ・ボタンでトレイを開ける
3.リモコンで「Clear」、「2、5、8、0」、「Subtitle」
  と順に押す
4.トレイを閉じる
5.本体の電源ボタンで電源を切る

リモコンのボタンを押すタイミングが重要なようで
始めは認識しませんでしたが、何度か繰り返すうちに
無事、リーフリ化に成功しました。
これで数百枚ある北米盤、香港盤、韓国盤も
問題なく観れるようになりました。

次に、「DVD-S1700」側の設定メニューを出して
初期設定からいくつか変更しました。
HDMI出力の解像度は、とりあえず「720p」にしました。
「DVD-S1700」では映像を見ながらの設定変更が
出来ない仕様になっております。
この点は、非常に不便なので改善を望みたいです。


さて、いよいよDVD再生です。
まずは北米盤のCGアニメ、「Flushed Away」
(マウス・タウン ロディとリタの大冒険)、
「スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」(R2)、
「男はつらいよ」シリーズのDVDなどを観てみました。

いやぁ、最新のファロージャ「DCDi」(FLI2310LF)
の性能、恐るべしであります!

今までのDVI端子からのデジタルRGB信号ではなく、
HDMI色差で入力していることもあるでしょうが、
映像全体の階調表現のレベルが一気に上がって
人肌や物の質感が実にリアルになりました。
滑らかな映像なのにフォーカス感も最適で、
色数も飛躍的に多くなった印象です。
これらの改善により、立体感や奥行き感が
今までよりも数段、向上しました。
また、ジャギーやクロマエラーもほぼ問題ないレベルです。

プレイヤー買い換えの主な動機となった
各種ノイズが目立った「男はつらいよ」シリーズのDVD
も見た目のSN比がかなり改善されました。
空のブロックノイズや暗部のマクロブロッキング・エラー
は大幅に減少し、ほぼ気にならなくなりました。
見えるノイズの大きさも、以前より薄く、
細かくなった感じなので、フィルムグレインだと思えば
そう見えなくもないレベルです。(笑)


ファロージャ「DCDi」には、
エッジエンハンスとディテールエンハンスを行う
「TrueLife」機能があります。
つまりは、輪郭とディテールを強調する機能です。
確かにその効果は一目瞭然なのですが、
ひと目盛り上げた時の変化量が多すぎて
ちょっと使いにくい感じです。
しかし、ノイズも強調されるといった弊害は
最小限に抑えられている印象なので、
ソフトによっては効果的に使えるかもしれません。


それから、字幕部のコーミングはたまに見えます。
しかし、ひどく気になるほどの頻度ではありませんし、
この程度なら許容範囲内だと思っています。


「REALTA」や「Reon-VX」、「VQE9」搭載モデルと
並べて比較すれば、また不満点も出るのでしょうが、
定価63,000円、実売42,000円の「DCDi」搭載機で、
この映像クオリティなら、買い換えは大成功でしょう。
「REALTA」搭載モデルが現在の半額以下になるまで、
この「DVD-S1700」を使い倒したいと思っておりますw。



※余談※

実は、初日の視聴で、
「男はつらいよ」シリーズのDVD再生している途中に
口の動きと声(音)がズレる現象(リップシンクのズレ)
が起こって、大いに焦りました。(汗)

ただ、始めは問題なかったのに、途中からズレたので
プレイヤー側のi/p変換のミスだろうと思って、
本体SETUP画面の「VIDEO」のプログレッシブ設定を
初期設定の「OFF」に戻したりしました。
(その設定でもHDMI出力の方は720Pのままです)
この変更が効いたのか、どうかは分かりませんが、
それ以後は問題なく同期しています。
僕のAVアンプにリップシンク機能はありませんので、
一時的な不具合で幸いでした。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/07 17:54 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する