東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」  Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」  Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
HOME > 男はつらいよ > 東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」

東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」

柴又 江戸川の堤防

「柴又公園」は、江戸川の堤防の上に作られた公園で、
「寅さん記念館」のエレベーターを出て少し歩くだけで、
映画で御馴染みの江戸川の風景を目にすることが
出来るようになっています。







はじめて江戸川の堤防を眺めて驚いたのは、
河川側の土手の高さです。
僕の町にも一級河川が流れていて、堤防がありますが、
その1.5倍から2倍の高さがあるように感じました。
このあたりは、「さすがに海抜ゼロメートル地帯だなぁ」
という感じです。

江戸川の河川敷にある野球場

矢切の渡し

矢切の渡し

「矢切の渡し」があるこの辺りから
JR金町駅までは、2キロ弱とのことです。
寅さんが金町駅から堤防沿いに、ブラブラ歩いて来るには
ちょうど良い距離なのかもしれません。
途中で、河川敷にいる人々にちょっかいを出しながら
歩いて来れば、退屈もしないでしょうしね。(笑)

また、逆に、第15作の「寅次郎相合い傘」で
先日亡くなられた船越英二さん演じる兵頭パパを
寅さんとさくらが夕焼けの堤防で見送る場面のように、
「とらや(くるまや)」を訪ねて来た人々が
すぐ近くの柴又駅ではなく、江戸川の堤防沿いに帰るのを
不思議に思っていましたが、その疑問も解けました。

昭和40年代の時刻表まではわかりませんが、
隣町で、終点の金町行きの京成電車が来るのは、
現在の時刻表でも一時間に四本、
15分間隔程度の本数しかありません。
(他に京成バスの金町行きもありますが…)
そして、電車に乗ればほんの数分の隣町までの電車賃も
130円ほどかかります。
となれば、帰る方向にもよりますが、電車を待つより、
散歩がてら、JR金町駅まで堤防沿いを歩いてゆく
という選択肢も充分ありえるでしょう。


タイトルバックやシリーズ本編内に度々登場した
印象的なふたつの「取水塔」です。







特に、三角帽子の屋根の取水塔は寅さんのお気に入りで
江戸川の土手のシーンには必ずといって良いほど
登場しています。
この「取水塔」が、昭和44年当時から一番変わっていない
柴又の風景かもしれません。
(実際には、この辺りはすでに金町なのですが…)


しばらく土手に腰掛けて、
江戸川を眺めながら寅さん気分に浸ったあと、
土産の草だんごを買うためと、昼食を取るために
帝釈天参道まで戻りました。

帝釈天に向かう途中に、
第一作「男はつらいよ」でさくらと博が結婚披露宴を行った
川魚料亭の「川甚」さんがあります。
ただ、残念ながら、この日は定休日だったのか
お店はやっていませんでした。

江戸川の堤防からみた「川甚」

「川甚」の正面玄関

柴又でうなぎを食べるのなら、この「川甚」さんか
「川千家」さんのどちらかにしようと思っておりましたが、
これで自動的に「川千家」さんになりました。(笑)


その後、柴又駅から京成金町まで電車に乗って、
JR金町駅から帰宅しました。


「柴又」は、確かに寅さんファンの聖地でした。
また違った季節にでも
寅さん気分でフラッと訪れたいと思っております。
今度は、金町から江戸川の土手を歩いて。(苦笑)


※追伸※
この日の朝にキオスクでみたスポーツ新聞で
植木等さんの訃報を知りました。
植木さんと渥美さんは、同時代に活躍した永遠のライバルで
共に歌って、爆笑を取れる、昭和中期を代表する喜劇俳優でした。
男はつらいよシリーズでこの二人が共演なさらなかったことが
今更ながら残念でなりません。

謹んで植木等さんのご冥福をお祈り致します。合掌…。



東京は葛飾柴又です (その一)「京成電鉄 柴又駅」
東京は葛飾柴又です (そのニ)「帝釈天参道」
東京は葛飾柴又です (その三)「柴又帝釈天」
東京は葛飾柴又です (その四)「葛飾柴又 寅さん記念館」
東京は葛飾柴又です (その五)「くるま菓子舗(くるまや)」
東京は葛飾柴又です (その六)「くるま菓子舗(くるまや)住居部」
東京は葛飾柴又です (その七)「寅さん記念館 資料展示コーナー」
東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その二)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その三)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その四)
「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その五)


関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/05 09:50 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する