「男はつらいよ」 再び Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

「男はつらいよ」 再び Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > 男はつらいよ > 「男はつらいよ」 再び

「男はつらいよ」 再び

最近ハマッている「男はつらいよ」に関しては、
こちらにももう何度か書きましたが、
また書かせていただきますw。
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-237.html
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-246.html
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-274.html

2005年8月からNHK BS2で放送されていた
「男はつらいよ 全48作一挙放送」は
今年の1月27日についに終了しましたが、
先週、後半24作の中から視聴者の投票で選ばれた
上位5作品のアンコール放送がありました。
その結果は以下の通りです。

第一位 「寅次郎ハイビスカスの花」(第25作)
第二位 「口笛を吹く寅次郎」(第32作)
第三位 「寅次郎の縁談」(第46作)
第四位 「寅次郎紅の花」(第48作)
第五位 「寅次郎かもめ歌」(第26作)

寅さんアンコール順位表

因みに、前半24作のアンコール順位は以下の通りでした。

第一位 「男はつらいよ」(第1作)
第二位 「寅次郎夕焼け小焼け」(第17作)
第三位 「寅次郎相合い傘」(第15作)
第四位 「噂の寅次郎」(第22作)
第五位 「寅次郎と殿様」(第19作)

前半の結果は、まあまあ納得出来ますが、
後半の順位には不満タラタラです。

一位の「寅次郎ハイビスカスの花」と
「口笛を吹く寅次郎」は妥当な結果だと思います。
しかし、第27作「浪花の恋の寅次郎」(マドンナ:松坂慶子)
や、第29作「寅次郎あじさいの恋」(マドンナ:いしだあゆみ)
が上位5位までに入らなかったのには、まったく納得がいきません。
作品自体のデキからしたら、このニ作品の方が遥かに上でしょう。

まあ「寅次郎の縁談」については40作以降では
一番か二番のデキだと思いますが、
第五位の「寅次郎かもめ歌」は…???
第38作「知床慕情」(マドンナ:竹下景子)や
第39作「寅次郎物語」(マドンナ:秋吉久美子)の方が
僕は好きですね。
意外に、42作以降の満男編が人気を集めているところ
を見ますと、寅さんファンよりも吉岡秀隆ファンの投票が
順位を決定付けたのでは?と思ったりもします。

以前も書きましたが、放送された全48作は、
DVD/HDDレコーダー「TOSHIBA RD-X5」に
アナログのNHK BS2のものを低レートモードでHDD録画
しておりますが、放送終了に伴い集め始めたDVDも
今日現在で29枚になりました。
廉価版のキャンペーンが今月一杯までなので、
月末までにもう何枚か買い足すつもりでいます。

今では、ほとんど毎日w、最低一本はプロジェクタで
観ているほどの「寅さん中毒」ぶりなのですが、
(今も「寅次郎恋歌」を流しながら書いていますw)
DVDの画質の悪さにはホトホト困っています。


今回のアンコール放送でデジタルBS2放送のものを
HDDレコーダー「Rec-POT R HVR-HD800R」で
はじめてデジタル録画してみました。
480i映像ではありますが、これが意外と、
プロジェクタの大画面にも耐える画質なのです。
アナログの時はレターボックス放送でしたが、
デジタル放送ではスクィーズですし、
片面1層記録の市販DVDよりもビットレートが高いのか、
DVDより明らかにSN比が良く、映像が滑らかです。
また、色温度を高めに設定している為か
色の純度も高く、画のヌケやコントラスト感も良好です。
そんな訳で、デジタル放送で観る寅さん映画は、
市販DVDよりも画質的には「上」という印象なのです。
デジタル放送のBS2は、従来から輪郭強調が強く、
見た目の解像度が低いわりにはリンギングが目立つのですが、
それはDVDの方もほとんど変わりません。


そこでどうにか画質調整でDVD映像も
同じような画質に出来ないものかと試してみました。
同じZ3000ユーザーで寅さんファンの
ひとりぼっちの子猫さんくらいしか
参考にならないでしょうが、設定値はこんな感じです。

映像モード「ナチュラル」
コントラスト「6」
明るさ「-4」(スクリーンに拠ってはその前後)
色温度「8500K」
BrillantColor「2」
DNR「レベル3」
アイリス「ミドルモード」
ランプ設定「エコ+静音」

これだけですと、僕のDVDP「DVD-V880」のDVI出力
(HDMIに変換)では色が薄くなりますので、
「V880」側の彩度を上げて、色を濃くしています。
色差のHDMI出力が可能なプレイヤーですと
Z3000側の「色の濃さ」が設定可能ですので
そちらで調整すると良いでしょう。

寅さんシリーズのDVDでは、空や暗部に
MPEG-2ノイズ(ブロックノイズや色ノイズ等)が
盛大に見えて、SNが良くありませんし、
色温度も6500K前後の設定ですと多少濁りを感じます。
そこで、プロジェクタ側の色温度設定を上げて
ノイズリダクションも強めにかけています。
ただ、Z3000のDNRの効き目はイマイチなので、
プレイヤー側に良質なDNRが用意されているのであれば、
そちらを積極的に利用するのが良いでしょう。

「DVD-V880」の映像は、
画質の良いDVDではさほど不満がありませんが、
画質の悪いDVDを再生しますと、その欠点が
ありのまま出てしまいます。(苦笑)
寅さんシリーズのDVDを買うまで、
画質の悪いソフトを頻繁に観る機会はなかった
こともあって、最近、プレイヤーの買い換えを
真剣に考えています。
ただ、僕の場合は、海外盤を観ることも多いので
リージョンフリーに出来ることが第一条件になります。
出来れば、コマンド入力でリージョン変更が可能な
プレイヤー(かレコーダー)にしたいと思っています。
候補モデルは皆さんが考えるよりも意外と多い
と思うのですが、問題は、価格と性能の関係、
要するにCP面で、大いに悩んでいます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/03/22 04:43 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する