電源ケーブル 根岸通信 ZAC1 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

電源ケーブル 根岸通信 ZAC1 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
HOME > ホームシアター > 電源ケーブル 根岸通信 ZAC1

電源ケーブル 根岸通信 ZAC1

プロジェクタ「XV-Z3000」用に電源ケーブルを購入しました。
すでに「XV-Z3000」導入から10ヶ月近く経っておりますので、
今更という気も致しますがw、モノは試しと注文した次第です。

注文したのは、根岸通信さんの「ZAC1」です。
8日のお昼にケーブルの延長(全長2.3m)もお願いして
注文しましたが、翌日の夕方には発送していただき、
10日の午前中に無事到着しました。


六畳間ホームシアター・レポートの
特注3Pメガネインレット電源ケーブル、到着」で
詳しく述べておりますが、根岸通信さんに電源ケーブルを
注文したのは2004年の10月以来、今回で三回目になります。
液晶プロジェクタ「TH-AE500」用(後にAE700にも使用)
に特注した「3Pメガネインレット・ZAC1」の効果は非常に大きく、
レポートを読んで試された、AEシリーズやZシリーズのユーザー
の方々からお礼のメールや投稿をいただいたほどでした。

DLPプロジェクタ「XV-Z3000」のインレットソケットは、
一般的な3Pインレットの為、今回注文した電源ケーブルは
標準品の「ZAC1」ケーブルということになります。



極太の5.5スケアケーブルは、相変わらず美しい仕上がりです。
太さからして自重はかなりありますが、見た目ほど固くはないので、
取り回しは意外と楽です。
ただ、根岸通信さんのサポートページにもあるように
「ZAC1」のインレットソケット部分は幾分細めの作りなので、
「XV-Z3000」のシャーシプラグとの間にかなりのグラツキが
生じました。
サポートページでは「紙製マスキングテープ」で
「インレットソケットがグラつかなくなるまで、
差し込み部分に数回巻き付け」れば解消するとありますが、
マスキングテープを買いに行くのが面倒だったので
手持ちの「アルミテープ(※)」を細く切って巻き付け、
隙間がなくなるように何度か調整しました。

※手持ちのアルミテープは、ガムテープ・サイズで、
 アルミ箔の裏に糊が付いているタイプのものです。
 ケーブルのノイズ対策などで、アルミホイールを
 お使いの方は多いと思いますが、僕はもっぱら
 取り回しが楽なアルミテープを使っています。
 マスキングテープよりもアルミテープを使ったほうが
 シールド効果も期待できそうで良さそうでしょw?※


さて、こうして付属の電源ケーブルとの交換も
無事済みましたので、いよいよ「Z3000」に灯を入れました。
ところが、映像を一見したところ、
期待に反して、それほどの効果は感じられません。
液晶プロジェクタ「TH-AE500」の時は、
ケーブルを交換した途端に、見た目の解像度や
明るさとコントラストの向上、ノイズの低減や色乗りなど、
明らかな改善がありました。
これがDLPと液晶の(方式の)違いに拠るものなのか、
Z3000付属の電源ケーブルがわりと太くてしっかりした作り
のモノだった影響なのか、原因はよく分かりません。
正直、ちょっとガッカリしました。

しかし、標準品の「ZAC1」には、それなりのエージングが必要
ということを聞いておりましたので、それから連日、
暇をみては、映画を観ながら通電しておりました。
そうこうしているうちに、AE500の時ほど如実な変化ではないものの、
ノイズの見え方や色の純度、見た目の解像度等に改善が見られ、
映像の品位や安定感が増したような気がしています。

まあ、これは単なるプラセボ(プラシーボ効果)なのかも
しれませんがw、趣味の世界ですからそれもアリでしょう。
これ以上の画質の改善を期待するとしたら
プレイヤーやプロジェクタ自体の買い換えが必要になります。
実は、DVDプレイヤーの買い換えに関しては
もうそろそろかなぁ~といろいろ考えてはいるのですが、
「それはまた別の話」(by「あなただけ今晩は」w)ですので、
また今度にします。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/03/22 01:59 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する