箱根湯元 一泊旅行 Cinema Kingdom Blog

箱根湯元 一泊旅行 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 箱根湯元 一泊旅行HOME > 王国伝言板ログ > 箱根湯元 一泊旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

箱根湯元 一泊旅行

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

箱根湯元 一泊旅行 2003/12/21 10:15

12月3日に幼馴染の友人ふたりと箱根へ一泊旅行に行きました。
僕はそうでもありませんが、友人たちは日ごろ忙しく、
揃って一泊旅行に出掛ける機会もめっきり減りました。
日帰りで遊びに行くことはあっても
この顔ぶれで温泉に一泊するのはほぼ10年ぶりになります。

翌日の4日はひとりが昼から都内で仕事、
ひとりは出張の前泊で夕方には御殿場に行かなければならず、
僕も深夜には仕事と、あまりのんびりもしていられない
旅でしたので、それぞれに都合の良い箱根に行くことにしました。


箱根と云えば小田急であります。
今まで「箱根は高い」というイメージがありましたが、
調べてみますと、旅館は2食部屋出しで一人15,000円程度、
交通費もお得な各種フリーパスがあり、想像していたよりも
かなり安く行ける事がわかりました。
小田急電鉄
小田急電鉄 「きょう、ロマンスカーで」

特に12月から3月中旬までの平日ならば
「冬季特別割引 箱根ウィークデイパス」というパスがあり
一人4,100円で、小田急線の往復割引乗車券
(新宿駅~小田原駅まで)、箱根登山電車、箱根登山バス、
箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根観光船および
小田急箱根高速バス[桃源台(芦ノ湖)・御殿場駅]、
沼津登山東海バスに2日間、何度でも乗り降り自由なのです。
ロマンスカーに乗りたい場合はこれに特急券(片道870円)
を買い足せばOKです。感覚的には半値以下といった感じで
驚くぐらいの激安ぶりです!

3日の午前11時前に新宿駅のとある小田急線改札口に集合。
自販機で「冬季特別割引 箱根ウィークデイパス」と
ロマンスカー用の特急券を購入して出発。
家を出る頃は晴天だったのに都内に着く頃には曇っていて
芦ノ湖から富士山は見れそうにありませんでした。

驚いたのがロマンスカーの遅さ。(苦笑)
停車駅が少ない(僕らの時は小田原のみ)だけで、
新幹線のようにスピードで勝負している訳ではないようです。
車内販売で買った飲み物やつまみをやりながら
一時間半後には箱根湯本へ到着しました。

ロマンスカー箱根登山電車に乗り換え

すぐさま箱根登山電車に乗り換えて、ケーブルカーの出発駅
「強羅」まで向かいます。
箱根登山鉄道

登山鉄道としては御馴染みのスイッチバック方式で、
電車は何度か進む方向を切り返しながら、
ゆっくりと進んで行きます。
色は少し褪せているものの、車窓から眺める山並みには
まだ紅葉も残っていて、いい気分です。

強羅駅からは急勾配を昇るケーブルカーに乗り換えです。
車内に居ても車両や座席自体が斜めに傾斜しているのが
よく分かります。椅子付きの幅広の階段が動いている
と想像してもらえばいいかもしれません。

到着した「早雲山」駅からは新型のロープウェイに乗り換えて
芦ノ湖と並ぶ箱根の観光名所、「大湧谷」に向かいます。
ここで友人の一人が高所恐怖症なのが判明。
ロープウェイに乗って外を眺めないヤツを始めて見ました。(笑)

ケーブルカーロープウェイ

山を越えると現れる「大湧谷」の雄大な風景には驚きます。
ロープウェイに乗り込んだ時から硫黄の臭いがしていましたが、
山の斜面のあちこちから硫黄が噴出し、煙が立ち昇っています。

大湧谷大湧谷

大湧谷駅に着いて、外に出てから思い出しましたが、
ここは金子修介監督の凶悪ゴジラ映画、
「ゴジラ モスラ キングギドラ/大怪獣総攻撃」で
ゴジラとバラゴンが戦った場所ではありませんか!
映画ではゴジラの吐いた熱線で破壊された
印象的なデザインの駅舎を見て思い出しました。(苦笑)

大湧谷駅舎

大湧谷から芦ノ湖畔の「桃源台」駅までは、
恐ろしく旧型のロープウェイに乗り換えます。
鉄塔には昭和3X年に施工と書いてありましたが
それからずっと使われているのかと思うぐらいに
古くて小さなゴンドラです。

旧型のロープウェイ芦ノ湖へ

晴れた日にはこのロープウェイから大きな富士山が見える
ようですが、この日は雲に覆われて、稜線の一部しか
見ることが出来なくて残念でした。

桃源台

「桃源台」駅はロープウェイの他に
路線バス、高速バス、観光船のターミナルでもあります。
僕らはここから「箱根町」行きの観光船に乗りました。
芦ノ湖の観光船といえば、御馴染みの海賊船です。(笑)

約45分の遊覧で箱根町に到着。ここからは徒歩で
箱根関所、杉並木を通って元箱根に向かいました。
箱根の関所は現在、大掛かりな復元工事中で
来年中に完成・公開されるようです。

箱根関所杉並木

箱根関所資料館

箱根関所資料館を見て、箱根旧街道の杉並木を通って
元箱根に到着すると、午後4時過ぎになっていました。
ここは小津監督の「彼岸花」でロケが行われた場所です。
映画の中では佐分利信一家がそろって遊びに来て
お母さん役の田中絹代が「本当にいいお天気ですねぇ」と
しみじみ云うのですが、この日は曇天の上、
もう薄暗くなって来ていました。
そろそろお腹も空いて来たので、ここから路線バスで
箱根湯本まで戻ることにしました。
(僕、旅行前の投稿で芦ノ湖ロケがあった映画を「秋日和」と
 書いていましたね。これ「彼岸花」の誤りです。すみません)

元箱根箱根湯本駅

箱根湯本駅に到着するとすっかり夕暮れです。
辺りでつまみ用に名物のかまぼこや珍味を買い込んで
ブラブラ歩きながら旅館に向かいました。

箱根湯本

古くからの温泉街というのは風情があっていいものです。
川沿いに15分くらい歩くと予約した「ホテル仙景」に到着。
もうオフシーズンの12月ということで暇なのか
3人で泊まるには無駄に広い部屋に案内されました。(笑)
バスとトイレは別で、奥に12畳くらいの部屋、
中間には8畳間、上がりかまちも畳敷きで4畳半くらいの広さ
がありました。

部屋屋内風呂の入口

露天は夜は女性専用になる(聞いてないよ)らしいので
仕方なく僕らは屋内の大風呂へ。
風呂でさっぱりした後に、部屋出しの夕食を。(ああ、極楽♪)
朝食は食べてきましたが、強羅でダンゴ、桃源台でホットドッグ
を食べたきりだったので、おいしく頂きました。
友人二人は焼酎を一本注文して、晩酌であります。

翌朝撮った露天風呂


夜10時頃になってブラブラしようと町へ。
でもここらの店は夜早いらしく、駅まで行っても
開いているのはコンビニとラーメン屋くらいでした。
仕方なく、手打ち麺と謳っているラーメン屋に入って
餃子とラーメンとビールで飲みなおしです。
ラーメンがあまりうまくなかったので、軽く酔っ払っていて
味覚がバカになっている友人に食べさせて、僕は餃子だけを
頂きました。(笑)

友人の一人がカラオケがしたいという事だったので
カラオケボックスを探して歩いていたのですが、
店の人に聞くと、街中にカラオケボックスはないとの事。
「今時、カラオケボックスのない町なんてあるんだぁ」
と思っていると、皆、泊まっているホテルや旅館にある
スナックや居酒屋等を使うので、需要がないらしいのです。
(僕らが泊まっている旅館にもありましたが、
 僕は旅館やホテルの飲み屋はどうも苦手です)
そういえば、飲み屋すらあまり見かけませんでした。


翌朝は早起きして、露天風呂へ朝風呂に。
この日は天気がとても良さそうなので、
また芦ノ湖まで足を伸ばして、今日は西武の「箱根園」
に行ってみようということになりました。

露天風呂で朝風呂


朝食を食べ、10時前に旅館の送迎バスで湯本駅に。
駅前のオープンカフェでコーヒーを飲んで、
午後1時から都内で仕事の友人と別れました。

ふたりになった僕らは昨日と同じコースで芦ノ湖へ。
朝はあれだけ晴れていたのに、どんどん雲が出て来て、
ロープウェイから眺める頃にはまたもや富士山は
雲の切れ間から頂上を覗かせる程度になっていました。
どうもこの季節に富士山を綺麗に見ようと思ったら
早朝にしかチャンスはないようです。


昼前に「桃源台」駅に到着。
ここで「箱根園」行きのバスを探しましたが、見当たらず
駅員に聞いてみたところ、箱根園行きのバスは、
徒歩5分のところにある「湖尻」から出ているとのことでした。

箱根では小田急グループ、西武グループ、JRグループと
三つ巴の静かな闘いが行われているようです。(笑)
特に露骨なのが小田急対西武で、
それぞれの系列施設でもらえる芦ノ湖周辺の観光パンフには、
相手グループの施設や駅名、ターミナル名が載っていません。
つまり、小田急のパンフには「箱根園」はありませんし、
プリンス系のパンフには「桃源台」から出る遊覧船や
ロープウェイの事がすっかり消えています。(苦笑)
もちろん、小田急のフリーパスは「箱根園」経由のバスや
箱根園にある水族館、駒ケ岳ロープウェイ、遊覧船、
バーチャルライド・シアターなどでは使えません。
この辺り、恐ろしいくらいに徹底されていますので
二日目はけっこうコマゴマと物入りになりました。
箱根園

箱根園箱根園水族館

箱根園では「箱根園水族館」、ソフトがショボい3DCGの
アトラクション施設「バーチャルライド・シアター」
(座席が傾斜、振動する「スターツアーズ」タイプのもの)、
360度の眺望が楽しめる「駒ケ岳ロープウェイ」の往復乗車券
がセットになったチケットを買って、順に周りました。

「駒ケ岳ロープウェイ」で昇った山頂はたしかに眺めが良かった
ですが、恐ろしく古めかしい駅舎にビビリました。
半分、廃墟のようですし、黒くて不気味でした。(苦笑)

駒ケ岳ロープウェイ山頂駅駒ケ岳神社

駒ケ岳から見た芦ノ湖


韓国人観光客がたくさん居て、行き帰りのロープウェイの中は
ハングル語の話し声や笑い声が行き交い、賑やかでした。
(てゆーか、あんたら外国ではもっと小声で喋りなさい)

ここから「湖尻」まで遊覧船に乗って、徒歩で「桃源台」駅へ。
「箱根園」のすぐ隣にある、宇治の平等院を模した純日本風建築
の箱根プリンスホテル旧館「龍宮殿」の威容は素晴らしく、
お金があったらぜひ一度泊まってみたいものだと思いました。

龍宮殿新宿行きの高速バス

御殿場までなら有効のフリーパスにわずかな追加料金を払って、
出張の前泊で御殿場に行かなくてはならない友人と一緒に
「桃源台」から新宿行きの高速バスに乗って帰ることにしました。

御殿場で友人と別れ、午後6時過ぎくらいに新宿西口に到着。
バスを降りてそのまま電気街へ行き、発売になったばかりの
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
 スペシャル・エクステンデッド・エディション」
を買ってから帰宅しました。


やはり、気の置けない幼馴染と旅をするのはいいものです。
近場の温泉にたった一泊だけの旅行でしたが、
今後も機会があったら、今回行けなかった他の友人も誘って
またどこかの温泉にでも行けたらと思っております♪

PS. またまた長文の投稿で申し訳ありませんでした。
画像も多めに使いましたので重くなってしまいましたね。(汗)
すみません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/03/21 06:50 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。