プロジェクタの映写解像度について Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

プロジェクタの映写解像度について Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > ホームシアター > プロジェクタの映写解像度について

プロジェクタの映写解像度について

カカクのプロジェクタ掲示板を覗いておりましたら、
入力信号の解像度表示を、映写映像の解像度のことだと
勘違いされていた方がいらっしゃいました。
確かにこれは(特にいきなり1080pモデルをお使いの方だと)
勘違いしやすいポイントかもしれません。


そもそも最新の固定素子プロジェクタに限って云えば、
それらが最終的に映写しているのは
パネル解像度のプログレッシブ映像のみです。
これは、入力信号がインターレースだろうが、プログレだろうが、
入力解像度が480だろうが、720だろうが、1080だろうが、
接続がアナログだろうが、デジタルだろうが、関係ありません。
720pモデルなら720p映像ですし、1080pモデルなら1080p映像です。
けっして、入力信号の解像度の違いに連動して、
映写映像の解像度自体が変化するワケではないのです。

HDMI接続で同じDVDソフトを再生した時に、
出力解像度によって、映像の雰囲気や細部が違って見えるのは、
DVDプレイヤーやDVD/HDDレコーダーから、プロジェクター
(のパネル解像度のプログレ映像)に至る過程
(その間に行われる、i/p変換やスケーリング等の映像処理能力
 の精度、回数、等)が違う為です。


例えば、1080pモデルの場合で云いますと
ソースが持つクオリティに対して、
理論上、最も再現性(忠実度)が高くなるのは、
1080p収録のBDやHD DVDをHDMI接続で1080p出力し、
プロジェクタ側でドット・バイ・ドットで表示
させた時です。(↑オーバースキャンをキャンセル)

この組み合わせでは、プロジェクタ側でi/p変換や
スケーリング等の映像処理をする必要がありませんので、
その次世代光ディスクが本来持つ映像クオリティから
劣化したり、変化したりする要因が、最小限に抑えられます。

ただし、実際には、これをこの通り行って
同じタイトルのBDやHD DVDソフトを再生してみても
使う再生機やプロジェクタの性能・仕様、スクリーン等によって
最終的な映写映像は微妙に異なってしまいます。
これがSD放送(480i)、DVD(480p)、ハイビジョン(1080i)
の映写となりますと、ますます複雑怪奇で頭を悩ますことになります。
まあ、それが、AV機器選びの難しさであり、
面白さでもあるワケですが…w。

話は変わりますが、遅ればせながら、
Z3000用の電源ケーブルを「根岸通信」さんに注文しまして
本日到着する予定です。
8日のお昼に注文したのですが、ケーブルの延長もお願いしたのに
翌日の夕方には発送していただけました。(ハヤッ!)
どのように映像が変化するか(しないかw)、楽しみであります。


ここ一週間は、今月購入したソフトばかり観ていて、
過去ログの転載は行えませんでした。
(今月も米国盤、国内盤と、かなり買う込んでおりますw)
でもなるべく近いうちに済ませて、楽になるつもりです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/03/10 09:48 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する