ビリー・ワイルダー監督を偲ぶ Cinema Kingdom Blog

ビリー・ワイルダー監督を偲ぶ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > ビリー・ワイルダー監督を偲ぶHOME > 王国伝言板ログ > ビリー・ワイルダー監督を偲ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビリー・ワイルダー監督を偲ぶ

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

ビリー・ワイルダー監督を偲ぶ 2002/03/30 11:15

2000年7月にウォルター・マッソー、
2001年6月にジャック・レモン、
そして本年2002年3月27日、彼等の後を追うように
巨匠ビリー・ワイルダー監督が逝ってしまいました。
死因は肺炎ということですが、ようするに老衰なのでしょう。

マリリン・モンローもオードリー・ヘップバーンも
共同で脚本を書いた、チャールズ・ブランケットも
I・A・L・ダイアモンドもとっくに鬼籍の人なのですし、
享年95歳と9月という大往生なのですから
仕方が無いような気もしますが、それでもやはり
大好きな映画監督でしたので、突然の訃報が残念でなりません。

キネマ旬報社刊、キャメロン・クロウ監督著の
ワイルダーならどうする? 
 ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話

の出版プロモーションを兼ねて2001年一月にTV放送された、
「ワイルダーならこうする!三谷幸喜からビリー・ワイルダーへ」
という番組で見たのが監督を見た最期になりました。
ここ数年は脚が悪く病気がちだったと聞きましたが、
あの番組での監督は往年のシニシズムも健在で、
なかなかお元気そうにお見受けしたので、まだまだ大丈夫だと
安心していただけにショックでした。
それにしてもキャメロン・クロウ(と三谷幸喜さん)には
感謝しなければなりません。
映画ファン以外にはすでに過去の人になりつつあった監督に
再びスポットライトを当ててくれたのですから。
今や日本でのワイルダー監督の書籍で絶版でないのは
この本くらいですし、今後、ワイルダー作品を考察する上で
あのインタビュー集は貴重な資料になると思います。
僕は既に所有していますが、現在絶版になっている
「ビリー・ワイルダー・イン・ハリウッド」も、この訃報を機に
再販してもらえればと思います。

監督のご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌...


遺作「新・おかしな二人バディ・バディ」(1981年・原題「Buddy Buddy」)でのワイルダー、レモン、マッソー
遺作「新・おかしな二人バディ・バディ」
(1981年・原題「Buddy Buddy」)での
レモン、ワイルダー監督、マッソー
ワイルダー関連サイト
ワイルダーならこうする!
 三谷幸喜からビリー・ワイルダーへ
(「白黒名画劇場」)
Billy Wilder Theater(「Directed by ...」)
ビリー・ワイルダー大通り
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/02/22 12:15 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。