ジャック・レモンを追悼する Cinema Kingdom Blog

ジャック・レモンを追悼する Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > ジャック・レモンを追悼するHOME > 王国伝言板ログ > ジャック・レモンを追悼する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャック・レモンを追悼する

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

■ジャック・レモンを追悼する 2001/06/29 11:54

 ビリー・ワイルダー監督の『アパートの鍵貸します』
などの主演でお馴染みのジャック・レモンが、
6月27日、癌による合併症のためロサンゼルスの病院で
亡くなりました。享年76歳でした。

●ジャック・レモン●

ジャック・レモンとビリー・ワイルダー

1925年2月8日、
マサチューセッツ州ボストン
生まれ。ハーバード大学卒業。

第二次世界大戦後から本格的に
ラジオ、テレビを中心に
芸能活動を開始する。

1955年製作のジョン・フォード監督作品
『ミスタア・ロバーツ』のパルヴァー役で注目され、
アカデミー最優秀助演男優賞を獲得。
その後は、ビリー・ワイルダー監督と組んで
数々の名作に主演した。
1973年『セイヴ・ザ・タイガー』で
アカデミー最優秀主演男優賞を受賞。

コメディを得意とし、軽妙な役が多かったが、
'70年代後半からはシリアスドラマに路線変更。
『チャイナ・シンドローム』や『ミッシング』などで
演技派俳優としての地位を固める。

晩年にはまた以前の軽妙な演技で観客を楽しませ、
昨年製作されたロバート・レッドフォード監督の
『バガー・ヴァンスの伝説』(日本公開2001年3月)
が遺作となった。


バクスターさんのハンドルの由縁でもある
『アパートの鍵貸します』 の C. C. Baxter 役を始め、
10代の頃から愛川欣也さんの吹替えで親しんで来た
ジャック・レモンが亡くなってしまったなんて、
何ともショックで、言葉もありません。
本当に大好きな俳優さんでした。残念でなりません....。
ワイルダー監督も体調が優れないと聞いていますし、
この訃報が監督自身にどんな影響を与えるのかも
大変心配です。

The Apartment 米国DVD米国公開時ポスター
(C)1960 United Artists Pictures, lnc. 2001 MGM/UA Home Entertainment lnc.

今はただ、ご冥福をお祈りするばかりです。
合掌....。

●ジャック・レモン 主な出演作と受賞歴●

■私の夫(ハズ)は二人いる (1954)
■ミスタア・ロバーツ (1955)
 ●アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞
■夜の乗合自動車 (1956)
■海の荒くれ (1957)
■媚薬 (1958)
■カウボーイ (1958)
■お熱いのがお好き (1959)
 ●アカデミー賞主演男優賞ノミネート
 ●ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門主演男優賞受賞
■南太平洋ボロ船作戦 (1960)
■ペペ (1960)
■アパートの鍵貸します (1960)
 ●アカデミー賞主演男優賞ノミネート
 ●ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門主演男優賞受賞
■酒とバラの日々 (1962)
 ●アカデミー賞主演男優賞ノミネート
■悪名高き女 (1962)
■ヤム・ヤム・ガールズ (1963)
■あなただけ今晩は (1963)
■女房の殺し方教えます (1964)
■ちょっとご主人貸して (1964)
■グレートレース (1965)
■恋人よ帰れ!わが胸に (1966)
■おかしな二人 (1968)
■幸せはパリで (1969)
■おかしな夫婦 (1970)
■コッチおじさん (1971)
■おかしな関係・絶体絶命 (1971)
■お熱い夜をあなたに (1972)
 ●ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門主演男優賞受賞
■セイヴ・ザ・タイガー <未>(1973)
 ●アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞
■フロント・ページ (1974)
■放浪紳士チャーリー (1976)
■エアポート'77/バミューダからの脱出 (1977)
■チャイナ・シンドローム (1979)
 ●カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞
 ●アカデミー賞主演男優賞ノミネート
■マイ・ハート マイ・ラブ (1980)
 ●ベルリン国際映画祭主演男優賞受賞
 ●アカデミー賞主演男優賞ノミネート
■新・おかしな二人/バディ・バディ <未>(1981)
■ミッシング (1982)
 ●カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞
 ●アカデミー賞主演男優賞ノミネート
■青春の祈り/司祭への道 <未>(1984)
■マカロニ (1985)
■七十年目の審判(前・後編) -TVM- (1988)
■晩秋 (1989)
●ゴールデン・グローブ賞セシル・B・デミル賞受賞 (1990)
■JFK (1991)
■摩天楼を夢みて (1992)
 ●ヴェネチア国際映画祭主演男優賞受賞
■ザ・プレイヤー (1992) カメオ出演
■ラブリー・オールドメン (1993)
■ライフ・イン・ザ・シアター/栄光と喝采の日々 -TVM- (1993)
■ショート・カッツ (1994)
■グラスハープ/草の竪琴 (1995)
■あやしい奴ら <未>(1995)
■ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記 <未>(1995)
■元大統領危機一発/プレジデント・クライシス <未>(1996)
■ハムレット (1996)
●ベルリン国際映画祭金熊賞(生涯功労賞) (1996)
■カリブは最高! <未>(1997)
■12人の怒れる男/評決の行方 -TVM- (1997)
■おかしな二人2 (1998)
■風の行方 -TVM- (1999)
■モリー先生との火曜日 -TVM- (1999)
■バガー・ヴァンスの伝説 (2000)

遺作となった「バガー・ヴァンスの伝説」でのレモン
(C) 2000 DreamWorks LLC. and Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

あなたの素敵な笑顔が忘れられません...。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/02/22 10:33 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(1)
 初めまして! ジャック・レモンのフアンの一人です。アメリカ映画の男の俳優さんのなかでは、私は「ジャック・レモン」が一番好きです。女優さんでは「イングリッド・バーグマン」。

 元来、私はコメデーが好きなので
ジャック・レモンということになったと思います。貴方の様な「ジャック・レモン」研究者がいるのは大変
嬉しいことです。


 
[ 2008/08/01 07:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。