「TH-AE500」を修理サービスへ Cinema Kingdom Blog

「TH-AE500」を修理サービスへ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 「TH-AE500」を修理サービスへHOME > ホームシアター > 「TH-AE500」を修理サービスへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「TH-AE500」を修理サービスへ

僕が液晶プロジェクターの「TH-AE500」を購入したのは
去年の3月末でした。
購入後、一ヶ月程で恐れていた「埃(ほこり)」が混入
(スクリーンに直径4cmくらいの円が浮き出ました)
していることに気付きました。
これは液晶プロジェクターの宿命なので仕方ないのですが、
使用開始から70時間での発生でしたので、ちょっとショック
でした。

ただ、そのスクリーン左端の直径4センチ程度の円は、
真っ暗な画面になると薄っすら見える程度で、
普通の映像を映している時にはほとんど見えませんし、
サービスに掃除を頼むと、戻って来るのに一週間程度掛かる
らしいので、今までそのまま放置しておりました。

しかし、いよいよ無料保証期間もあと半月を残すばかり
となり、昨日、やっと重い腰をあげてサービスセンターに電話し
先ほどサービスマンの訪問を受けました。


とりあえず、「TH-AE500」の映像を見せて欲しいというので
画面のマルを確認してもらいました。
あれから一年近く経ちましたので、画面の埃の跡はひとつか
ふたつ増えているようでした。

次に、「念のため、ランプを交換してみますね」と云うので
ほとんど一年ぶりに天吊り器具から愛機を外しました。
松下のサービスマンは、レンズの内部を確認し、
埃の混入防止のためのフィルターとランプを新らしいものに
交換してから、「もう一度、映写して下さい」と言いました。
しかしやはり、画面のマルはそのままです。


これ以上、僕の部屋では対応出来ないとのことで
結局、予想していた通り、サービス預かりになりました。
期間は一週間から10日ほどだそうです。

しかし、2万以上する交換ランプと、新しいフィルターは
そのまま無料でいただけるとのことで、
かえって恐縮してしまいました。(汗)
でも、おかげで戻って来るAE500は、ほぼマッサラな状態
ということになります。非常にラッキーでした♪
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/03/16 12:00 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。