ホームページ作成での注意点 Cinema Kingdom Blog

ホームページ作成での注意点 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 03
HOME > スポンサー広告 > ホームページ作成での注意点HOME > 王国伝言板ログ > ホームページ作成での注意点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホームページ作成での注意点

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

■ホームページ作成での注意点 2000/12/03 07:00

2年近くWebページを作っていて「ここはこうした方が良かった」
と思う注意点をいくつか書いてみようかと思います。


●何をメインに掘り下げて行くかを始めから意識する

まず、意外に重要なのが「ページのテーマ」です。
友達や知り合いが訪ねてくるのがメインの小規模なページ
にするつもりならば、どんなものでも自由ですが、
不特定多数のビジターを呼べるWebページを作成したい場合は、
幕の内弁当的な「広く浅く」のページより、
テーマを絞った「狭く深い」ページを作るように
始めから意識して、得意なテーマをメインに据えたページに
した方が得策です。
日記も、音楽も、映画も、本も、などと欲張ると
結局、大したページにはならないことが多いと思います。

●一目でテーマのわかるページ名を考える

最悪なのが「●○のホームページ」だとか、意味の分からない
横文字をタイトルにしたページです。

出来れば英語は使わない方が良いですし、
入っている場合は誰でも意味がわかる簡単なもので、
同時にテーマが想像できるものでないといけません。

タイトルは検索エンジンやリンク集から飛んで来る気にさせる
大きな判断材料になります。
タイトルは1度決めてしまうとそう何度も変えられないので、
はじめに塾考の上、決めた方が良いです。

決めたらロボット型のサーチエンジンに行って、
その名前が既に使われていないかを確かめましょう。
既に使われているサイト名にすると後々、トラブルになる
可能性があります。


●開設するサーバーやURLの長さは意外と重要

最近は自分でドメインを取ってページをやっている方も
増えていますが、URLの覚えやすさ(短さ)は意外と重要です。
例えば、名刺や雑誌に載っているHPにアクセスする気になるかは
URLの長さに大きく左右されると思います。
人に教える時にも覚えやすいURLの方が便利ですしね。

これはどこのサーバーにページを開設するかにかかっています。
もちろん、サーバーに置ける最大容量やCGI使用の可・不可なども
ページ開設において大変重要な要素です。

一度開設したページを引越すには、それ自体にもたいへんな労力
が必要ですし、相互リンク先にURLの変更やメアドの変更などの
お願い通知をしたり、訪問者にもブックマークの変更をお願い
しなければなりません。


●サイト・マップを作って予めディレクトリを整理しておく

始めはトップページと数ページのコンテンツ程度での出発
になると思いますが、
後々の更新のしやすさを考え、テーマ別にディレクトリを別
にしておかないと、収集がつかなくなります。

ディレクトリというのは「フォルダ」のようなものです。
例えば、僕はほとんどの画像を「images」というディレクトリ
に保存しています。
例えば、そのディレクトリに「gank.jpg」という画像を
入れておくと、その画像の絶対パスのURLは
「http://dvd.or.tv/images/gank.jpg」
になります。

ディレクトリを始めから整理しなくても、
後々、更新しづらくなった時に新しいディレクトリを作って
そこに移動してしまえば良いじゃないか、と思うかもしれませんが、
ディレクトリが変わるということはURLが変わるということです。

この画像を別の複数のページから読み込んでいる場合、
ディレクトリを変えた場合、全てのページの該当個所のURLを
新しいURLに変更しなければならなくなります。
これは大変な手間です。

これはHTMLファイル(ペ-ジ)についても同じです。
ホームページは内外のリンクによって繋がっている訳ですので
URLの変化は要らぬ混乱の元になるのです。

ですから、ページ数が少ない時でもいくつかのディレクトリを
作って、コンテンツ毎に整理しやすくしておくことが重要です。


●どんなページデザインが好きか意識してみる

自分がどんなページを見易く感じるかを意識してみましょう。
これはデザインだけでなく、サイト構成も含みます。

逆に自分がどんなサイトだと2度と行きたくなくなるかも
意識してみましょう。

僕の場合はフレームがあまり好きではありません。
他のサイトに飛んでもフレームが外れない指定にしている
ページなどを見ると蹴飛ばしたくなります。
フレームに入る側のページにリンクがないページも嫌いです。

それから、よく、わざわざ字が読みにくくなる壁紙を使っている
ページがありますが、あの手の訪問者に無神経なページも
好きになれません。
トップから直接コンテンツに飛べないページも嫌いです。
リンクの張り方が不親切なページも最悪です。

逆にここは良いなと思うページがあったら
積極的に真似しましょう。
そっくり同じにするのはマナー違反ですが、ソースを見て
参考にする程度ならOKです。


こんなところでしょうか。



※2007年2月追記※

自分の事を棚に上げて偉そうなことを書いていますが、
個人でホームページやブログを作成する上でこれらが大事
と思う気持ちは基本的に変わっておりません。

付け加えれば、記事を書く時は「第三者の視点を持つ」
ということが大切でしょう。
自分にとっては自明のこと、当たり前の知識が
他人にとっても同様だとは、必ずしも限りません。
独りよがりな表現は避けて、誰にでも分かりやすい記述
をすることが重要です。
また、ネットに記事をあげてしまえば、
世界中の不特定多数の人間が読める状態になることを肝に銘じ、
迂闊なことを書かないように気をつけましょう。

また、最低限、「特定の事柄に関しての知識が深く、
なおかつ、文章を書くことが好き」な人でないと
始めたとしても長続きはしないと思います。
最近は、特にWEB作成知識などがなくとも
無料ブログなどで簡単にサイト開設が出来ますが、
そこに掲載する記事に多少なりとも「有益な情報」
としての価値がなければ、他人は関心を持ってくれません。

最後に、一番大切なことは「更新頻度」であります。(苦笑)
アクセス数やリピーターを増やしたかったら、
毎日のように更新するしかありません。
もはやアクセス数に興味がなくなった僕は
最近、それがまったく出来ていません。(苦笑)
お恥ずかしい限りであります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/02/20 06:09 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。