11月に購入したDVD Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

11月に購入したDVD Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
HOME > DVD、BD、HD DVD > 11月に購入したDVD

11月に購入したDVD

このところ、ちょっと忙しくて、
なかなか更新のための時間が取れませんでした。
そんな訳で、数日遅れましたが、11月中に購入した
国内盤と米国盤を記録しておきたいと思います。


■国内盤


M:i-3 ミッション:インポッシブル3 トリロジーBOX (HD-DVD)
 「ミッション:インポッシブル」「ミッション:インポッシブル2」
 「ミッション:インポッシブル3」(3作品・4枚組)
ブレイブ ストーリー (HD-DVD)
ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)
カーズ
24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス
キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組)
嫌われ松子の一生 愛蔵版
幸福の黄色いハンカチ
隠し剣 鬼の爪


■米国盤


The Fast & The Furious: Tokyo Drift (DVD & HD DVD Combo)
 「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」

The Lake House (DVD & HD DVD Combo)
 「イルマーレ」

Slither (DVD & HD DVD Combo)
 「スリザー(原題)」

X-Men - The Last Stand (The Stan Lee Collector's Edition)
 「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」

Nacho Libre (Widescreen Special Collector's Edition)
 「ナチョ・リブレ 覆面の神様」

Monster House (Widescreen Edition)
 「モンスター・ハウス」

Hard Candy
 「ハードキャンディー」

An American Haunting (Unrated Edition)
 「アン・アメリカン・ホーンティング(原題)」




11月購入分から、DVDに加えて、HD-DVDソフトを集め始めました♪


新譜についてはまたの機会に詳しく触れたいと思いますが、
国内盤の最後の二枚(山田洋次作品)に関してちょっと一言。
11月22日、山田洋次監督の主要作品のDVDが、
『武士の一分』公開記念 山田洋次監督作品DVDセレクション
というキャンペーンで、各2,800円(税込)で再発されました。
 ※2007年2月28日までの期間限定出荷※

これに釣られて、買いそびれていた「隠し剣 鬼の爪」と、
監督の代表作である「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」
を衝動買いしましたw。
「幸福の黄色いハンカチ」は既にWOWOW放送のハイビジョン版
のテープを持っていますし、もうすぐHD-DVD版も発売予定なのですが、
以前からDVDも欲しかったので…。(汗)

なお、上記のキャンペーンでは
「男はつらいよ」シリーズは対象外ですが、
これらのDVDは既に、やはり各2,800円(税込)で
廉価版が発売されています。

NHK BS2で毎週土曜日に放送されている、
男はつらいよ 全48作一挙放送」も今週で42作目と
いよいよ終りが見えて来ました。

僕が最初に寅さんシリーズを観たのは
小学校の体育館での無料上映会だったと記憶しています。
僕は、最初期の作品を除き、ほぼリアルタイムで観れた世代
になりますが、毎回欠かさず観ていたというわけではなく、
思い出したように数年おきに映画館やTV放送で
切れ切れに観ていた上、平成以降の作品は観た記憶もないので、
全部で何本、何作目と何作目を観ているのか、
自分でもよく分かっていませんでしたw。

ただ、今回のBS放送は、
昨年の夏の第一作から欠かさずHDD録画して来ました。
関連本も何冊か買いましたし、もういっぱしの寅さんマニアですw。
48作もありますので、作品の完成度には多少ムラがありますが、
偉大な喜劇俳優・渥美清の稀有な才能には、
毎回、唸らされ、笑いと涙を誘われております。


…話は逸れますが、第39作「男はつらいよ 寅次郎物語」に
無名時代の出川哲郎がチョイ役(寿司屋の板前?)で
出演しているのに気付きました。
柴又のシーンで、子供と旅立つ寅さんに餞別を渡し、
さくらや博とも共演しています。(けっこう目立つ立ち位置)
まだかなり若くて、すごく痩せていますので、
一見するとまるで別人ですが、目元や口元に面影がありますw。
ネットで調べてみると、第37作にも出演しているのだそうです。


盆暮れ、お正月に、老若男女・家族揃って映画館に観に行ける
寅さんシリーズのような日本映画はほぼ皆無となりました。
寂しい限りであります。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/12/04 09:11 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する