Xbox 360でHD DVDを再生 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Xbox 360でHD DVDを再生 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
HOME > ホームシアター > Xbox 360でHD DVDを再生

Xbox 360でHD DVDを再生

22日の午前中、予約していた
「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」が届きました。
ちょうど休日でしたので、早速取り出し、
「Xbox 360 コアシステム」の隣にセットしました。







Xbox.com | Xbox.com ホーム - 日本
AV Watch:Xbox 360 HD DVDプレーヤーはPCで利用可能か?
 -WinDVD 8 HDでテスト。3万円弱のHD DVDソリューション

AV Watch:HD DVDの切り札「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」を試す
 -2万円でHD DVD再生。ライバルは東芝「HD-XF2」?

amazon「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」
楽天市場 「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」検索結果


まずは、「Xbox 360」に「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」を
ミニUSB⇔USBケーブルを使って接続しました。
次に、プロジェクタ「XV-Z3000」にも灯を入れ、
付属の「HD DVDプレーヤーインストール用ディスク」
を「Xbox 360」側のトレイにセットして、
システムアップデートを行いました。
アップデートは数十秒で終了し、
これでHD DVDプレーヤーが使えるようになりました。

前にも書きましたが、「Xbox 360」と「XV-Z3000」は、
アナログRGB接続で、ドット・バイ・ドット表示になる
「1280×768」に設定しています。
一応、「1920×1080」も試してみましたが
やはり、多少、見た目の解像度が落ちるので、
元に戻しました。
また、再度、黒レベル等の映像調整も行いました。

それから、この前は忘れていて気付きませんでしたが、
「XV-Z3000」は仕様上はサポート外の「1080p」入力
にも問題なく対応しています(※)。

※後日、PS3のHDMI接続とコンポーネント接続で
 1080p入力を試したところ、ノイズが発生し映像が乱れました。
 D-Sub15pinでのアナログRGB接続は
 基本的にプログレッシブ信号のはずなので
 「1920×1080」入力の映像を表示出来るということは、
 1080pにも対応しているのかと思いましたが、
 これは単に「1080i」の映像だったのかもしれません。
 (Z3000側では「1920×1080」と表示されるだけで
  i/pのどちらなのかが分からないのです)
 少なくとも「XV-Z3000」のHDMIとコンポーネント接続は
 仕様通り、「1080i入力まで」ということのようです。
 以上、お詫びして、訂正致します※

もちろん、「XV-Z3000」は720pモデルですので、
ソースがデジタルハイビジョンの1080iであっても
次世代DVDの1080pであっても、最終的には720pに変換されて、
映写されることになります。


さて、こうして、いよいよ準備が整いましたので
すでに数日前に到着していた、HD-DVD版の
「M:i-3 ミッション:インポッシブル3 トリロジーBOX」
の中から「M:i-3」を再生してみました。

トレイにディスクをセットして出画されるまでの時間は
感覚的には15秒~20秒程度で、ストレスは感じませんでした。
また、メニュー画面からの各種再生等の動作も
通常のDVDプレイヤー並で、まったく問題ありません。

気になっていたドライブの動作音についても
「HD DVDプレーヤー」自体は普通のDVDドライブ並で
読み込み時に多少音がする以外は、とても静かでした。
隣の「Xbox 360」のうなり音の方が気になるくらいですが、
「XV-Z3000」が放ついつもの排気音もあるので、
再生が始まると、まったく気にならなくなりました。


始めにちょっと感激したのが
DVDの冒頭でもお馴染みの著作権がらみのテロップ文字が
非常にシャープだったことです。(苦笑)
ハイビジョン画質なのですから、当然ですが、
これはメニュー映像の文字や字幕スーパーのフォント
などについても同様でした。


※「M:i-3」のメニュー画面を手持ち撮影※


肝心の動画の印象ですが、
もちろん、色も解像度もDVDとは比較にならない高画質
ではあるものの、720p変換ということもあってか、
見慣れているWOWOWのハイビジョン放送の映画の画質と
それほど大差ない感じもしました。
デジタルハイビジョン放送は一定レートで、
次世代DVDは映像に合わせての可変レート収録
という違いなどがありますが、WOWOWでHD放送される映画も
最新作はかなりの高画質ですので…。
しかし、この辺りは、映像コーデック(現在は主にVC-1)
が変わったり、フルHDのプロジェクタで観ると
また印象が変わるのかもしれません。
もう少し時間を掛けて、じっくりと検証してみたいです。


このHD-DVDに収録されている音声は
英語、日本語吹替、共にドルビーデジタルプラスですが、
これは「Xbox 360」でドルビーデジタル5.1chに変換
されて出力されます。(光デジタル接続)
ただ、その変換後の音質は、いくらか線が細い印象で、
DVDのドルビーデジタル5.1chに比べて
驚くほど高音質というわけではありませんでした。
また、普通のAV機器の光デジタル出力の音量に比べると
明らかにレベルが小さいので、アンプのボリュームを
通常聴いている位置より、大きくしなければなりませんでした。
まあ、このあたりは価格を考えると仕方ない気もします。


次世代DVDならではの楽しみ方としては、
インタラクティブで多彩な機能を持った
ボーナストラック再生が面白いと思いました。
本編を再生したままで、その場面に関連するメイキング映像、
写真、絵コンテなどをピクチャー・イン・ピクチャー機能
で映し出したり出来るのは、とても楽しいです。
 
例えば、現時点で次世代DVDにHD-DVDのみを支持する
唯一のメジャースタジオとなったユニバーサル映画のHD-DVDには、
本編再生中に特定のボタンを押すと
場面に合わせた各種ボーナストラックが選択出来るように
なる機能が付いています。


※"The Fast & The Furious: Tokyo Drift" (DVD & HD DVD Combo)
 米国盤「ワイルド スピードx3: Tokyo Drift」より※

場面によって選択出来る特典トラックの数は変わりますが、
上の画像では、5つのボーナストラックの中からふたつを選んで
左上に「絵コンテ」、右下に「メイキング」の動画を
ピクチャー・イン・ピクチャーで流しています。
ハイビジョン収録ですので、小さなピクチャー画面の動画も
けっこう鮮明に見えました。



この低価格な「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」を
Windows PC用のHD-DVDドライブとしても使いたい
という方は多いと思いますが、
マイクロソフト側は「専用のドライバがないので使えない」
との見解を発表していました。
しかし、発売と同時に試した方も多かったようで
海外サイトでは「中身の東芝ドライブ用のドライバで動いた」
という報告があったようです。
しかし、「AV Watch」の記事によれば、
高スペックPCとHD-DVD対応のデコード・ソフトがあれば、
ドライバはなくとも再生可能なようですね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/11/23 11:42 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する