10月中に購入したDVD Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

10月中に購入したDVD Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
HOME > DVD、BD、HD DVD > 10月中に購入したDVD

10月中に購入したDVD

10月中に購入したDVDをメモしておきます。
今月買ったのはすべて国内盤でした。


アンジェラ ANGEL-A スペシャル・エディション
RENT レント デラックス・コレクターズ・エディション
インサイド・マン
かもめ食堂 (初回限定版)
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
明日の記憶
蘇える金狼
野獣死すべし
白い巨塔 劇場版

※追記※
この記事のUP後に一枚書き忘れていたのに
気付きましたので追加します。



アイス・エイジ2 豪華2枚組特別編
 爆笑どんぐり伝説ディスク付 (初回限定生産)


忘れる程度の作品というわけです。(苦笑)
※追記終了※



「アンジェラ ANGEL-A」は
リュック・ベッソン、久々の監督作で
楽しみにしていました。しかし…。(苦笑)

全編モノクロのパリの映像は綺麗でしたが、
ストーリー上の必然性はさして感じないので
「なぜゆえ白黒?」という感じもしました。
ヴィム・ヴェンダースの「ベルリン・天使の詩」
へのオマージュ(大都会と天使つながり)なのかも
しれませんが、あちらはパートカラーです。
で、展開が同じだとすればラストはカラーになるのかな?
と思っていたら、最後までモノクロでしたw。
それにストーリーテリングで定評のあるベッソンにしては
徹頭徹尾、あまりにもありがちな展開…。
ここ数年、凡作のプロデュースばかりしていて、
才能が涸れたのでしょうか。(苦笑)
そういえば、ヒットしたという話も聞きませんでしたね。


ミュージカル「RENT レント」は
米国盤の発売時に迷った末に買わなかった作品でした。
薬中とエイズ患者による群像劇で
伝説的なブロードウェイ・ミュージカルの映画化
だそうですが、さしてミュージカルに興味が無い僕としては
「へぇ~」てなもんでした。
そんな僕でもオープニングの「シーズンズ・オブ・ラブ」
はさすがに聞き覚えがありました。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 「レント (ミュージカル)」


因みに、僕にとっての歴代ベスト1・ミュージカル映画は、
1986年度版『リトルショップ・オブ・ホラーズ』
(リック・モラニス主演、フランク・オズ監督)でありますw。
音楽監督はマイルス・グッドマンですが、楽曲の作詞作曲は
ハワード・アシュマンとアラン・メンケン!
後にディズニー復活のキッカケとなったミュージカル・アニメ
『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』を作ることになる
ゴールデン・コンビであります。
オープニングの一曲目から鳥肌全開で、
それが「突然シーモアが / Suddenly Seymour」で絶頂を迎えますw。
毎回、号泣しながら観ている、大好きな映画ですw。


続く「インサイドマン」については
こちらへの追記に書いたので省略します。(苦笑)


ここ数年、気になったアメリカ映画は、
基本的にリリースが早く、格安な米国盤で購入し、
鑑賞後に国内盤でも買う価値がある、あるいは
日本語字幕や吹替えでも観たい、と感じれば、
国内盤も買うというパターンがほとんどになっています。
ですから、最近買う国内盤は、どうしても米国映画以外の
邦画とアジア映画が中心になってしまっています。
「かもめ食堂」は評判が異常に良いので買いました。
知ってる人は知っている『やっぱり猫が好き』
のメンバー、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
の三人が出演している、全編ヘルシンキ・ロケの映画です。
ストーリーはあってないようなもの。
体裁もいかにも低予算の小品といった感じです。
でも、癒し系というのでしょうか、
観ていると意味も無くニヤけてしまうような
不思議な味わいのある作品でした。
古くは『転校生』の一美、いまや三谷幸喜夫人の
小林聡美の立ち振る舞いが、なんともよかったです。
でも、映画としてあれほど絶賛されるほどのデキか
どうかは、意見が分かれるような気もします。

例えば、北欧が舞台で「食べる」といいますと
「バベットの晩餐会」(1988年 デンマーク)
なんかの方が、映画としての格ははるかに上ですし、
やはり北欧が舞台の、癒し、ほのぼの系映画としては、
スウェーデン時代のラッセ・ハルストレム監督作品
『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』(1985年)
(『やかまし村の子どもたち』も良かった)
などが思い浮かびます。
「かもめ食堂」をご覧になって気に入った方には
これらの映画もお勧めです。

フィンランド映画と云いますと、
2002年カンヌ映画祭でグランプリを受賞した
アキ・カウリスマキ監督の「過去のない男」くらいしか
観ていませんが、その主演男優のマルック・ペルトラ
がこの「かもめ食堂」にも出演しています。
未見の方は、一度、こちらもご覧になられると
よろしいでしょう。


「間宮兄弟」はどこか「かもめ食堂」の作風と重なる
癒し系コメディ映画で、森田芳光監督が、
肩の力を抜いて、いかにも楽しんで作っている感じが
全編から伝わって来ました。
森田監督のデビュー作『の・ようなもの』や
初期の代表作『家族ゲーム』を思い出させる作品でした。


渡辺謙主演・製作総指揮の「明日の記憶」は、
若年性アルツハイマー病がテーマの力作です。
主演の渡辺謙、樋口可南子の演技の濃さは圧巻ですが
重く、鬱になりがちな主題を
軽やかに、飽きさせることなく見せた
堤幸彦監督の手腕にも感心しました。
彼の『トリック』や『ケイゾク』は独善的な感じがして
あまり好きではありませんでしたが、
認識を新たにしました。


最後の三枚は旧作です。
「蘇える金狼」、「野獣死すべし」と云えば
主演:松田優作、監督:村川透、原作:大藪春彦の
角川映画屈指の傑作です。
松田優作、村川透の代表作ということで
オヤジ世代には御馴染みのアクション映画ですが、
10/20に角川エンタテインメントから出た
「BEST SELLER COLLECTION  [期間限定特価]
 日本映画 今だけ30%OFF」の対象作品として
再発売されていたのを見付けて、思わず衝動買いしました。


山崎豊子原作、山本薩夫監督の「白い巨塔」(1966年)は
田宮二郎主演の大映映画であります。
脚本は橋本忍ですが、氏の「複眼の映像」を読了後に、
『砂の器』、『八甲田山』と共に再見したいと
思っていたところ、たまたま店頭で見掛けて
これも衝動買いしてしまいました。(苦笑)
今観ても傑作だと思いますが、公開当時はなぜか大コケして
大映の倒産の原因になったと云われる作品です。

田宮二郎は、1978~1979年に放送され、
高視聴率を上げたTVドラマ版にも主演しました。
ドラマ収録後、最終回の放送を前に
田宮が自宅で猟銃自殺したこともあって、僕等の世代には
田宮二郎と云えば財前五郎、財前五郎と云えば田宮二郎
という強烈な印象があります。

ですから、2003年に放送された
唐沢寿明版「白い巨塔」には非常に違和感を感じました。
ドラマ自体の完成度も田宮版とは雲泥の差があったと
思います。興味のある方は発売中のDVD BOXをどうぞ。

白い巨塔 DVD-BOX1~浪速大学医学部教授戦~
白い巨塔 DVD-BOX2 ~誤診裁判第一審~
白い巨塔 DVD-BOX3 ~誤診裁判第二審~


米国のアマゾンを覗いていますと、
新作はBlu-rayやHD-DVDでも発売されていることが多くなりました。
値段はDVDと10ドルも変わらない(しかもほとんどが30ドル以下)
ので、かなり気になっています。(苦笑)
国内盤にしても「M:i-3」などは思ったよりも安いですし、
年末辺りからは、購入するのはDVDから次世代DVDに、
という流れになるかもしれません。
プレステ3やXbox360(+HD-DVDドライブ)なら、
プレイヤーもかなり安く買えますしね。

それよりなにより、
ディスクの置き場がなくて困っています。
今は150~200枚前後のディスクやAV雑誌、
200本以上の録画済みのD-VHSテープが
TVの回りや床のアチコチに積み重なって、
柱になっております。(苦笑)
(とても写真でお見せ出来る状態ではありません)
もうひとつ本棚(ソフトラック)を買い足そうと
思っていますが、場所を確保するのが一苦労で
先延ばしにしております。(苦笑)
寝室兼PC部屋にあるラブソファを捨てるしかないかも…。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/10/31 12:29 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する