SANYO LP-Z5(S) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

SANYO LP-Z5(S) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > ホームシアター > SANYO LP-Z5(S)

SANYO LP-Z5(S)

9月14日、サンヨーより「LP-Z4」の後継機となる
「LP-Z5」の発表がありました。



発売10月20日 希望小売価格(税込)294,000円

ニュースリリース
http://www.phileweb.com/news/d-av/200609/14/16574.html
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0609/14/news080.html
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=140895&lindID=4
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060914/sanyo.htm

価格.com 「LP-Z5」
楽天市場 「LP-Z5」検索結果


外観的にはZ4とそっくりで、いかにも改良版という感じです。
色が、Z4の「グレースシルバー」から
Z5ではもう少し明るい「プレシャスシルバー」に変更されたのと
入力のHDMI端子が2系統になった点くらいが見分けるポイント
という感じでしょうか。

内容的にも細かいバージョンアップはあるのもの
基本的なスペックはZ4とほとんど変わらないようです。
まあ、しかし、Z3からの進化が著しかった結果、
非常に高い評価を得たZ4の改良版なのですから
完成度の高さはそれなりに期待出来ると思います。


ニュースリリースに
「リビングルームの明るさでも映画館の高画質映像が楽しめる
“ブリリアントシネマ”モードを搭載」とあるように、
松下の「TH-AX100」と同様、この「LP-Z5」のウリも
「明るいリビングでもキレイに見れます」ということのようです。
ただ、明るさは最大で1100ルーメンとのことですので、
「TH-AX100」ほど徹底した対策が施されているわけでは
ないように思います。


因みに、AV雑誌「HiVi」の記事によると、
今秋発売の720p 3LCDプロジェクタに搭載されるD5パネルは
縦縞ノイズ(ラビングノイズ)対策が施された改良版だそうです。

ただ、フルHD「C2FINE・D6」パネルを搭載した
三菱「LVP-HC5000」の初出荷時の最安値が予想以上に安い
32万程度になりそうな情勢から考えると、
「TH-AX100」にしてもこの「LP-Z5」にしても
「ちょっと中途半端な改良機」という感は否めません。

あとはどのくらいの市場価格になるかが問題でしょう。
早い段階で「LVP-HC5000」の半額程度になれば
それなりの存在意義はあるでしょうが、
来年の秋には720p機も「C2FINE・D6」化されることは
ほぼ確実でしょうし、お急ぎでなければ、とりあえず、
「しばらくはお金を貯めつつ、静観」が正解かもしれません。(苦笑)

もし「待ちきれない!」という方は、
底値が近いと思われる現行機(液晶)を買われるか、
DLPプロジェクタを候補に加えるのも手かもしれません。

720p機(DLPプロジェクタを含む)とフルHD(1080p)機だと
全ての面でフルHD機の方が優れていると思いがちですが、
これはケース・バイ・ケースだと思われます。
ソースがフルHDの場合は1080p機の圧勝でしょうが、
DVDソフトの再生まで考えると、話が違うかもしれません。

DVD再生で1080p機の性能を充分発揮させるためには
送り出し側のプレイヤーやレコーダーの性能
(主にHDMI接続時のスケーリング性能)が
よほど高くなければなりません。
安いHDMI端子付きDVDプレイヤーでは
720p映像は綺麗でも1080i以上にするとそうでもないものが
少なくありません。(特に輪郭部や字幕が汚くなりがち)
1080pパネルの画素数は、720pパネルの2倍にもなりますので、
画像の処理にもそれなりの性能が必要とされるのです。

そんな意味で、DVDソフトを多くお持ちの方にとっては、
720機の方が良好な結果が得られるかもしれません。
DVDの本来の解像度は720×480で、
フル・ハイビジョンの解像度は1920×1080です。
1240×720の720pは、DVDとフルHDの解像度のちょうど中間で
DVDをアップスケーリングするにはちょうど良い解像度です。
また、720p機はさまざまな面で改良が進んでおりますので、
新しい1080p機で観るDVD映像の印象よりも
720p機で観るDVDのほうが「総合的には上」
と感じられる可能性も大いにありうると思います。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/09/16 13:14 ] ホームシアター | TB(0) | CM(12)
DVD 1080pならHTPCでしょう。720Pより綺麗に映るよ。だから、DVDも1080Pで見たほうが良い
[ 2006/09/16 17:19 ] [ 編集 ]
マックミニでも買って1920-1080で映したら。一応HTPCにもなるから。気に入らなければ、ブートキャンプでWINして、WINDVDでみる。高級DVDプレイヤーはいらない!
[ 2006/09/16 17:32 ] [ 編集 ]
透過型液晶は、いらない。プロジェクターを毎年買い換える貴方が羨ましい。XV-Z3000を僕も使用している。2年以上使ってからDLPのフルが安くなったら買い換える。2年以上使ったら透過型液晶は、色むらのオンパレード。しかも、フルで透過率49以下。なんかグリッドを見ているようだ!グリッドを見て、DLPが駆逐されると言う貴方の感性が羨ましい。時代はDLPしか残れないと言ってるのに。
[ 2006/09/16 17:58 ] [ 編集 ]
僕の記事のどの部分に対してのコメント、反論なのかよく分かりませんが
とりあえず、レスを差し上げましょう。


> DVD 1080pならHTPCでしょう。720Pより綺麗に映るよ。だから、DVDも1080Pで見たほうが良い

貴方もZ3000を使っているのでしょ?
僕には、1080p機を持ってもいないのにそう言い切れる
貴方の感性が胡散臭く映りますよ。(苦笑)

それに映像の質を決定するのは解像度だけですか?
解像度に加えて、階調性、色再現性、ノイズの見えかた、
I/P変換の精度、スケーリング性能、
そうしたモロモロの総合的要素が問題でしょうに。

であるから、もしかしたら
> 720p機で観るDVDのほうが「総合的には上」
と感じられる可能性も大いにありうると思います。
と書いたのです。


> 高級DVDプレイヤーはいらない!

あっ、そうですか。で?

僕も良い目と耳を持った方が丹念に作られたHTPCならば、
基本的にはそうだろうなぁとは思いますよ。

でもそれなりの性能のHTPCを作ろうと思ったら
それなりの価格になるんじゃないですか?
満足を求めて作り込むうちに
ヘタをすると高級機より高く付くかもしれませんよw。

それに一般人はDVDを見るために
いちいちPCなんか組み立てません。


> グリッドを見て、DLPが駆逐されると言う貴方の感性が羨ましい。

液晶の1080p機を2.5Hくらい離れて見て
グリッドがそんなにハッキリ見えるなら
貴方の目はエスキモーかモンゴルのハンター並ですね。(苦笑)
普通の人にはほとんど気にならないレベルだと思いますが?

それに僕が愛用して来た液晶Pは
松下のAEシリーズです。
これだとグリッドは、DLPの網目より目立たないんですよ。


> 時代はDLPしか残れないと言ってるのに。

で、どこの時代のどこのお方がそうおっしゃっているんですかw?

DLP信者の貴方でさへ
フルHDのDLPが30万前後になるのに
2年はかかると踏んでいる訳ですね?
で、その間は本当は1080pの方がいいのにZ3000で我慢して待つと。

まあ、なにをどうしようと貴方のご自由ですので
お好きにどうぞw。
その「時代」とやらが、いずれ答えを出すでしょう。
[ 2006/09/17 10:44 ] [ 編集 ]
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。
私もまだ発展途上のHD機よりコストパフォーマンスの良い720機がいいかなと思い、HC3100が欲しくなっている今日この頃です。
DLPはカラーブレイキングと誤差拡散ノイズが弱点ですが、これは液晶タイプと競争できる価格でなおかつ3板にするかLED光源で解決することができれば問題ないとおもいます。
LCOSや液晶方式にくらべてDLPのHD機はまだ高すぎる感じがします。DLPのHD機がLCOSや液晶タイプのHD機に比べ物にならないほど高画質というならまだしも。
DLPが弱点を克服してかつコストを下げられるか、今のままの方式なら格段に値段を下げられないと厳しいと思うんですけどね・・
私はHDは1,2年様子見でHC3100かなぁ~って感じです。
液晶は格子が非常に気になります。また、常時もやもやとした感じ(極端に言うとVHSのもやもや見てるような感じ)が気になります。
DLPだとこのもやっと感はないですがかわりに誤差拡散が気になります。でも個人的には常時気になるモヤっとよりたまのカラブレ+誤差拡散ノイズを選択したいです。
HC5000まだ見てませんが、格子とモヤっと感さえ気にならないのであれば個人的には買いかな~と思っています。
岩窟王さんいつも色々なレポートありがとうございます。これからもがんばってくださいね。応援しています。
[ 2006/09/17 15:32 ] [ 編集 ]
あ、すいません。ちなみに私は液晶派でもLCOS派でもDLP派でもありません。
もちろん趣味なわけですから方式談義も楽しいわけですが、最終的な画さえ満足できれば私はなんでもいいのです。
おっしゃるようにどんな方式でも最後は製品としての作りこみだと思いますので。
メーカーもデバイスの特性とコストのバランスを考えつつ最良の製品になるようにしているのでしょうしね。ただこのままだとDLPは先細りな気がしています。

[ 2006/09/17 15:55 ] [ 編集 ]
はじめまして。コメントと応援をありがとうございます。

> 私もまだ発展途上のHD機よりコストパフォーマンスの良い720機がいいかなと思い、HC3100が欲しくなっている今日この頃です。

HC3100は良さそうですよね。
僕の場合は短焦点タイプでないと設置が厳しいので
導入は難しいと思いますが、
DLPの720pではマランツの新型と
このHC3100に注目しています。
「.65 WXGA DarkChip3」チップの威力を
はやく鑑賞してみたいです。

> DLPはカラーブレイキングと誤差拡散ノイズが弱点ですが、これは液晶タイプと競争できる価格でなおかつ3板にするかLED光源で解決することができれば問題ないとおもいます。

未知数のLED光源はさて置き、
比較的低価格な3板式のDLPに関しては、TI社の幹部が
「家庭用フロントプロジェクタでの展開は考えていない。家庭用は単版で充分」
という主旨の発言をしていますので
望み薄だと感じています。
まあ、それでなくともDMD素子の製造コストは
LCDパネルよりもかなり高いのが現状ですので、
これを三枚も使うとなると
比較的低コストの「.65 WXGA DarkChip3」チップを使うとしても
50万は軽く越えてしまうのではないでしょうか。


> ちなみに私は液晶派でもLCOS派でもDLP派でもありません。
> もちろん趣味なわけですから方式談義も楽しいわけですが、最終的な画さえ満足できれば私はなんでもいいのです。

ついつい扇情的な書き込みをしてしまい
DLP信者さんたちの反感を買っておりますが(汗)、
黒猫コゲさんのようにバランス感覚の優れた方のコメントを拝見すると
安心致します。

おっしゃる通り、現時点のプロジェクタには、
価格を含めて、完璧な方式なり、製品は存在しておりません。
そこで、製品や方式の長所、短所を見極めた上で
どこかを妥協をしながら選択するしかありません。

黒猫コゲさんと同様に
僕はただ、「安くて良い製品」が欲しいと思っているだけです。
それに当てはまれば、液晶だろうがDLPだろうが構わないのです。

現時点でのD5パネルは「.65 WXGA DarkChip3」より
多少劣っているでしょう。
しかし、総合的に考えると、
価格差で10万以上も開く決定的な差があるようにも思えません。
ですから、今の2万から5万前後の価格差は妥当なところだと思います。
(そう考えたのでZ3000を買いました)
しかし、新しい1080p「D6・C2FINE」パネル搭載機と
1080p DLPチップ搭載機の価格差には
まったく納得が行きません。
まだ、この目で1080p「D6・C2FINE」パネル搭載機の映像を観てはおりませんが、
フルHDのDLPプロジェクタは明らかに高すぎます。

金に糸目は付けないという恵まれた方は別ですが、
これが一般的で、至極真っ当な意見だろうと思います。


[ 2006/09/18 06:48 ] [ 編集 ]
お返事ありがというございます。
解説までいただき恐縮です。

おっしゃるようにコストも性能のうちなので高級プロジェクタと同じ画質といわないまでも価格と性能の満足できるプロジェクターが欲しいです。
私がお金持ちであればビクターのHD11Kまたはヘッド部+今後ビクター発売予定のリアルタプロセッサ搭載のビデオプロセッサが欲しいところです。(笑)
また、これ
http://avac.co.jp/akihabaraht/impre10.htm
も気になるところです。

フルHDプロジェクタは長く使いたいので個人的にはHDMI1.3に対応していることすなわち色帯域を大幅改善したプロジェクタが出たら欲しいと思っています。
色帯域を広げるには光源をどうにかしないといけないと思いますので端子つけたからOKというように簡単にはいかず、まだしばらく先かなぁと遠い目をしてしまいます。


[ 2006/09/18 14:35 ] [ 編集 ]
黒猫コゲさん、こんにちは。貴方のようなコメントなら否定しません。以前の液晶フルは200万超えていました。それがクリアファインでかなり下げてきた。DLPも最近720ですが下げて来ました。出始めのパネルは高すぎる。直<2-3年後位には液晶より少しだけ高いDLPが出てくると思います。僕は、それを待ちます。それに、お金が無いから簡単には買いかえれない!だから、長持ちもするDLP.
買ったら最低2年以上使わないと、安サラリーマンですから。

岩窟王さん、貴方の感想をもっと知りたくてあんな書き込みになりました。ああでも書かないと本心が出てこないと思い失礼しました。

[ 2006/09/18 17:12 ] [ 編集 ]
書くのを忘れました。横幅2Mのスクリーンを同じ2Mで見てます。だから、グリッドは人一倍気になります。DLPでも見えますから。では失礼します。
[ 2006/09/18 17:22 ] [ 編集 ]
アマデウスさんこんにちは。
確かに格子は気になりますよね。
HC5000の格子感がどんなもんだが気になるところです。
あとDLPの1080P機が高すぎる気はしますが、1080PのDLPデバイスが非常に高価だとすると普及価格帯の筐体やレンズ、回路、電源等組み合わせるとアンバランスなんでしょうね。無理やり普及価格帯で作ったとしてもコストの大半がデバイスにとられて性能出せないのかもしれません。
デバイスが安くなってくれないとメーカーとしてもなんともしがたいのでないでしょうか。
LCOSは同じデバイスでもSONYのように価格帯ごとに投入される技術や性能が違うので選択の余地があっていいのですが、1080PのDLPはキツイですね。
私見ですがTIはDLPであれば高性能!と言う感じで高止まりで売りたいってのもあるんではないでしょうか。カラーブレイキングや誤差拡散ノイズ等は対策してあるし問題ないレベルと思っているんではないでしょうか。ウルサイこという一部マニア(笑)がいるがしばらく無視。市場的に本格的にマズくなってきたら安く売ること考えよう。・・というようなスタンスに思えてしかたがないのです。
つまり「DLP=高性能」というイメージはまだ大丈夫って思ってるじゃないでしょうか。
ホントは思われているよりいくらか安く作れているのだが高く売ってるのではないか?という気さえします。
多分TIが本気になればもう少し安く作れると思うんですがどうなんでしょう。
720Pはやる気見せてくれましたし・・
いや、本当に技術的にいっぱいいっぱいなのかもしれませんけどね(笑)
特に情報があるわけでもないのであくまでも私の私見です。
岩窟王さん>
自分のHPでもないのに長々と書いてしまいすいません。
でも、いつも機器のレポートをUPしてくださる姿勢を尊敬しています。
いつも見てるだけでしたので少し参加してみたくなったものですから。これからも頑張ってください。
[ 2006/09/18 18:05 ] [ 編集 ]
これは、漫画喫茶から書いてます。家ではインターネットはしてません。ADSLは、電話回線が途中光で諦め、光はアパートで勿体無い。47歳の独身<年収6-700万位>

TIは賢い会社だと思います。高くて売れなくなりそうになるとZ3000のような安いものに合うパネルを出してくる。2年後位にはフルのほうも出してくるのでは?

DLPの良さは、色につやがある。DLPは色を100返すが、透過型液晶は、透過の段階でかなり犠牲になり濁る。そして、グリッド。

これだけでも、待ちです。あの絵のつやっぽさは反射型しか出来ない。絵は解像度だけで決まらない。低解像度でもフルを凌ぐ場合も有りかな?

岩窟王 さん、長いこと書きました。ありがとう。書き込みは最後にいたします。


[ 2006/09/18 18:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する