今W杯で最低の試合 Cinema Kingdom Blog

今W杯で最低の試合 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 今W杯で最低の試合HOME > 日常の雑記 > 今W杯で最低の試合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今W杯で最低の試合

ジーコとヒディング、監督としての資質と経験の差が
ハッキリと表れてしまった試合でした。
内容的にも今W杯で最低の試合だったと思います。

「この期に及んで、さまざまな課題、修正点を
 抱えたままで、世界を相手にどこまで闘えるのか…?」

予想が最悪の形で現実となってしまいました。
まったく恥ずかしいですし、悔しいです…。

以下は、ただの愚痴ですが、
書かずにはいられませんので、書いてしまいます。


点を取らなければ勝利はないのに、
ドイツ戦とはうって変わって高原は元の木阿弥
(決定力不足)ですし、柳沢も「シュートを打たないFW」
に逆戻りなんですから、勝てるはずがありません。

最後まで応援は続けますが、
現実的に考えて、よほどの奇跡でも起こらない限り
これでグループリーグ敗退はほぼ決定的でしょう。

W杯前のインタビューでジーコ自身が
「試合をするのは選手自身なのだから、
戦術よりも自由を与えて、自主性と創造性を促したい」
と語っていましたが、それなら
この世に「サッカー監督」なんて職業は必要ありません。
一国の代表監督として1億以上の年俸をもらっているくせに、
よくこんな発言が出来るものです。

だいたい、トルシエ・ジャパンの中から、
自分好みの攻撃的な選手を集めた「ジーコ版オールスター」
を選出して、あとは戦術指導もないままに試合は選手に丸投げ、
試合中はひたすら運頼みで奇跡を期待し、
ベンチワークは痛んだ選手をサブに代えるだけ…って、
そんな采配なら素人の僕でも出来ます。

今回のオーストラリア戦に関して云えば
あの終盤の意味不明な交代は一体なんですか???
「素人監督、馬脚をあらわしパニクる!」ですよ。

サッカーにとって戦術は全てではないでしょうが、
それがチームに徹底していれば、一番、苦しい時に
チーム全体の「拠り所」にはなります。
人間、苦しい時には、無秩序な自由なんかよりも
藁でもなんでも何か掴める具体的な「拠り所」が
必要なものですよ。


今回の出場国の中で、4年間代表監督を務められたのは
ジーコを含めて10名だけだそうです。
彼自身はそれを誇りにしているようですが、
ただ単に、日本サッカー協会が事なかれ主義だっただけです。
ジーコを次期代表監督に推挙した手前、ジーコが
アジア一次予選緒戦であれだけ無様な試合を続けていても
自身の責任問題になるのを恐れてクビを切れず、
逆に支援し続けて本番まで監督を任せてしまった川淵にも
大きな責任があります。
ジーコは今大会で引退ですからどうしようもありませんが
もう二度と日本代表には関わって欲しくありませんし、
日本のグループリーグ敗退が決定した暁には、
世界に恥を曝した国辱ものの川淵を始めとする協会幹部は
即刻総辞職して、国民とサポーターに謝罪すべきです。

今回はアジアだけで4.5枠もあったのですから
どんな監督が就任しても日本のW杯出場はほぼ確実でした。
目標は、ベスト8以上の成績をあげる事だったはずです。
それが一番組みしやすい相手との大事な初戦で
あのザマなんですから、何のための四年間だったのでしょうか。
候補に挙がりながら落選した選手達も大勢居るのに
終始弱腰で、気の抜けた無様な試合をした一部の選手達は、
どのツラ下げて帰ってくるのでしょう。
まったく情けなくなります。


次回からはアジア枠が3枠~3.5枠くらいに減るのは
ほぼ必至でしょうし、それに加えて予選から
今回惨敗した相手であるオーストラリアが参戦して来ます。
ジーコは若手をほとんど育てられなかったのですから
南アフリカ大会ではアジア予選を突破するのすら
かなり厳しいのではないでしょうか。


川淵氏が日本サッカー界の発展に大きな貢献をした事実は
充分承知しているつもりですが、「ジーコと心中」
という決断だけは、許しがたい独断でした。
ジーコ監督にしてもサッカー選手としてはもちろん、
人間性も素晴らしい方だとは思っておりますが、
一国の代表監督としての資格はハナからなかったのです。
この「失われた4年間」のツケは、想像以上に大きい
と思います。


次期代表監督には若手の選手育成に定評があり
戦術面でも実績のある「名将」を呼んで欲しいものですが
協会のスカウティング能力は最低ですから
またまた無名の二流監督が就任しそうで恐ろしいです…。
ベンゲル、エメ・ジャケが乗り気でないなら
日本サッカーを最も熟知しているオシム監督に
川淵自ら土下座してでも頼み込め!
(高齢な点がかなりの不安材料ではありますが…)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/06/13 09:54 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(3)

FC2ブログトラックバックテーマできましたぁ^@^

日本は惜しかったですねぇ~
頭の中を切り替えて次に期待しましょう!

また、きますぅ♪
[ 2006/06/13 13:06 ] [ 編集 ]
勝敗を越えて、監督も選手もサポーターも
終了のホイッスルが鳴った瞬間に
「燃え尽きたぜ…。真っ白によぉ…」と呟けるような
中身の濃い試合にしてもらいたいものです。
ガンバレ!日本!
[ 2006/06/13 13:47 ] [ 編集 ]
こんにちは。
僕も、まさにジーコとヒディンクの差を感じました。オーストラリアの息の根を止めるチャンスの時間帯が訪れたのに、手が打てなくて、逆に相手の交代選手に3失点・・・。グループリーグ突破は苦しいですが、残り2試合頑張ってもらいたいです。
[ 2006/06/13 14:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。