長崎観光 その二 Cinema Kingdom Blog

長崎観光 その二 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 長崎観光 その二HOME > 旅行・聖地巡礼 > 長崎観光 その二

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長崎観光 その二

初日 名古屋→姫路
二日目 岡山→鷲羽山→倉敷
三日目 尾道紀行 その一
三日目 尾道紀行 その二
三日目 尾道紀行 その三
四日目 広島・宮島
五日目 門司港レトロと博多
六日目 別府と湯布院
七日目 阿蘇と熊本城
八日目 島原から長崎へ
九日目 長崎観光 その一
九日目 長崎観光 その二
最終日 長崎から羽田へ

4月9日の続きです。


「眼鏡橋」から浦上天主堂、平和公園方面に向かうには
タクシーの方が便利そうだったので車で向かいました。

またまた運転手さんとお話をしました。
「長崎への観光客のピークは平成元年くらいまでで
 雲仙普賢岳の噴火でガクッと激減して、
 それがいまだに続いている感じ」とのことでした。
まあ、その頃にバブル崩壊もあったわけですしね。
また、その運転手さん曰く
「別府に行かれたんですか。別府は九州の宝ですねぇ。
 何度行っても飽きませんし、『地獄』なんて他では
 見られないでしょう」とのことでした。(苦笑)

そうこうしているうちに浦上天主堂に到着しました。

浦上天主堂

浦上天主堂

ここから平和公園までは歩いてすぐでした。

平和公園

広島の平和記念公園でもしたように
原爆の犠牲者に合掌してから、すぐ隣の「爆心地公園」、
「原爆資料館」に向かいました。
爆心地公園

写真中央左よりに建っているのが「原爆落下中心碑」で
この真上でファットマンが爆発しました。
手前にある柱状のレンガは、原爆で倒壊した浦上天主堂の
西に面した南側壁の一部を移設したものだそうです。

原爆資料館

長崎原爆資料館 Nagasaki Atomic Bomb Museum
因みに、長崎原爆資料館の観覧料は大人200円でしたが、
広島の平和記念資料館の観覧料は、大人50円(大学生以上)と
驚くほど格安でした。


「原爆資料館」を出ると小雨が降り始めていました。
仕方ないので、長崎駅までタクシーを使うことにしました。

そろそろお土産の心配をしなければならないので、
またまた運転手さんにお尋ねしました。

「土産物屋だけでなく、眼鏡橋の前など、
 市内のアチコチでカステラ屋さんを見掛けましたが、
 地元の人にも観光客にも人気のあるのは
 どこのカステラですか?」
すると、その運転手さん曰く、
「全国的には文明堂さんが有名でしょうが、
 こちらでは福砂屋さんが一番人気じゃないでしょうか。
 特に『特製五三焼カステラ』は売り切れるのも早いようです。
 本店もありますが、長崎駅でも買えますよ」
とのお答えでした。

カステラ文化館

長崎駅に着くと、早速、「福砂屋」さんに寄って
土産用のカステラを買いました。


駅を出ると小雨は止んでいました。
路面電車に乗り換えて、出島電停で降り、
ガイドブックで読んで昼間もちょっと寄っていた
「出島ワーフ」に夕食を食べに行きました。

出島ワーフ

長崎出島ワーフ

ちょうど「HDR-HC1」の電池が切れ掛かっていたので
ここの一階にある「釣り堀海鮮市場 長崎港」で海鮮丼
を注文して、ついでに充電をさせてもらいました。(苦笑)


「出島ワーフ」を出た後は、
シーサイドパーク周辺をブラブラしました。
稲佐山や長崎港の夜景が綺麗でした。

出島ワーフ


出島ワーフの夜景を眺めながら
いよいよこの長かった旅も明日で終わるのかと思うと、
ガラにもなく、ちょっと感傷的になってしまう岩窟王
なのでありました。(苦笑)


※16:9の写真は「HDR-HC1」の動画から起こした静止画です。
 その他の写真は「FinePix F11」で撮影したものです。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/05/18 14:36 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。