姫路に居ます 【追記あり】 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

姫路に居ます 【追記あり】 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > 旅行・聖地巡礼 > 姫路に居ます 【追記あり】

姫路に居ます 【追記あり】

旅先からの書き込みです。
今朝、早く家出て、午後に名古屋城を見てから
夜7時過ぎに姫路に着きました。
ホテルに着いてすぐに夜桜見物で賑わっているかと
ライトアップされた姫路城を見に行きましたが
まだ、ちょっと花見には早かった(桜もやっとツボミ)ようで
ほとんど人はいませんでした。
今はホテルのロビーにある無料PCを借りて書いています。
明日は岡山と倉敷に行きます。

自称晴れ男の僕にしては珍しく、
姫路は先ほどから雨が降り出しました。(汗)
明日も雨のようです。ちょっと凹んでいますw。
では、また機会があれば、書き込みます。では、では!


●追記●


名古屋城

※桜が咲き始めたばかりの名古屋城

名古屋には午後1時に到着しました。
列車での移動には「青春18きっぷ」を使いましたので
早朝5時過ぎのほぼ始発に乗って、小田原→熱海→興津→浜松
→豊橋→名古屋と各駅や快速を乗り継ぎながら、
約6時間、列車に揺られていたことになります。
天気はずっと快晴でした。
これが「青春18きっぷ」です。一枚で5回分(5日分。複数人での使用も可)

※これが「青春18きっぷ」です
 「青春18きっぷ」の詳細については以下へどうぞ。
これさえ読めば今すぐ旅立てる!
 「青春18きっぷ」超基本ルール10 - [鉄道旅行]All About



以前、日中の高速バスで関西まで旅行したことがあります。
移動に8時間半もかかる上、狭いバスの中は退屈で退屈で、
「値段は倍以上でも新幹線の方が百倍、楽!もう二度と乗らない」
と思ったものですが、不思議と約6時間にも及ぶ各駅列車の旅は、
案じていたより快適でした。
駅での乗り換えや、電車や乗客が変わることで
気分転換になるからでしょうか。
愛煙家の僕には、なかなか煙草が吸えない事だけが苦痛でしたがw
車窓を眺めているだけで意外と退屈せずに過ごせたのです。

静岡では富士山が綺麗に見えました

※静岡では富士山が綺麗に見えました

乗り換えでは、毎回ほぼ先頭の車両に乗りました。
電車は先頭と最後尾の車両が最も空いていると聞いたからです。
おかげで、混雑していた小田原・熱海間を除いて
すべて座って過ごせたので幸いでした。
もっとも平日ということもあって空いていたのでしょう。


名古屋駅からお城までは路面電車に乗りました。
いわゆるチンチン電車wです。
路面電車がほとんど姿を消した関東周辺では、
東京の下町を走る「東京都交通局荒川線」
(大塚に友人が住んでいた頃、彼のアパートのすぐ脇を走っていた)、
下高井戸から渋谷の三軒茶屋まで走る「東京急行電鉄世田谷線」
(「下高井戸」には別の友人の彼女が住んでいたなぁw)、
そして鎌倉の「江ノ島電鉄」(法律的には鉄道らしいですが)
くらいしか思い浮かびませんが、この後旅をする山陽、九州では
アチコチの街で乗ることになりました。

2時間半ほど名古屋城周辺で過ごして、帰りは地下鉄で駅に戻り、
その後は、大垣→米原と乗り換えました。
米原からは特別快速なので、京都、大阪までもけっこう早く、
ウトウトしているうちに姫路に着きました。
とにかく初日はなるべく距離を稼ぎたかったので、
ほぼ一日、電車に揺られていた感じです。

ライトアップされた姫路城

※ライトアップされた姫路城

姫路城の内部には第一回のUSJオフ会の為に
関西旅行をした2001年の夏にゆっくり見学しましたので
今回の旅ではこのライトアップされたお城しか
見ていません。
この投稿をした翌日は、早朝に起き出して
姫路駅から岡山を目指しましたので、
結局、日中の姫路城は見ていないことになります。


※16:9の写真は「HDR-HC1」の動画から起こした静止画です。
 その他の写真は「FinePix F11」で撮影したものです。


【追記】

以下の文章は、2001年の夏に行った姫路城について
後日「王国伝言板」(当時のメインBBS)に書いたものです。
画像のURLが現在と変わっておりますので、
記事へのリンクだけでは写真が見れないため、
改めて一部を転載致しました。
(「www.ba.wakwak.com/~gank/」の部分を
 「dvd.or.tv/」に代えれば見れるのですが)
該当ページ

因みに、この記事を書いた数日後に、
あのアメリカ同時多発テロが起こりました。

=========================

姫路城

この城は熊本城と並んで、よく映画やTVの時代劇に登場する
ことで知られているお城です。

最近では、昨日見てきた「赤影」でもロケしていましたし、
古くは、撮影中に城壁の一部を傷つけたことで問題になった
「007は二度死ぬ」が有名。
TVでは「暴れん坊将軍」で江戸城として登場していますが、
特に有名なのは、黒澤監督の「影武者」や「乱」でしょう。

特に「影武者」では、天守閣周辺の大小の門、
当時のままに保存されている城内部も
武田軍による城攻めの場面や、武田軍の軍儀の場面、
織田信長の居城であった安土桃山城の内部
として撮影されました。

僕が今回一番見たかったのが、
武田信玄らしき男を撃ったとする兵が、
徳川家康の前で火縄銃を使って実演してみせる場面に登場する、
狭間(弓、鉄砲を発射する小窓)が印象的な「はの門」です。

「はの門」

映画の中では遥か彼方の小松を撃つのですが、
実際の「狭間」を覗くと、こんな風景でした。
あれは映画のマジックなのですね。

実際に狭間を覗いて分かったのは、
この狭間から違和感なく銃を撃つには、
かなり背が低くないと無理だということです。

あの場面に登場した小太りの俳優さんは、
火縄銃の扱いを完璧にマスターして撮影に臨み、
黒澤監督を盛んに感心させたそうですが、
たぶん身長の低さで選ばれたのだと思います。
僕(176cm)が銃を構えた格好で立つと、
ひざをかなり曲げないと狭間の窓から外を覗けませんでした。

世界文化遺産 国宝姫路城

※転載終了※

当時は常連さんからのカキコも多く、
その記事へのレスを含めると、ほぼ毎日更新していましたねぇ。
すっかり怠け者になった現在とはえらい違いです。(汗)


初日 名古屋→姫路(この記事です)
二日目 岡山→鷲羽山→倉敷
三日目 尾道紀行 その一
三日目 尾道紀行 その二
三日目 尾道紀行 その三
四日目 広島・宮島
五日目 門司港レトロと博多
六日目 別府と湯布院
七日目 阿蘇と熊本城
八日目 島原から長崎へ
九日目 長崎観光 その一
九日目 長崎観光 その二
最終日 長崎から羽田へ




関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/04/01 23:22 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する