8月24日(土)「あの花夏祭inちちぶ」参加雑記(No.2) Cinema Kingdom Blog

8月24日(土)「あの花夏祭inちちぶ」参加雑記(No.2) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 8月24日(土)「あの花夏祭inちちぶ」参加雑記(No.2)HOME > あの花 > 8月24日(土)「あの花夏祭inちちぶ」参加雑記(No.2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8月24日(土)「あの花夏祭inちちぶ」参加雑記(No.2)

前回の更新後、「劇場版あの花」の初日舞台挨拶に参加したり、
遅ればせながら今頃になって「Twitter」にハマッていたり、
なんだかんだで、しばらく更新が出来ませんでした。すみません。(汗)
そんなわけで前回の記事の続きです。

整理券を入手してからは物販のテントを覗いたりして、
「あの花夏祭inちちぶ」の中心となる「妙見の森公園」の周辺を
お昼頃までブラブラしながら過ごしました。





「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」公式サイト
あの花夏祭 in ちちぶ|劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。| 公式サイト
イベント-秩父観光なび あの花夏祭inちちぶ









物販の待機列などで混んでいたためか、当初の予定より数時間早く、
「番場商店街通り」が通行止めになって、歩行者天国になりました。

あの花咲かそうプロジェクト

「劇場版あの花」公開のプロモーションの一環として、
かなり早い段階から動いていた企画がこの「あの花咲かそうプロジェクト」でした。
全国共通前売り券の第一弾特典として付いていた「めんまからの手紙」に
同梱されていた「あの花咲かそうシードペーパー(花の種)」を育てて
秩父を花でいっぱいにしようと呼びかけた、かなり意図不明な企画でした。(苦笑)
その花の鉢と花の写真の受付が、この日、「妙見の森公園」で行われました。








公式サイトの「あの花夏祭 in ちちぶ」ページには、以下の告知がありました。

============================
12時~「あの花咲かそうプロジェクト」皆様のあの花受付
育てて頂いた「あの花」の実物もしくは、お写真をお持ち頂いた方に、特製グッズをプレゼントします!

【参加方法】
◯受付場所:妙見の森公園
◯プレゼント
①「あの花」のお写真をお持ち頂いた場合 → 特製ポストカード
②「あの花」実物をお持ち頂いた場合 →特製ポストカード + ブックマーカー&トートバックセット

※植木鉢でお持ち頂く場合は、そのままお預かりし、ブース付近に展示致します。
※ビニールポットでお持ち頂く場合は、プランターに植え替えさせて頂きます。
※「あの花」は責任をもってお預かりします。

============================

つまり、この日、「妙見の森公園」に花の鉢を持って行けば、
「特製ポストカード + ブックマーカー&トートバックセット」がもらえるというわけです。
鉢と写真の受付時間は午後12時ということでしたが、
時間になっても受付は始まらず「ノベルティの搬入が遅れているので少々お待ち下さい」
とのアナウンスがありました。
サイトの説明に「数量限定」とも「先着順で無くなり次第終了」とも書いていないので
慌てる必要はないのだろうと、知人と落ち合って提出前に昼食を取ることにしました。
これが大きな間違いで、午後1時過ぎに受付に行ってみると
「ブックマーカー&トートバックセット」はもう品切れになっており、
「特製ポストカード」しか残っていませんでした。
しかも鉢の数に関係なくひとり一枚ということでした。
だったら、サイトに一言、注意書きをしておけよと腹が立ちました。(苦笑)

花の種は何種類かあったようですが、代表的なものは「勿忘草」だったようです。
「勿忘草(わすれなぐさ)」の花言葉は、「真実の愛」、「私を忘れないで」。
めんまのイメージフラワーであり、題名の「あの日見た花」でもあります。
しかし、「勿忘草」は本来、晩秋に植えて初春に咲く花です。
暑さに非常に弱く、素人が真夏に育てられるような花ではありません。
そもそもシードペーパーから発芽させるだけでも一苦労で、
発芽しても土を無菌状態に保ち、温度管理と水やりを完璧にやらないと
すぐに枯れてしまいます。

そんなこともあって、運営側としては、花の鉢を秩父まで持ってこれるのは、
多くて2、30人程度だろうと予想していたのだと思います。
ところが、開催直前になって、(非公式なコメントではありましたが)
花の鉢は必ずしもシードペーパーから育てた花でなくても
「あの花」をイメージする花なら良い、ということになって、
予想以上に鉢が集まってしまったようなのです。
というわけで、上の写真にも写っていますが、枯れてしまって土だけの鉢や、
そこらのホームセンターか花屋で買って来たと思われる安そうな夏の花の鉢が
ズラッと並ぶことになりました。
まあ、こちらも受付開始を待たずに、のんびり飯を食っていたわけで、
仕方ありませんが、正直、それはないぜ・・・という気持ちになりましたw。

謎が多い「あの花咲かそうプロジェクト」

さて、それはそれとして、この「あの花咲かそうプロジェクト」には
まだまだ明かされていない、何かがあるように思います。
まず、持参した花の鉢を『責任をもってお預かりします』とありますが、
では、いつ返してくれるのか?、何のために預かるのか?
の説明が、公式サイトでも現地でもまったくされておりません。
それに、晩春から真夏に育てるのは、相当困難な「勿忘草」を
シードペーパーの種として、なぜ、わざわざ選んだのでしょうか???

それから、もう一点、気になることがあります。
2013年5月9日付けの「アニメイトTVニュース」が、
観客参加型の大企画【あの花咲かそうプロジェクト】に
長井龍雪監督とめんま役の茅野愛衣さんが参加することが決定

との報道をしています。
【あの花咲かそう】プロジェクトに長井監督と茅野さんが参加決定! - ニュース - アニメイトTV

しかし、その後、この件に関しての後追い報道は、
すでに劇場公開が始まっている今現在まで、いっさいされておりません。
あれは何のことだったのだろうかと、5月からずっと気になっていました。
単なる誤報だったというオチかもしれませんが、関係者だけが知りうる、
極秘内部情報のリークだった可能性もあります。

【あの花咲かそうプロジェクト】に長井龍雪監督と茅野愛衣さんが参加
とは一体、どんな意味なのでしょうか???
少なくとも「あの花夏祭 in ちちぶ」での「あの花咲かそうプロジェクト」の受付に、
長井監督と茅野さんが絡んだ形跡はありません。
そもそも早春から仕込んでいるはずの「あの花咲かそうプロジェクト」ですが、
現時点では「観客参加型の大企画」などとはとても呼べない状況です。
かなりガチなファンにも企画自体、忘れ去られているレベルではないでしょうか。
しかし個人的には、「あの花咲かそうプロジェクト」にはまだ隠されている何か、
ファンがアッと驚くような意図があるのではないかとにらんでいます。
それが明らかになるのはおそらく秩父市吉田地区の「龍勢祭り」の頃でしょう。
(「龍勢祭り」は、毎年10月の第二日曜日に行われる。今年は10月13日)
まあ、僕が勝手に想像しているだけなので、何の保証も出来ませんがw。


さて、話を8月24日(土)の昼過ぎに戻しましょう。
その後も秩父神社周辺でダラダラと時間を潰して、午後2時15分前に
キャストトークショーとGalileo Galileiのスペシャルライブが行われる
南小学校まで移動しました。
トークショーの集合時間が開演一時間前の午後2時だったためです。




市の観光課職員が中心だと思われる、十数人の誘導スタッフの指示で、
小学校の校庭を半周するように約千人が番号順に並ばされ、
午後2時20分過ぎにその順番で体育館への入場が開始されました。
体育館は当然土足厳禁ですので、入口で靴を脱いだ僕等は
配布されたビニール袋に自分の靴を入れて持ち、ステージ前に向かいました。
パイプ椅子などは用意されておらず、すべてスタンディングでした。
順番が30番台だった僕は、前から二列目の好位置を確保出来ました。

会場となる体育館の二階の踊り場の柵には、歴代の公式じんたんTシャツが
ハンガーにかかった形でズラッと隙間なく飾られており、壮観でした。
ただ、二階の窓は開いていたとは云え、小学校の体育館ですから
それほど広いとは云えないスペースに大人千人が詰めかけた形でw
多少、蒸し暑く感じました。
ステージ上には、トークショーの2時間後に行われる予定の
「Galileo Galileiのスペシャルライブ」の為のアンプ類やドラムなどの
機材がすでにセットされていました。

全員が入場するのに優に20分はかかったと思いますが、午後3時過ぎに
ステージ上に浴衣姿の茅野愛衣さん、早見沙織さん、近藤孝行さんが
拍手と共に登場し、キャストトークショーが始まりました。
近藤さんの浴衣は、昨夏のお台場での「超平和バスターズのお楽しみ会」
の時と同じ浴衣だったと思いますが、女性陣お二人は初めて見る浴衣でした。
茅野さんの「皆さん、順番に一歩下がって座りましょうか」という呼びかけで、
ステージ前の観客から順に床に腰を下ろし、全員が座ったところで、
ステージ上にも長テーブルと椅子が運ばれて来ました。
このトークショーは「劇場版あの花ラジオ」の公開録音も兼ねていたので
進行は茅野愛衣さんが行う形でした。

トークショーでは、番場商店街の「あの花屋台村」で販売されていた
あの花の各キャラクターに因んだネーミングの食べ物から選んで当てる
「絵描き歌クイズ」や9月13日が誕生日の茅野さんの誕生日を祝う、
サプライズ・バースデー・パーティーなどが行われました。
この時の模様(音声)は、9月13日に「劇場版あの花」公式サイト内の
劇場版あの花ラジオのページに特別号としてUPされる予定です。


茅野愛衣さん、小学校の体育館でサプライズバースデー 埼玉新聞

ショーの中で、蒸しパンで作られたバースデーケーキが披露されましたが、
そのケーキを撮ってTwitterに上げていらっしゃった方がおりますので、
こちらに貼り付けておきます。


40分程度でトークショーは終了し、観客は全員、一端、外に出されました。
程なく先ほどと同じ要領で、もう一度校庭の周りに整理券の順番通りに並んで
再度、入場開始を待ちました。
トークショーの待機をしている時に、目の前の武甲山の山頂が雲で隠れ、
小雨がポツポツと来ていたので、上映会の心配をしていたのですが、
外に出てみると武甲山は綺麗に見えており、大事に至らず幸いでした。

午後4時過ぎに入場が開始され、また二列目に陣取ってライブを待ちました。
開演に先立ってスタッフの方から
「ライブですから大いに盛り上がったり、飛び跳ねたりは結構ですが、
こちらは小学校の体育館です。あまり派手にやらないようにお願いします」
との注意があり、程なくGalileo Galileiがステージに登場しました。

Galileo Galilei は昨年まで5人編成でしたが、
ギターの岩井郁人さんとキーボードの野口一雅さんが脱退して、
現在はボーカル&ギターの尾崎雄貴さん、ベースの佐孝仁司さん、
雄貴さんの弟でドラムの尾崎和樹さんの三人編成で活動されています。
今回のライブは、ギターの男性とキーボード&コーラスの女性が
サポートメンバーに入られていて、5人編成での演奏でした。
演奏されたのは、「青い栞」と「サークルゲーム」の2曲と、
アンコールに「青い栞」を再度の全三曲だけで残念でしたが
観客も大合唱したアンコールの「青い栞」は最高に盛り上がりましたw。
特に大サビ部分の一体感はパねえ感じでしたw。
女性はレコーディングにゲストボーカルとして参加したラブちゃんでは
ないようでしたが、やはり、あの2曲は女性コーラスが入ると栄えますねw。

Galileo Galilei のライブを観るのは、2011年の「Anohana.Fes.」の時と
去年の「お楽しみ会」のシークレットライブに続いて三度目となりますが、
今回はその前二回と比較しても、一段と素晴らしい演奏でした。
(過去2回のライブはソフトではカットされ、いずれも映像化されておりません)
音漏れ防止で全ての窓、ドアが閉じられた中での演奏だったこともあって、
たった三曲だけでしたが、文字通り、熱いライブでしたw。


Galileo Galilei のライブ終了後、大半の観客は「妙見の森公園」で
午後5時45分から開始される予定のプレゼント抽選会に急いで向かわれたようですが、
僕はあの花の資料展示が行われているという本町の「知々夫ブランド館」を
覗きに行くことにしました。


長くなったので、続きはまた別のページにします。
今度はなるべく早めに仕上げるつもりです。(汗)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)
(2013/08/21)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

サークルゲーム(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)サークルゲーム(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2013/08/21)
Galileo Galilei

商品詳細を見る

secret base~君がくれたもの~12 years after special packagesecret base~君がくれたもの~12 years after special package
(2013/08/28)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/10 16:41 ] あの花 | TB(0) | CM(2)
サイトの説明に「数量限定」とも「先着順で数に限りがある」とも書いていないので
慌てる必要はないのだろうと、知人と落ち合って提出前に昼食を取ることにしました。
これが大きな間違いで、午後1時過ぎに受付に行ってみると
「ブックマーカー&トートバックセット」はもう品切れになっており、
「特製ポストカード」しか残っていませんでした。
>全く同じ体験した犠牲者がここにもおります(´・ω・`)ノ
物販、スタンプラリー、ライブ、試写会がある身としてはあの時間帯しか飯食べれなかったです。(ノベリティも相当遅れてたし・・・)

ガリレオ・ガリレイのライブは熱量はパなかったです!
サークルゲームも勝手に歌ってましたが、青い栞の大合唱は
本当に胸が熱くなりました。(もともとそういう告知されてたようですが・・・。)

これも最高の思い出の一つです。

FES 2 あるとおもいます!?
その前に龍勢ですけど。
[ 2013/09/11 21:23 ] [ 編集 ]
> >全く同じ体験した犠牲者がここにもおります(´・ω・`)ノ

おお、そうだったんですか!
あれはヒドいなぁと思いましたが、受付のコは秩父農高のJK(おそらくボランティア)でしたから、
ここで文句を言ってもイタいだけだと、グッと我慢しましたよw。

> ガリレオ・ガリレイのライブは熱量はパなかったです!
> これも最高の思い出の一つです。

あの「青い栞」は良かったですねぇ。

> FES 2 あるとおもいます!?
> その前に龍勢ですけど。

どうですからねぇ・・・。
イベントという形ではないかもしれませんが、
なにかしらあるような気がしているんですけどねぇ・・・。
勝手な勘なんですけどねw。僕も正直、まったく分からないんですよ。


最後に、コメントに引用していただいた
> サイトの説明に「数量限定」とも「先着順で数に限りがある」とも
って部分、再読したら同語反復ですね。(汗)そんなわけで本文は修正しておきました。
[ 2013/09/12 09:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。