2013年5月中に購入した全BDリスト Cinema Kingdom Blog

2013年5月中に購入した全BDリスト Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 2013年5月中に購入した全BDリストHOME > DVD、BD、HD DVD > 2013年5月中に購入した全BDリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013年5月中に購入した全BDリスト

ちょっと早いですが、5月中に購入したBDのリストをメモしておきます。

■国内盤






のぼうの城 豪華版 【完全初回限定生産】 [Blu-ray]
鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]
富士山頂 [Blu-ray]
ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]

映画「のぼうの城」オフィシャルサイト
内田けんじ監督最新作『鍵泥棒のメソッド』公式サイト
富士山頂 (小説) - Wikipedia
「ミッション:8ミニッツ」オフィシャルサイト

国内盤はすべて見終わりました。
「のぼうの城」に関してはすでに公開時に感想を上げておりますが、
他の作品についてはまた日を改めてさせていただきたいと思います。
のぼうの城 Cinema Kingdom Blog


■米国盤


The Great Escape [Blu-ray]
 「大脱走」
(日本語字幕&吹替音声付。国内盤と同仕様)
Willow (Blu-ray / DVD Combo)
 「ウィロー」
(日本語字幕&吹替音声付。国内盤と同仕様)
Grave of the Fireflies [Blu-ray]
 「火垂るの墓」
(オリジナル日本語音声・英語字幕強制表示)

大脱走 - Wikipedia
ウィロー - Wikipedia
火垂るの墓 - Wikipedia

米国盤は国内盤と同仕様の「大脱走」と「ウィロー」、
それから高畑勲監督の傑作アニメ「火垂るの墓」を注文しました。
3枚で送料込みで56ドル弱でした。(苦笑)
紙ものの特典が付いていたりするものの、国内盤の価格設定を考えると、
呆れるばかりの内外価格差であります。
我々日本人には米国内の消費税や州税が課税されないということもありますが、
「大脱走」なんてあちらでは10ドル以下ですからね。

The Great Escape 大脱走





大脱走 製作50周年記念版コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]大脱走 製作50周年記念版コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/04/24)
スティーブ・マックィーン、ジェームズ・ガーナー 他

商品詳細を見る


Willow ウィロー





ウィロー [Blu-ray]ウィロー [Blu-ray]
(2013/04/10)
ワーウィック・デイビス、ヴァル・キルマー 他

商品詳細を見る


火垂るの墓 Grave of the Fireflies




ご存じ、高畑勲監督の珠玉の名作であります。
同時期に「となりのトトロ」を製作することになった宮崎駿監督と
今作でキャラクターデザイン・作画監督を担当した
近藤喜文さんを取り合ったという有名な逸話が残っておりますが、
本作の作画の素晴らしさは「神懸かっている」と思えるくらいです。
特に、いかにも幼児らしさを感じさせる節子のしぐさ、動き、表情には
心底感心させられます。
それも高畑勲監督の鋭い観察眼と演出力があったればこそでしょうが、
それをちゃんと動画に落とし込んだ近藤喜文さんの力量は驚異的だと思います。
(宮崎監督とは違い、高畑さんは自分で絵は描けません)
特に、あの焼け跡の学校の校庭で母に会いたいと静かに涙を流すシーンの
節子のいじらしい仕草を見ていると、毎回、決まって号泣してしまいますw。
わずか4歳とは言え、さすがに当時の海軍士官の娘だけあって、
駄々をこねたり、大泣きしないところが、かえって泣けるんですよ。(涙)

製作が間に合わず、一部、未完成のまま公開された伝説の作品でもありますがw、
高畑勲監督と近藤喜文作画監督の代表作であることは間違いありません。
近藤喜文さんは1998年に47歳の若さで急逝されましたが、
本当に惜しい才能を失ったと思います。

因みに僕は、この作品をはじめて観た時に、
「焼夷弾による大空襲というのはこうゆうものだったのか」と、
妙に実感し、恐怖したのを今でもよく覚えています。
今ならCGを駆使すればかなりリアルな表現も可能でしょうが、
それまでの実写の戦争映画やドラマで、あそこまで「焼夷弾」を
詳細に描いた作品は記憶にありませんでしたからね。
フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白』という
アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を受賞した2003年制作の
ドキュメンタリー映画の中で、元アメリカ国防長官のマクナマラが、
大戦当時、日本本土への無差別絨毯爆撃(焦土化作戦)を立案実行した
カーティス・E・ルメイを痛烈に批判しています。
本当に酷い、非人道的な民間人に対する大量殺戮でしたからそれも当然ですが、
マスコミやネットが発達した現在では、当のアメリカはもちろん、
どんな国も世界的な批判が怖くてあそこまでは出来ないでしょう。

この「Grave of the Fireflies」の米国BDは新発売ではありませんw。
ずっとカートに入れっぱなしにしていたのを今回ついでに注文したのです。
現在、ジブリ関連作品の海外版ソフトは
「Walt Disney Home Entertainment」が権利を持っていますが、
こちらの「Grave of the Fireflies」の米国BDは、「Sentai Filmworks」
という、主に日本のアニメ作品を取り扱う会社が発売元になっています。
その為、国内盤のBDと同じ仕様にはなっておりません。
英語字幕は新しいようですが、それ以外は、おそらく、以前出た
DVD版のマスターと特典映像を流用しているのではないかと思われます。
映像特典は、日本版予告編、英語音声付き本編のストーリーボード、
未公開シーンのストーリーボード程度で、メイキング、音声解説などはありません。
それから、大変残念なことにオリジナル日本語音声を選択すると
英語字幕が強制表示されてしまう仕様になっていました。
(字幕のon/offが選べません)

う~ん、これは内容的には国内盤BDの圧勝かもしれませんw・・・。

火垂るの墓 [Blu-ray]火垂るの墓 [Blu-ray]
(2012/07/18)
不明

商品詳細を見る

=================
ブルーレイ『火垂るの墓』
2012年7月18日発売 7140円(税込)

[映像特典]
絵コンテ(本編映像とのピクチャー・イン・ピクチャー)/絵コンテビデオ1(約2分)/絵コンテビデオ2(約1分)/アフレコ台本/監督 高畑勲 インタビュー映像(約18分)/批評家 ロジャー・イーバート インタビュー映像(約12分)/予告編集/静止画集(ロケハン写真集/美術設定集/美術ボード集/イメージボード集/キャラクター設定・色指定集/全背景画集/製作風景写真集)
[音声特典]
インタビュー
監督 高畑勲/美術監督 山本二三/レイアウト・作画監督補佐 百瀬義行/色彩設計 保田道世/音響監督 浦上靖夫/音楽 間宮芳生
録音ドキュメント1(約6分)/録音ドキュメント2(約6分)
画面サイズ 16:9ワイドスクリーン、1920×1080 FULL HD
映像/音声 カラー/日本語(2.0chサラウンド/DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス))
字幕 日本語字幕、英語字幕
その他仕様 ピクチャーディスク、BD50、MPEG4 AVC、複製不能
本編収録時間  約88分
=================

それから今月の21日、米国で宮崎駿監督の「となりのトトロ」と
「ハウルの動く城」のBDがリリースされています。
My Neighbor Totoro (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo) (1988) 「となりのトトロ」
Howl's Moving Castle (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo) (2004) 「ハウルの動く城」

こちらは「Walt Disney Home Entertainment」の発売ですので
国内盤と基本的には同じマスターを使用していると思われます。
(映像特典には、英語吹き替えキャストのインタビューなど、
国内盤にはない特典が入っています)
両作品とも国内盤のDVDを持っていますし、WOWOWのHV版も録画済みなので、
高額な国内BDは買いませんでしたが、米国BDは一枚30ドル以下ですので
来月にでも注文することになるかもしれませんw。


さて、明日の24日から二泊三日で北海道旅行に行って参ります。
天気予報は土曜日の「一時雨」がちょっと心配ですが、まずまずのようです。
iPhoneしか持って行きませんので、その間、長文のブログ更新は無理でしょうが、
なにか書けたら書きますねw。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/23 18:53 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(3)
いつも拝見させていただいています。

最近 僕が購入した作品は007スカイフォール、メリダの不思議な森ですね。

あとは予約注文したのがシュガーラッシュ、モンスターズ・インク 3Dです。

それ以外には、去年 三菱の3D DLP LVP-HC7800を購入しました。
[ 2013/05/25 22:26 ] [ 編集 ]
> いつも拝見させていただいています。

ありがとうございます。

> 去年 三菱の3D DLP LVP-HC7800を購入しました。

色割れが気にならない方なら「LVP-HC7800」はかなりお買い得なモデルだと思います。
特に3D再生ではトップレベルの実力があるようですから。
購入や予約されたタイトルから想像するに不動明さんはCGアニメ作品がお好きなようですね。
実写映画においては色の階調性や黒レベルの沈み込みがより重要になりますから
DLPよりも三板式の反射型液晶プロジェクターの方が幾分有利になると思いますが、
アニメ作品がメインなら、色むらの出ないDLPプロジェクターは最適かもしれませんね。

[ 2013/05/27 14:52 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます。

>色割れが気にならない方なら「LVP-HC7800」はかなりお買い得なモデルだと思います。
>特に3D再生ではトップレベルの実力があるようですから。

実は工場の生産ラインの生産状況を表示していたPJも三菱のデータPJで一点を凝視してからすばやく視点を動かしてから元の位置を見ると色割れが分かってしまったので、大阪梅田でアバックの商談会が開かれた時に、数台のシアター用PJで試写会が行われていたので、実物を見にいき確認してみました。

同じ三菱でもデータ用とシアター用では作りが全然 違いました。

数値以上にコントラストや階調性も別物に見えましたね。

三菱のDLP PJはデータ用とシアター用の筐体が共通ですが、作りこみは全然 違うと思います。

逆に三板式の反射型液晶プロジェクターは値段の割りには三菱のDLPとほとんど画質の違いが分からなかったです。

仕切りがあるとはいえ、同じ部屋で同時に投射しているので、違いが出にくかったのかもしれませんね。

ビクターやソニーの高級機は4Kでの再生機能があるので、それで見るとまた印象が変わったかもしれないですが、残念ながらそれは試せませんでした。

4Kだと私が所有している作品だとダークナイトのBDはマスターが4Kなので、堪能できたかもしれないですが、値段が高すぎるのと筐体の重量が重過ぎるので今回はパスしました。


[ 2013/05/27 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。