廉価ビデオカメラ「JVC Everio GZ‐E565」を購入 Cinema Kingdom Blog

廉価ビデオカメラ「JVC Everio GZ‐E565」を購入 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 03
HOME > スポンサー広告 > 廉価ビデオカメラ「JVC Everio GZ‐E565」を購入HOME > カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100 > 廉価ビデオカメラ「JVC Everio GZ‐E565」を購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

廉価ビデオカメラ「JVC Everio GZ‐E565」を購入

今月の24日(金)から行く2泊3日の北海道旅行に際し、
デジイチの他に動画も撮りたいと思っていたのですが、
ビデオカメラ代わりにしていたコンデジ「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」は
遂にソニータイマーが発動しまして(苦笑)、半年以上前から
フラッシュが逝くなどの不具合が起こっており、信頼性に欠けました。
そこで、急遽、安いビデオカメラを買って凌ぐことにしました。

なんせ、旅行資金も必要な中、高額なビデオカメラには手が届きません。(苦笑)
それに純粋に画質だけで考えれば、民生用ビデオカメラの最高機種でも
(使い勝手は著しく劣るものの)デジイチの動画にはまだ敵わないでしょう。
まあ、あくまでもメモ代わりの動画撮影にしか使わないつもりでしたので、
高性能化が著しい20倍ズーム付きのコンデジでもいいかなと思ったのですが、
やはり「餅は餅屋」だろうということでビデオカメラにターゲットを絞りました。

僕が2005年の7月に「ハイビジョン・ハンディカム「HDR-HC1」を購入した頃は、
2、3万でフルハイビジョン撮影可能なコンデジやビデオカメラが買えるなんて
夢のまた夢でしたが、時代はすっかり変わりましたw。
今や最新機種ではコンデジですらコンパクトなまま30倍ズームを搭載し、
その上、1980×1080動画を60pで撮れるモデルまで発売されています。
光学手ぶれ補正なんて当たり前に搭載されていますし、
しかも「HDR-HC1」なんかとは比較にならないくらい軽量、コンパクトです。

ただ、難を言いますと、買う時期が最悪でした。
ビデオカメラは卒業・入学シーズンの前に新機種が投入されます。
一昔前なら同時期に型落ちモデルが安くなって出回っていたのものですが、
最近は生産管理が徹底しているのか、春モデルが底値になるのは、
秋から遅くても晩冬くらいまでで、初春になると一気に品薄になり、
入学シーズンの頃には新機種と大差ない位にまで売価が上がってしまいます。
つまり、春は新製品ばかりで売価が最も高止まりしている季節なのです。

価格.comのランキングやクチコミ、そして何より価格wを吟味した結果、
僕が選んだのはJVCケンウッド(ビクター)の「Everio GZ‐E565」でした。



ハイビジョンメモリームービーGZ-E565製品情報 | JVC
“Everio(エブリオ)”「GZ‐E565」 - ビクター 報道資料 2013年
価格.com - ビクター Everio GZ-E565 価格比較

広角29.3mm、F1.8 ~ 3.9、光学38倍(ダイナミックズーム65倍)の新設計レンズや、
新開発の「総画素数251万画素 高感度裏面照射CMOSセンサー」、
「新光学式手ブレ補正機能」を搭載して、1月下旬に発売されたばかりなのに
2万円代で買えるという点に惹かれて決めました。

5月4日(土)の早朝に注文し、翌日の午前中には到着しました。
カメラ本体と一緒に、32GBのSDカード、それに電池の持ちが悪いらしいとのことで
予備のバッテリーを買い、5年間の物理破損対応延長保証も付けました。













あまりに小さく軽いのでビックリしましたw。
発売当初、タイマー表示に不具合が出るトラブルがあったようですが、
その後、ファームウェアで修正されたらしいです。
僕の個体は購入時に既に最新ファーム(Ver.1.05)になっていました。

早速、5日に地元、7日に秩父で試し撮りをしました。
正直言ってかなりガッカリしました。(涙)
確かにフルハイビジョンで撮れますし、使い勝手もそこそこ良かったですが、
なんせ、肝心の撮像素子が「CMOS 1/5.8型」とかなり小さいのが
モロに画質に響いているようで、コンデジの動画と大差ない感じだったのです。
特に、暗さに強い「高感度裏面照射CMOSセンサー」と謳っているわりには
暗い部屋などではまだまだデジタルノイズが目立つ感じでした。

また、光学式とアクティブ型(デジタル式補正)を併用した手振れ補正も
広角側はそこそこ良く効くのですが、望遠側にはあまり効果はなく、
光学38倍ズーム時ですら手持ち撮影ではブレブレになってしまいます。
コンデジではまだズームは光学20倍がメインになりますが、作例を見ますと、
望遠側でもそれなりに手振れ補正してくれるモデルが多いように感じます。
また、撮像パネルの大きさから言っても最新コンデジの方が画質面では有利でしょう。

この価格帯は、売れ筋のコンデジと廉価版のビデオカメラが競合していますが、
こんなことならソニーかパナソニックかキャノンかフジフィルム辺りの
20倍ズーム以上の最新コンデジを買えば良かったと激しく後悔しました。(苦笑)

一昔前はコンパクトカメラとビデオカメラは機能的にも価格面でも
ある程度の棲み分けが出来ていましたが、現在はどのメーカーも下克上状態で、
同じ会社にビデオカメラ部門があろうが遠慮なしに潰しに行っている印象です。
2万~3万円台の高倍率コンデジ界はまだまだ群雄割拠といった体(てい)ですが、
ビデオカメラでの雌雄は既にソニーの一人勝ちと決まりましたw。
「空間手ぶれ補正」の前では他のメーカーの補正技術は数年遅れて映ります。
どうしてもビデオカメラが欲しいというのであれば、借金をしてでも
ソニーのモデル、それも「HDR-CX430V」以上の機種を買うべきです。
予算は出来れば最低でも7、8万は用意したほうが良いでしょう。

僕のように、そこまでの予算は出せなくてw、
「Everio GZ‐E565」を買おうか迷って、この記事を読んでいる皆さん、
ネットでのクチコミはわりと良いようですが、悪いことは言いませんw、
動画と手振れに強い、最新の高倍率コンデジを買いましょう。
その方が購入後の価格対満足度は高くなる気がします。
20倍から30倍の光学ズームがあれば、デジタルズームも併用出来ますから、
入学式、卒業式、運動会、結婚式と、どんなイベントにも対応できます。
それに、当然ですが、動画はともかく、静止画(写真)の画質だけで比べれば、
安価なビデオカメラの静止画など、最新コンデジの敵ではありません。
ブレやすい望遠側の写真なら尚更です。

DSC-WX300 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
DSC-HX50V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
DMC-TZ40|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic
キヤノン:PowerShot SX280 HS|概要
F900 / FinePix F900EXR | 富士フイルム

しかしまあ、僕の場合はもう買ってしまったのですから
後悔ばかりしていても仕方ありません。
売価がこれだけ安いのですから今売っても二束三文でしょうしね。
ビデオカメラの利点、例えば、連続撮影時間がほぼ無制限だとか
(コンデジの連続撮影は最長29分)、オート設定にしておくと
暗いシーンではLEDライトが自動で点くとか、良い面を見て
前向きに愛用してゆくべきでしょう。(苦笑)
5年間の物理破損対応延長保証も付けましたので、
多少手荒に扱ってもOKですし、何よりこの価格のモデルですから
そう多くを望むのは酷というものでしょうしねw。

「Everio GZ‐E565」の購入にあわせて、持ち運び用のシザーバッグと
耐重量5kgのデジイチ対応の大きめなゴリラポットもどき三脚も買いました。
一脚用に買った手持ちのクイックシュー付自由雲台『QHD-51Q』を付けて
使うつもりです。



COCO Camera カメラ 用 三脚 CAMERA TRIPOD

「Nikon D5100」でも使えるようにとこの三脚にしたのですが、
思ったより太くてでかく、雲台を付けると手持ちの「Velbon ULTRA LUXi L」と
大差ないサイズになってしまうのが盲点でしたw。
その分、安定感がありますし、適度な堅さもあって良かったんですが。



軽さは圧倒的にTRIPODの方が軽くて携帯には楽そうですが、
「Velbon ULTRA LUXi L」の方はこのサイズで最大161cmまで伸びますから
どちらを持っていこうか悩むところですね。
「Everio GZ‐E565」用には手持ちのミニ三脚でも充分かなと思い、
試してみたんですけど、「GZ‐E565」の三脚用のネジ穴って、
かなり前方にありまして、あまり小さい三脚だとバランスが取れない
という妙な仕様になっているんですよねぇ。
まあ、ミニ三脚の足を伸ばせば問題無さそうでしたが。


最後に余談です。
北海道旅行の計画は先月末に思い立ったのですが、
今朝、ガイドブックを二冊買っていることに気付き、愕然としましたw。



はじめは前の北海道旅行用に買ったヤツが出て来たのかなと思ったのですが、
最後のページを見るとどちらも14年版と、最新のガイドブックでした。(汗)
まったく同じガイドブックでなかったことだけが慰めですが、
一冊目の方は立ち読みしかした記憶がなく、ページも真っさらな状態でした。
おそらく計画を立てたばかりの時に買ってそのまま忘れてしまい、
旅行会社に予約して、旅が確定した後にもう一冊を買ったのでしょう。
こんなことは初めてですよ。まったく、歳はとりたくありませんね。(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。