酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution Cinema Kingdom Blog

酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolutionHOME > 映画 > 酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution

今月始めにネットをウロウロしていた時、偶然、
「酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution」
という写真集が出ていることを知りました。
「酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution」3月28日(木)発売!! | れポたま!

酒井ゆうじ氏はゴジラのフィギュア原型師の第一人者として知られ、
その作品群は、希少であることもあって常にプレミア価格で取引されています。
2005年に氏の過去の作品を掲載した「GODZILLA DREAM ~酒井ゆうじ造形作品集~」
という写真集が今回の出版元と同じホビージャパンから出ていますが、
現在は絶版で、その中古品にも高値が付いていました。
そんな訳で、今回はこの情報を知ったと同時にアマゾンに飛び、速攻で注文、入手しましたw。
それとほぼ同時期に、氏が造形を務めたモスゴジの「S.H.MonsterArts ゴジラ(1964)」が
ただいま予約受付中だと知り、こちらも速攻で予約しました。







酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution
(2013/03/28)
酒井 ゆうじ

商品詳細を見る




S.H.MonsterArts ゴジラ(1964) | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
(予約締め切り:2013年5月7日(火)23:00まで。価格6,090円(税込)+送料他)

届いた「GODZILLA DREAM ~酒井ゆうじ造形作品集~」は
表紙カバーが「中古品かよ」と思う程、スレと細かい汚れが付いていて
すぐに返品しようかとも思ったのですが、転売は考えていませんし、
「面倒だし、まあ、いいか」とそのままにしてしまいました。(苦笑)

この頃から昭和ゴジラのフィギュア(特にX-PLUSの「東宝大怪獣シリーズ」)
を求めてヤフオク!などを定期的に覗くようになったのですがw、
なかなか手が出ない価格で、少年リック版の限定品となりますと尚更でした。
そんな時、某中古ショップで未開封の東宝大怪獣シリーズ 「ゴジラ(1962年版)」
少年リック限定版が送料込みで10,500円で出ているのを偶然発見!
参考画像も載っていない、入荷したばかりらしいそれを速攻で注文しましたw。







東宝大怪獣シリーズ 「ゴジラ(1962年版)」 少年リック限定版

"キンゴジ"こと「キングコング対ゴジラ」(1962)のゴジラです。
今年の1月初旬まで販売していたらしいですね。
それで過去に出た同社のモスゴジなんかと比べるといくらか安かったのでしょう。

キンゴジとモスゴジは、僕の一番お気に入りのゴジラなんですよw。
なんせ子供の頃、三本立てリバイバル上映などで夢中になって観ていましたからねぇ。
でも、勿体ないのと飾る場所がないので、まだ未開封のままなんですけどねw。

ゴジラ繋がりで書きますと、本多猪四郎監督の奥様のキミさんが書かれた
「ゴジラのトランク 夫・本多猪四郎の愛情、黒澤明の友情」という本も買いました。
どちらかというと三度も招集され戦地に赴いた監督の若い頃の話とご夫婦のお話が中心で
僕が知りたかった監督のゴジラ製作秘話的な話はさわり程度でほとんど出てこなかったのですが、
黒澤明監督の晩年の作品で本多猪四郎が果たした役割など、なかなか興味深い考察もありました。
一緒に、映画本と云うことでご紹介しますが、「DVD&ブルーレイでーた」の連載記事をまとめた
「三つ数えろ!」も読了しております。



ゴジラのトランク 夫・本多猪四郎の愛情、黒澤明の友情
映画監督が選ぶ名画3本立てプログラム 三つ数えろ!

「三つ数えろ!」はすでに鬼籍に入った監督のインタビューもあり、
それぞれの監督の好みの映画の傾向が窺えてよかったです。
ただ、なんせ、自身の最新作の宣伝が最大の目的で、
その作品の内容やテーマに絡めた作品を無理矢理三つ選んでいる感じもありました。
それぞれの監督が選んだ、純粋な「生涯ベスト3」にはなっていない点と、
ツッコミが足らない(インタビュー中心なので深みがあまりない)点に
多少の不満も残りました。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/28 10:37 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。