秩父で「劇場版 あの花」の新KVと新PVのカットを撮影 Cinema Kingdom Blog

秩父で「劇場版 あの花」の新KVと新PVのカットを撮影 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
HOME > スポンサー広告 > 秩父で「劇場版 あの花」の新KVと新PVのカットを撮影HOME > あの花 > 秩父で「劇場版 あの花」の新KVと新PVのカットを撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秩父で「劇場版 あの花」の新KVと新PVのカットを撮影

天気と秩父での桜の開花状況を鑑みて、昨日の4月5日、
今年はじめてとなる「あの花」聖地巡礼に行って参りました。
午前中は薄曇りだったのですが、午後3時くらいまでは晴れの予報でしたし、
土日は雨、所によっては春の嵐になるとの予報でしたので、
この日を逃すと桜が散ってしまうと出掛けて来たのです。

長瀞の桜を観て(撮って)から、旧秩父橋へ着いたのが午前10時半くらいでした。
さっそく「劇場版 あの花」の新キービジュアルの背景となった橋架下へ降りて撮影です。


(C) ANOHANA PROJECT

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。| アニメ公式サイト

今回は気合いを入れて三脚持参で行きましたw。
何カ所か微妙にアングルを変えて縦写真を何十枚か撮ったのですが、どうも何か違和感が。
途中でやっと気付きましたが、今回のキービジュアルは横に撮った写真を
縦に引き伸ばして描かれているんですね。

旧秩父橋 橋架下通路


例えば、上の写真を縦方向にアスペクト比変更をすると下の画像になります。



どうも左側の石垣や奥の階段が、実際のものより高く見えるなぁと思って気付きました。
他にも細かい省略や改変はあるようですが、おそらくこの背景はこの手法で描かれたのでしょう。

次にお馴染みの定林寺に向かいました。

札所遍路17番実正山 定林寺


こちらの記事の「第4弾前売り券(お花見Ver.)」イラストの感想で
「残念ながら現実の定林寺に、確か桜の木はなかったと思います」を書きましたが、
すみません! 僕の勘違いでした。 定林寺に桜、ありました。(大汗)
石段を登ったお堂の周りにはないのですが、その手前と参道には植わってました。
(「第4弾前売り券(お花見Ver.)」と同じアングルからですと
 入るのは右寄りの桜の木一本だけなので、参道から引いて撮っています)

映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』特別先行映像


こちらは劇場版用に制作された新映像を含む、初めてのPVになります。
その冒頭部分で新たに描かれた定林寺のシーンを写真で再現してみました。





































微妙に撮り位置が違っている写真もありますね。すみません。(汗)
劇中に出てくる赤いベンチはひとつなのですが、実際の定林寺にはふたつあります。
上の写真はその形からして、出てこないほうのベンチでしたね。(汗)
灰皿の位置も違うので、これは確実に撮り直しです。(苦笑)
(※4/13に撮り直しに行き、数点、画像を差し替えました※)
それからこの日の地蔵尊の脇には「奉納」の赤い幟(のぼり)がなかったので、
この写真のみ、過去に偶然撮っていた同アングルの写真を載せています。

すべて、定林寺の境内でかくれんぼをしている超平和バスターズを描いたシーンですが、
PV映像をよく見てみますと、昼間は開いているお堂の正面の扉が閉じられています。
下の写真は過去の巡礼の際に撮った、お堂の正面扉が閉じた状態の定林寺です。



定林寺の寺務所は午後5時には閉まってしまい、お堂も全ての扉を閉めて鍵が掛けられます。
盗難や突然の風雨を考えれば当然の処置ですね。
さて、ここで、TVアニメ「あの花」の最終話の集会の場面を思い出して下さい。
僕も実際に夜の定林寺を撮影に行くまでまったく気が付きませんでしたがw、
あの夜の定林寺では、なんと、昼間と同じようにお堂の正面の扉が開いたままになっているのです。(苦笑)
劇場版にもあのシーンは出てくると思いますが、出来れば、あのミスは修正していただきたいものです。

お堂の正面扉が閉まっているとなると、彼等が遊んでいるのは、
(みんな夏服なので)初夏の放課後といったところなのでしょう。
(だとしても、じんたんが鍵のかかった堂内にどうやって入ったのかは謎w)
そんなわけで、隠れ場所を探している三つ編みツインのめんまがかわいい場面の上の画像に
どうしても写り込んでしまう、撮影禁止の堂内にはモザイクをかけさせていただきました。
扉が閉まった時間に再び撮影に行ければ、画像を差し替えるつもりです。
(※4/13に撮り直しに行き、数点、画像を差し替えました※)

余談ですが、幼少期の超平和バスターズはみんな小さいですねw。
あなるやつるこが隠れている(ほとんど見えていますがw)場所から推測するに、
幼稚園児から小学生になったばかりくらいの大きさでないと無理があるくらいです。
岡田麿里さんの小説版の中では、めんまが亡くなったのは超平和バスターズが小学五年生の時、
という設定になっていて、現在はそれが定説として扱われています。
しかし、監督の長井龍雪さんのインタビュー記事によりますと、
アニメ版では年齢にはあえて触れずに、視聴者によって園児にも小学生にも
見えるように描いているとのことでした。
実際、アニメ版も小学五年生として捉えると、彼等が高校1年になった時点で
めんまの弟の聡君が中学生(おそらく1年生)という設定には無理があるように思えます。
めんまが亡くなる直前の描写では、まだ幼児に見えましたからね。
個人的には、めんまが亡くなったのは小学2年か3年の夏なのではないかと想像しています。
10話に、お母さんが亡くなったばかりのじんたんに声をかけようとして躊躇する
幼少期のあなるの描写がありますが、その背景に「三年生保護者会」とあるためです。



岡田さんが「小学五年生の時」とアニメ版よりちょっと上に設定したのは、
文字だけで表現しようとした時に、小学校低学年の子供の心理を描こうにも
幼すぎてかえって難しいと判断されてのことだと想像します。
10歳前後にしておけば、ある程度、理路整然とした思考をしてもおかしくない歳ですからね。


さて、しばらく「あの花」聖地巡礼をしていない間に
定林寺では新たな定林寺限定あの花グッズである「めんまのお守り」を発売していました。
さっそく買いましたがw、宣伝しますからと写真も撮らせていただきましたw。





もしかしたら以前にも書いたかもしれませんが、
こちらの寺務所(納経所)には、定林寺限定発売の「あの花絵馬」に書かれた、
めんま役の茅野愛衣さんとぽっぽ役の近藤孝行さんのサインが飾られています。



茅野さんのサインは、2011年の龍勢祭で秩父を訪れた際に書かれて寄贈されたもので、
近藤孝行さんのサインは、実際にプライベートで定林寺を訪れた際に書いていったものだそうです。
なんでも事務所の有志数名で巡礼をしたらしく、後輩等に無理矢理書かされたものの、
寺務所のおじいさんが本物だと信じてくれなくて困った、なんてエピソードをどこかで読みましたw。
余談ですが、定林寺には同時期に、じんたん役の入野自由さんもプライベートで訪れています。
西武秩父駅前の観光案内所で電動自転車を借りて、友人とふたりで秩父をまわったと、
茅野さんが担当する「あの花ラジオ」の二度目のゲスト回の時に語っておられました。


定林寺のすぐ隣にある「けやき公園(桜木町児童公園)」では枝垂れ紅桜が満開でした。
TVアニメ版の第三話「めんまを探そうの会」のAパートで
登校途中で引き返して来たじんたんが座っていたベンチがある公園です。









作品中でモデルになっていた「犬の放し飼いはやめましょう」の看板は、
昨年の春の時点ですでにボロボロで、夏か秋には撤去されていたのですが、
新しい看板が代わって立っていました。



「あの花」秩父聖地巡礼まとめ No.9・第3話「めんまを探そうの会」


その後、「ほっとすぽっと秩父館」に移動しました。

ほっとすぽっと秩父館


「あの花」秩父聖地巡礼まとめ(アルバムNo.6・第2話「ほっとすぽっと秩父館・1」)

ここのあの花グッズ関連の展示物は定期的に入れ替わっているのですが、
今回は、先のACE 2013の「MIC」ブースでも展示されていた、
茅野さんの直筆サイン入り第1弾前売り券(夜祭りVer.)の特典ブロマイドと、
ジャンプフェスタ2013内で販売された「第2弾前売り券(クリスマスVer.)」他、
「あの花」関連商品を3,000円以上購入した方にプレゼントされた
『超平和バスターズ特製ブックマーカーセット』が新たに仲間入りしておりました。





茅野愛衣さんのサインは、昨年、秩父夜祭の最終日に打ち上げられた、
「あの花スターマイン」のスピーチのために秩父に招かれた際に書かれたものなのでしょう。
『超平和バスターズ特製ブックマーカーセット』も意外と大きくてビックリしました。


さて、久々の「あの花」巡礼でしたが、地方からの上京者が多い季節のせいか、
平日にも関わらず、巡礼スポットではかならず他の巡礼者をお見掛けしました。
特に定林寺では僕がいる間だけでも十人以上の巡礼者がいらっしゃいました。
何人かの巡礼者とお話させていただきましたが、意外と「秩父ははじめて」という方が多いんですよね。
そんな方に公式の巡礼ガイドには載っていない、あの花スポットをお教えするとかなり喜ばれますw。
一眼レフやミラーレスを構えるカメラ女子の姿も目立ちますが、下手に声を掛けて、
変な下心があると思われてもシャクなのでw、話をするのはもっぱら男性なんですけどねw。

またまた多数の画像と駄長文になり相済みません。
次の巡礼は、芝桜を撮りに行くついでにする予定ですw。


長瀞(ながとろ) 法善寺のしだれ桜


長瀞 北桜通り桜のトンネル(日本さくら名所百選)


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/06 16:42 ] あの花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。