かなり久々に秩父三峰山「三峯神社」へ Cinema Kingdom Blog

かなり久々に秩父三峰山「三峯神社」へ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > かなり久々に秩父三峰山「三峯神社」へHOME > 旅行・聖地巡礼 > かなり久々に秩父三峰山「三峯神社」へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

かなり久々に秩父三峰山「三峯神社」へ

奥秩父、真冬の名勝「三十槌の氷柱」』からの続きです。



「三峯神社」の駐車場(料金500円也)から拝殿までは
徒歩で10分から15分程度です。
地元では早朝は曇り、出掛ける前は小雨も降ったのですが、
花園辺りに着いた頃にはご覧の通り快晴になっていました。
我ながら己の晴れ男ぶりが恐ろしくなりますw。

駐車場から三ツ鳥居に至る道を振り返る

駐車場向こうの秩父連山

駐車場から三ツ鳥居に至る道

今や「三峯神社」は、日本屈指のパワースポットとして
知られているのだそうです。(苦笑)
僕自身は無宗教、不信心な男ですし、
「パワースポット」という概念についても懐疑的ですが、
他人の信心や信仰を否定するつもりは更々ありませんし、
神仏や霊場に対しては畏敬と謙虚さを以て接するべきだと
常々感じています。
特に神社仏閣と云うのは日本人の文化と歴史そのものですから
いくら無信心であっても日本人である以上、敬い尊ぶのは当然です。
僕はどこかに旅に出掛けたら、必ずと云って良いほど
その地の代表的な神社仏閣を訪れるようにしています。
ただ、だからと云って、参拝したり、お守りやお札を戴くことは
まずありません。おみくじすら引かないくらいですw。
信仰を持たない僕のような人間が神仏に願い事をするなんて
かえって傲岸不遜というものですよw。

三峯神社(みつみねじんじゃ)

三ツ鳥居(みつとりい)
三ツ鳥居

三峯神社の鳥居は明神型鳥居を三つ組み合わせた「三ツ鳥居」
という珍しい形をしています。

この鳥居を入ってしばらく参道を進むと十字路になります。
右手は石段でその上に「遥拝殿」、左手には威風堂々とした「随身門」があります。
まずは右手の石段を登って「遥拝殿」に行きました。

遥拝殿(妙法ケ岳山頂の奥宮の遥拝所)
随身門下から遥拝殿に続く参道と石段を望む

遥拝殿

妙法ケ岳山頂の奥宮を遥拝

秩父盆地方向

遥拝殿の真正面に妙法ケ岳があり、その山頂には三峯神社の奥宮があります。
石段を登り切った右手奥から妙法ケ岳の頂上までの山道が続いていて
徒歩で1時間程かかるらしいですが、そこまで行けない参拝者の為に
この「遥拝殿」が設置されたらしいです。
ここから辺りを眺めますと周りは山ばかりです。
この地の標高自体もそこそこ高いことが分かりますから、
三峯神社が如何に人里離れた山中にあるのかを改めて実感してしまいます。
徒歩で登って来るしかなかった時代の信者は、
ただ参詣するだけで、さぞ大変な思いをされたのでしょうねw。

「遥拝殿」を後にして「随身門」を見下ろしながら石段を引き返しました。
「随身門」をくぐる道は拝殿に至る本来の表参道だそうですが、
この時は道が凍っていて危険ということで、通行止めになっていました。

随身門
随身門

狛犬

狛犬

随身門

「随身門」の入口の左右には狛犬が鎮座しておりますが、
これが普通の狛犬よりかなり大きめで凶暴な顔立ちをしています。
山中の狼を神の使いとして崇めた御眷属信仰(三峯講)に因んで、
「三峯神社」の狛犬はすべて山犬(オオカミ)を模しているのです。






三峯神社拝殿
三峯神社拝殿

三峯神社拝殿

拝殿の側面とその裏にある本殿
拝殿裏の本殿

三峯神社拝殿

秩父 三峯神社
三峯神社 - Wikipedia
秩父鉄道|秩父三社|三峯神社


大きな地図で見る

三峯神社の拝殿の彫刻・彩色は素晴らしいですね。
前日の2月3日は節分で、三峯神社でも豆撒きがあったようです。
もちろん掃除はされたのでしょうが、物陰など目立たないところに
かなりの豆が落ちていましたw。
日曜日でもあったので、ずいぶん混雑したんだろうと想像しますが、
この日は駐車場でも境内でもほとんど人を見掛けませんでした。
静寂と山の冷気に包まれて、荘厳な社殿や立派な御神木を眺めていると、
確かに境内に満ちる霊的な「気」に触れたような気がしたものですw。
思わず、「二礼二拍手一礼」したくなりましたw。










余談ですが、三峯神社の境内にある信者向けの宿泊施設「興雲閣」には
日帰り温泉にも対応した「三峯神の湯」(入湯料500円)があります。
秩父にはアチコチに温泉がありますし、こちらは内湯と洗い場のみなので
僕は入ったことはないのですが、神社の境内で入る温泉というのも
なんだか霊験あらたかなような気がしますしw、身も心も洗われて
良いんじゃないでしょうかw。


その後、来た道を引き返して秩父市街まで戻り、
現在建て替え中の市役所前にある蕎麦屋「立花」に半年ぶりに寄って昼食。
昨年の春に変わったと感じたつゆの味はそのままでしたが、
なんだかんだ言ってもここの天ざる蕎麦は上手いですw。
ただ、一緒に頼んだ「みそポテト」は味噌がしょっぱ過ぎました。
みそポテトの味噌はもっと甘辛くないと、らしくありません。

食事を終えて外に出てみると、午前中の快晴が嘘のような、
今にも雨が降り出しそうな空模様になっていて驚きました。
帰りに秩父限定販売の「めんまの芝桜ポスター」の予備が欲しくて、
道の駅ちちぶ」の売店に寄りました。
この「めんまの芝桜ポスター」は昨年末からどこでも売り切れになっていて
現在は「道の駅ちちぶ」でしか売っていないようです。(レジで注文)
芝桜シーズンになったらまた大量に出回るかもしれませんが、
念のため、保存用にもう一枚確保しておきたかったのですw。

道の駅を出た途端に小雨が降り始めました。
昼までにすべての撮影が済んでラッキーでしたw。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/08 22:09 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。