第70回ゴールデングローブ賞授賞式 Cinema Kingdom Blog

第70回ゴールデングローブ賞授賞式 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 第70回ゴールデングローブ賞授賞式HOME > 映画 > 第70回ゴールデングローブ賞授賞式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第70回ゴールデングローブ賞授賞式

今更?感もありますが、毎年書いておりますので
今年も「ゴールデングローブ賞」の結果に触れておきましょう。

※ゴールデン・グローブ賞とは?
1943年の発足以来、ハリウッド外国人記者協会
(HFPA・Hollywood Foreign Press Association)
に所属する会員の投票によって選ばれる映画賞。
(同時にTVドラマ賞も選出)
この映画賞の大きな特徴は、
作品賞、主演男優賞、主演女優賞の三部門のみ、
「ドラマ部門」と「コメディ/ミュージカル部門」に分けて
投票が行われる点。※

ゴールデン・グローブ賞|AXN - 海外ドラマチャンネル

現地時間の1月13日、今年も
「第70回ゴールデングローブ賞授賞式」が開催されました。
最多3部門を奪取したのは、『英国王のスピーチ』の
トム・フーパーが監督した『レ・ミゼラブル』でした。
コメディ・ミュージカル部門の作品賞を受賞したほか、
ジャックマンが主演男優賞、ハサウェイが助演女優賞を獲得しました。
続く2部門を受賞したのは、ベン・アフレック監督・主演の『アルゴ』でした。
ドラマ部門の作品賞を受賞したほか、アフレックが監督賞を獲得しました。
オスカーの監督賞ノミネートからは外れたベン・アフレックですが、
彼は1月10日に発表された「放送映画批評家協会賞」でも
「作品賞」と「監督賞」の2部門を制しています。
『アルゴ』と同じく、クエンティン・タランティーノ監督・脚本の
『ジャンゴ 繋がれざる者』も脚本賞とクリストフ・ヴァルツの
助演男優賞(ドラマ)の2部門を獲得しました。

なお、最多7部門にノミネートされていたスピルバーグ監督『リンカーン』は、
ダニエル・デイ=ルイスの主演男優賞(ドラマ)受賞のみに留まりました。

第70回ゴールデングローブ賞映画部門ノミネート&受賞()一覧

■作品賞(ドラマ)
★『アルゴ』
『ジャンゴ 繋がれざる者』
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
『リンカーン』
『ゼロ・ダーク・サーティ』


映画『アルゴ』公式サイト


■作品賞(コメディ/ミュージカル)
★『レ・ミゼラブル』
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
『ムーンライズ・キングダム』
『砂漠でサーモン・フィッシング』
『世界にひとつのプレイブック』


映画『レ・ミゼラブル』公式サイト


■監督賞
★ベン・アフレック『アルゴ』
キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』
アン・リー『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
スティーヴン・スピルバーグ『リンカーン』
クエンティン・タランティーノ『ジャンゴ 繋がれざる者』


映画『アルゴ』公式サイト


■主演男優賞(ドラマ)
★ダニエル・デイ=ルイス『リンカーン』
リチャード・ギア『キング・オブ・マンハッタン-危険な賭け-』
ジョン・ホークス『The Sessions(原題)』
ホアキン・フェニックス『ザ・マスター』
デンゼル・ワシントン『フライト』


映画「リンカーン」オフィシャルサイト


■主演女優賞(ドラマ)
★ジェシカ・チャステイン『ゼロ・ダーク・サーティ』
マリオン・コティヤール『君と歩く世界』
ヘレン・ミレン『ヒッチコック』
ナオミ・ワッツ『インポッシブル』
レイチェル・ワイズ『The Deep Blue Sea(原題)』


映画『ゼロ・ダーク・サーティ』公式サイト


■主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
★ヒュー・ジャックマン『レ・ミゼラブル』
ジャック・ブラック『Bernie(原題)』
ブラッドリー・クーパー『世界にひとつのプレイブック』
ユアン・マクレガー『砂漠でサーモン・フィッシング』
ビル・マーレイ『Hyde Park on Hudson(原題)』


映画『レ・ミゼラブル』公式サイト


■主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
★ジェニファー・ローレンス『世界にひとつのプレイブック』
エミリー・ブラント『砂漠でサーモン・フィッシング』
ジュディ・デンチ『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
マギー・スミス『カルテット!人生のオペラハウス』
メリル・ストリープ『Hope Springs(原題)』


映画『世界にひとつのプレイブック』公式サイト


■助演男優賞
★クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』
アラン・アーキン『アルゴ』
レオナルド・ディカプリオ『ジャンゴ 繋がれざる者』
フィリップ・シーモア・ホフマン『ザ・マスター』
トミー・リー・ジョーンズ『リンカーン』


ジャンゴ 繋がれざる者 - オフィシャルサイト


■助演女優賞
★アン・ハサウェイ『レ・ミゼラブル』
エイミー・アダムス『ザ・マスター』
サリー・フィールド『リンカーン』
ヘレン・ハント『The Sessions(原題)』
ニコール・キッドマン『The Paperboy(原題)』


映画『レ・ミゼラブル』公式サイト


■脚本賞
★クエンティン・タランティーノ『ジャンゴ 繋がれざる者』
マーク・ボール『ゼロ・ダーク・サーティ』
トニー・クシュナー『リンカーン』
デヴィッド・O・ラッセル『世界にひとつのプレイブック』
クリス・テリオ『アルゴ』


ジャンゴ 繋がれざる者 - オフィシャルサイト


■作曲賞
★マイケル・ダナ『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
アレクサンドル・デプラ『アルゴ』
ダリオ・マリアネッリ『アンナ・カレーニナ』
トム・ティクバ、ジョニー・クリメック、ラインホルト・ハイル『クラウド アトラス』
ジョン・ウィリアムズ『リンカーン』


映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」オフィシャルサイト


■主題歌賞
★“Skyfall”『007 スカイフォール』
“For You”『ネイビーシールズ』
“Not Running Anymore”『Stand Up Guys(原題)』
“Safe & Sound”『ハンガー・ゲーム』
“Suddenly”『レ・ミゼラブル』


007 スカイフォール - オフィシャルサイト


■アニメーション映画賞
★『メリダとおそろしの森』
『フランケンウィニー』
『モンスター・ホテル』
『不思議の国のガーディアンズ』
『シュガー・ラッシュ』


メリダとおそろしの森 | ピクサー | ディズニー映画


■外国語映画賞
★『愛、アムール』(オーストリア・フランス・ドイツ)
『A Royal Affair(英題)』(デンマーク)
『最強のふたり』(フランス)
『Kon-Tiki』(ノルウェー・イギリス・デンマーク)
『君と歩く世界』(フランス)


2012年カンヌ国際映画祭パルムドール最高賞受賞「愛、アムール」公式サイト


今年の授賞式の一番の話題は、
生涯功労賞「セシル・B・デミル賞」を授与されたジョディ・フォスターが
スピーチ中に自身が同性愛者であると初めて公にカミングアウトした事でしょう。
まあ、もう何十年も前から映画好きには周知の事実であった訳ですが、
50歳という年齢から、演じられる役も限られて来たことが
改めてカミングアウトする気になった原因なのでしょう。


アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/13)
ベン・アフレック、ブライアン・クランストン 他

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/27 05:09 ] 映画 | TB(0) | CM(3)
前回の更新からずいぶんご無沙汰してしまいました。
僕自身がどうこうという問題ではないのですが、
12月頃から身近でちょっとしたゴタゴタがありまして、
記事を書くモチベーションがなかなかわきませんでした。

それと、いよいよソフトの置き場所がなくなりまして
BDや録画とかぶっている手持ちのDVDを処分しようかと
事前におおよその買い取り価格が分かる
「DVD・CD 買取ネット【楽-YA】」http://www.gaku-ya.jp/
で調べてみたんですが、その結果の影響もありました。
こちらのソフトリストの過去ログを目安に調べてみますと、
10年以上でBOXを含め900タイトル以上のDVDを持っていたのですが、
これらをキャンペーンを利用してすべて売っぱらっても
総額でこの程度という「リアル」に直面して、冷水を浴びた気がしたのですw。
録画済みの映画はもちろん、せっかく買った手持ちのDVDやBDを観る時間も
なかなか取れない現状もあって、毎月それなりのタイトル数を買っているのが
アフォらしくなって来る金額でした。(苦笑)
今月分はそれなりに買ってしまった後ですが、
来月からは出来るだけセーブして行こうかなと思い始めています。
放送や廉価版を待てるものは待ち、レンタルで済ませられるものは済ませて、
ひと月に最大でも2、3枚程度の購入に抑えることになるかもしれません。

[ 2013/01/27 05:44 ] [ 編集 ]
ソフトの収納は自分にも大問題です。
部屋をひとつ、丸々ソフト部屋にして、それでも溢れています(実家にはまだVHSという強敵の大群が…)。

現在の部屋に来てから、壁面全部をソフト専用の棚にして、一面では収まらず背面も棚に替えて、何とか持ってる状況です。
売る気にはならないんですよね…値崩れしているというのもありますが、やはり買った時のことを思い出すので…。大事にしています(笑)。

ゴールデングローブ賞も終わってアカデミー賞がいよいよ1か月後ですね。今回のGG賞では快作『アルゴ』の作品賞・監督賞受賞が嬉しい結果でした。ミュージカル・コメディ部門では『砂漠でサーモン・フィッシング』に期待していたのですが、こちらは受賞ならず残念。

先日『ライフ・オブ・パイ』を見てきました。
面白いし、綺麗でしたが、作品賞の器ではないかな(笑)。
[ 2013/01/27 10:41 ] [ 編集 ]
手持ちのソフトの総数は数えたことがなく、
おそらく合計で1,500枚程度だろうと思っていたのですが、
売却可能な国内盤DVDだけで900タイトル以上ありましたので
これに海外盤のDVDやHD-DVD、BDを加えたら
どうも2,500枚前後はあるようなんですよ。
これに加えLDも600枚以上はあると思いますから
本当に置き場所がなくなっているんですよねぇ。

僕も今までソフトを処分したことはないのですが、
もうマジでやばいので、もう見る事はないであろうLDは廃棄し、
DVDも売れる国内版は処分するしかないかなと思っているのです。
ただ、そうは思っていながらもう一年以上も前から
ダラダラと処分を引き延ばしているのも事実なんですけどねw。
やはり、大枚叩いて買ったソフトが多いですから、
なかなか思い切れないんですよ。
好きな作品だからこそ買っている訳ですしね。
特に、米国盤のLDなんて、当時はかなり高かったですからねぇ・・・。

[ 2013/01/28 05:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。